他の収入源からの収入-それはどのように説明されるべきですか?

Webサイト

基本的な収入カテゴリーのいずれにも割り当てることができない受け取った収入は、通常、他のソースからの収入と見なされます。ほとんどの場合、所得税も支払わなければならないことを覚えておく必要があります。それでは、他のソースからの収入を認識して課税する方法を確認しましょう。

収益とは何ですか?

私たちはさまざまな種類の収入を区別することができ、適切なグループへのそれらの分類は通常納税者にあります。特定の種類の収入を適切な源泉に割り当てることは複雑に思えるかもしれませんが、正しい分類によって決済方法と税率が決まるため、問題の詳細な分析に時間を費やす価値があります。

たとえば、事業を営む場合、収益は、原則として、返品の価値を除いた後、実際に受け取られなかったとしても、すべての未払い額であり、割引が与えられます。活動からの収入は、商品の生産、商品の販売、およびサービスの提供に直接関連する場合があり、また、実施される事業活動の一部として実行される他のすべての活動に適用される場合があります。 有効なVAT納税者に関しては、所得は商品やサービスに対する納税額から差し引かれた売掛金の金額です。

収入源は何ですか?

アートに準拠。 10秒個人所得税法の1では、次の収入源を区別しています。

  1. 事業関係、協同組合雇用関係を含む雇用関係、農業生産協同組合または農業生産に従事するその他の協同組合への加入、アウトワーク、退職または障害年金。
  2. 直接行われる活動;
  3. 非農業経済活動;
  4. 農業生産の特別部門。
  5. (削除済み)
  6. 賃貸、サブレット、リース、サブリース、および同様の性質の他の契約。これには、リース、農業生産の特別部門および非農業目的の農場またはそのコンポーネントのサブリース、または資産を除く農業生産の特別部門の運営が含まれます。経済活動に関連する;
  7. ポイント8(a)に記載されているもの以外の財産権を検討するための売却を含む、現金資本および財産権。交流;
  8. パラグラフに従う、検討のための処分2:
    a)不動産またはその一部、および不動産への関心、
    b)アパートまたは事業所に対する協同組合の所有権、および住宅協同組合における一戸建て住宅に対する権利、
    c)土地の永久用益権の権利
    d)その他、
    -対価の売却が経済活動の遂行において行われず、(a)項で言及された対価の不動産および財産権の売却の場合に行われた場合。 a-c-取得または建設が行われた暦年の終わりから5年の満了前、およびその他-取得が行われた月末から6年の満了前。切り替えの場合、これらの期間は各切り替え担当者に適用されます。
    8A)外国の管理下にあるユニットによって実行される活動。
    8B)第1条で言及されている未実現利益。 30da;
  9. 他の情報源。

他の収入源からの収入-例

他のソースからの収益はアートに記載されています。個人所得税法の20。これらには、とりわけ次のものが含まれます。

  • 未登録の活動からの収入(起業家法で定義されている)。
  • 社会保険からの現金給付。
  • メンテナンス;
  • 奨学金;
  • 追加料金と特典。
  • オープンエンド年金基金のメンバーの死亡後に、彼によって指定された人または彼/彼女の近親者に支払われた金額。
  • 課税年度中に100ヘクトリットル未満のワインを生産する農家である生産者によるワインの生産における農業生産活動からの売掛金。
  • 開示された情報源によってカバーされていない、または開示されていない情報源から発生した収益。

アートということを心に留めておく必要があります。 PIT法の20には、他の財源からの収入のクローズドカタログは含まれていません。アートに記載されていない収益。 10秒個人所得税法の1は、別個の収入源として、通常、他の源泉からの収入として分類されるべきです。さらに、割り当てが正しいことを確認するために、特定の種類の収入を他の収入源からの収入として分類する前に、他のすべての収入源を分析する必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

他の収入源からの収入に対して常に所得税を支払う必要がありますか?

幸いなことに、他の収入源から収入を得ることは、必ずしも所得税を支払う必要があることを意味するわけではありません。例としては、年齢に関係なく、25歳未満の子供や介護手当を受け取っている子供のためのメンテナンスがあります。他の源泉からの所与の収入が個人所得税による免税の恩恵を受ける可能性があるかどうかを確認するために、芸術を分析する必要があります。免税のクローズドカタログであるPIT法の21。

他の収入源からの収入をどのように説明しますか?

納税者は、個人所得税の課税対象となる他の財源からの収入に対する税額を独自に決定し、税務署に送金する必要があります。他の源泉から所得を支払う事業体は、前払所得税の支払いを徴収しません。

他の収入源からの収入は、支払人が前払金を徴収しなかった収入を示すPIT-36宣言で決済されます。他の源泉からの収入は税の規模に従って課税されます(税率は17%であり、最初の税のしきい値を超えた後、税率は32%です)。

他の源泉からの収入は、税の規模に応じて課税される他の収入と組み合わせる必要があります。所得税は個人所得税の対象となるため、取得費用で減額することはできますが、発生した費用と取得した所得との因果関係を証明する義務があることに留意する必要があります。納税者。費用が適切に文書化されていることも確認する必要があります(請求書など)。実際には、他の源泉からの収入を会計処理する場合、収入は通常課税対象となります。

他の源泉から収入を支払う事業体は、PIT-8C情報を作成し、納税者および納税者の居住地を管轄する税務署に送信する義務があります。