部分的に使用された商品の在庫と評価

Webサイト

特定の状況では、納税者は在庫を準備する義務がありました。一般に、棚卸資産の作成の原則に関する規定は非常に透明であるため、納税者がそれらを適用することは難しくありません。この問題は、部分的に使用された商品を評価する必要がある場合に発生します。以下の記事では、問題を提示します:在庫と商品の評価。

在庫とは何ですか?

在庫は、商品、基礎および補助材料、半製品、仕掛品、完成品、廃棄物、および企業が所有する不足の実際の量の検査であり、このステータスを関連する会計から得られた量と比較することで構成されます。文書と記録。在庫は、歳入と歳出の税務台帳の保管に関する財務大臣の規則で指定されています。

規則は、納税者がいつ在庫を実行する義務があるか、つまり実地棚卸を作成する義務があるかを定義します。

  • 各課税年度の終わり、1月1日。

  • 起業、

  • 経済活動の清算-この場合、在庫には設備も含まれます、

  • 株主の変更、

  • 株式の割合の変化、

  • 一時金で課税する権利の喪失。

実地棚卸には以下を含める必要があります。

  • 市販品、

  • 基本および補助材料(原材料)、

  • 半製品、

  • 進行中の作業、

  • 完成品、

  • 不足と無駄。

在庫と商品の評価

事業活動を行う納税者は、実地棚卸が完了した日から最大14日以内に実地棚卸に含まれる要素を評価する義務があります。在庫に含まれる資産は評価されるべきです:

    • 商業材料および商品-購入価格または取得価格、または在庫日の市場価格で、購入価格または取得価格よりも低い場合は、

    • 半製品(半製品)、完成品、および自家生産の不足-生産コストに応じて、

    • 事業の過程で元の効用価値を失った効用廃棄物-さらなる使用への適合性を考慮した見積もりから得られた価値によると、

    • 国勢調査の日付および課税年度の終了日における購入価格での売れ残りの外国為替価値-購入価格であるが、ポーランド国立銀行が終了日に発表した平均為替レートを超えない課税年度、および誓約されたアイテムの価値-それらの市場価値で、

    • サービスおよび建設活動のための仕掛品-製造コストによると、ただし、仕掛品に直接使用される材料のコストよりも低い値にすることはできません。

    • 実地棚卸の対象となる家畜生産-動物の種、グループ、体重を考慮した、棚卸日の市場価格で。

一方、補助材料は、事業活動に関連して消費され、その特性を製品に直接反映する非基本的な材料です。

同様に、完成品は、処理が完全に完了した自社生産の製品、提供されたサービス、研究開発作業、設計、測地および地図作成作業、建設作業を含む完了作業です。

部分的に使用された商品の在庫と評価

理髪、美容サービスなどの一部の種類の活動では、納税者はサービス年度中に開始され、開店された商品を使用し、一部は年末に残ります。

提供されるサービスの過程で消費される材料は、完全に在庫に含める必要があります。したがって、特定の化粧品パッケージが完全に使用されているか部分的に使用されているかに関係なく。

このような立場は、2012年10月26日の個別判決、No。ITPB1/ 415-870 / HDで、ビドゴシュチュの税務署長によって確認されました。

(...)上記に照らして、理髪または化粧品サービスの最終的な効果は完成品であり、提供されるサービスの過程で消費される材料が主要な物質(建物)になることを考慮する必要があります。完成品の材料、要素)(塗料、ヘアワニス、ネイルワニス、パウダーヘナなど)、またはそれらの特性を直接反映するもの(シャンプー、コンディショナーなど)は、それぞれ基本材料と補助材料に分類されます。サービスの提供中に開かれた(開かれた)資料は、同じように扱われる必要があります。

要約すると、提供されたサービスの過程で消費された材料は、税収および経費の元帳に含まれる必要があります-「購入価格での商品および材料の購入」。材料は完全に含まれているため、特定の化粧品パッケージが完全に使用されているか部分的に使用されているかに関係なく、実地棚卸に含まれます(内容の推定パーセンテージではありません)(…)。

例1。

PLN 100の美容院用に、リットルパッケージのシャンプーを購入しました。 12月31日、半分空になりました。年末には、その値を見積もる必要はありませんが、値全体、つまりPLN100を在庫に含める必要があります。課税年度の最終日に残っている内容の割合に応じてシャンプーを帳消しにするのは間違いです。

wfirma.plシステムに最終レマネットを入力するにはどうすればよいですか?

適切に準備された在庫は、wFirma.plシステムの会計記録に簡単に入力できます。これを行うには、[記録]»[返品]»[引退の追加]タブに移動し、[タイプ]フィールドで[最終残余]オプションを選択します。日付は、特定の課税年度の最終日、つまり2020年12月31日である必要があります。その後、保存後、システムは最終在庫の値に基づいて初期在庫(2021年1月1日)を自動的に生成します。