会社の携帯電話を使用することによる収入-いつ利用可能になりますか?

サービス税

雇用主から会社の電話を受け取った従業員は、それを個人的な電話に使用する場合、いわゆる会社の携帯電話を使用して収入を得るかどうかについて疑問を抱くことがよくあります。無料の特典。この問題は多くの納税者に影響を与えるため、この問題を規制する規制と解釈を詳しく見ていきます。

無料特典からの収入とは何ですか?

すべての問題は、無料給付からの可能な収入の問題に関係しています。したがって、そのようなメリットを扱う際には、まず明確にする必要があります。

アートに準拠。 11秒PIT法の1では、収入は、暦年に納税者が受け取った、または利用できるようになった金銭と現金の価値、および現物で受け取った給付の価値とその他の無料の給付です。

記事に基づく。 11秒上記の2a法の、他の無料の利益の金銭的価値が決定されます:

  1. サービスの対象がサービスプロバイダーの経済活動の範囲内にあるサービスである場合-他の受信者に適用される価格による。
  2. 特典の対象が購入したサービスである場合-購入価格に応じて;
  3. 給付の対象がアパートまたは建物の提供である場合-この建物または建物の賃貸契約を締結した場合に支払われる家賃に相当するものに応じて;
  4. その他の場合-サービスの提供または同じ種類と種のアイテムまたは権利の提供に使用される市場価格に基づいて、特にそれらの状態と摩耗の程度、および利用可能にする時間と場所を考慮に入れます。

アートで述べられているように。 12秒PIT法の1では、サービス関係、雇用関係、宿題、および共同雇用関係からの収入は、これらの支払いと給付の資金源に関係なく、すべての種類の現金支払いと現物または同等の給付の金銭的価値です。特に、基本給、残業代、各種手当、報奨、未使用休暇相当額等、事前に決定されているか否かを問わず、従業員に支給される手当も支給されます。他の未払いの給付または部分的に支払われた給付の価値として。

アートによると。 12秒PIT法の3では、他の無料給付または部分的に支払われた給付の金銭的価値は、アートに定められた原則に従って決定されます。 11秒2–2b。

一般に、無料給付からの収入は、企業が同等のサービスを実行する必要なしに特定の給付を取得するときはいつでも発生すると言うことができます。この文脈では、従業員が個人的な会話のために職場の電話を使用することは、間違いなく、無償の利益からの収入と見なされます。 無償給付からの収入は、雇用関係から生じるものとして分類される一種の従業員税収入です。基本的に、この種の所得は所得税の対象となります。

無料給付に関する憲法裁判所の判決

無料給付からの収入の問題は、税法で正確に説明されていません。これは、私たちが実際にそのような収入が実際に発生すると言うことができるときの正しい解釈に関して多くの疑問を引き起こしました。

多数の不一致と裁判所の一貫性のない立場のために、憲法裁判所はこの事件で話し、2014年7月8日(K 7/13)の判決で、無料の利益には次のようなものが含まれる可能性があると述べました。

  • 最初に、彼らは従業員の同意を得て会いました(彼は完全に自発的にそれらを使用しました)。
  • 第二に、彼らは彼の利益のために(そして彼の雇用主の利益のためではなく)満たされ、彼の資産を増やすか、彼が負担しなければならない費用を回避するという利点を彼にもたらしました。
  • 第三に、利益は測定可能であり、個々の従業員に起因します(一般的にすべてのエンティティが利用できるわけではありません)。

憲法裁判所の判決に照らして、無料の給付からの収入を決定する根拠がないため、特定の場合に、特定の個別に割り当てられたサービスなしで、無料のサービスが特定であるかどうかを判断することが重要です。言い換えれば、収入を従業員に帰するためには、それは測定可能でなければなりません。 従業員の不当な福利厚生からの収入があるかどうかを判断する際に使用する必要がある基本的な基準は、測定可能な重要な福利厚生または測定可能なコスト削減の発生です。与えられた利益が具体的でない場合、課税所得について話すことはできません。

憲法裁判所の判決は、可能な収入の決定にどのように影響しますか?

上記の判断の文脈では、まず第一に、従業員の側に特定の測定可能な経済的利益があるかどうか、または識別可能なコスト削減があるかどうかを検討する必要があります。これを私たちが分析した問題に転送することで、会社の電話を使用して従業員が生み出した収入を判断できないことを示すことができます。一般に、電話のサブスクリプションには、1分または1つのSMSのコストを指定せずに、1つの固定月額が含まれます。このような状況では、セルを私的な目的で使用することにより、従業員の側でどのような具体的な収入の価値が生み出されるかを判断することは現実的ではありません。

このような立場は、2019年7月8日、No。0112-KDIL3-1.4011.149.2019.1.KFの解釈において、国税情報局長によっても表明されました。

「特定の従業員の収入額を決定することはできません。契約では、接続、テキストメッセージまたはmmsの送信、または合意されたサブスクリプションのオプションのデータ転送ユニット(固定料金)の1分あたりのコストが指定されていないため、(に基づいて)決定することはできません。請求時)私的な目的で電話を使用する費用。一方、一括サブスクリプションを、請求書に示されている通話数、テキストメッセージ、mms、およびデータ転送単位で割ると、発信された通話数に応じて、同じ特典の価値が不正に区別されることになります。 、送信されたテキストメッセージ、mms、使用されたデータ転送ユニットの場合、この値は異なりますが、全体的なサブスクリプション量は同じです。 この場合、明確で具体的な収入の決定が不可能であるため、従業員がプライベートコールに会社の電話を使用しても、無料の福利厚生から従業員の収入は得られません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

いずれの場合も、会社の携帯電話を使用しても収益はありませんか?

提示された個別の解釈の内容を分析することにより、従業員の不当な利益からの収入が生じる可能性があるという結論に達することができます。これは、携帯電話事業者と締結した契約で、通話の1分あたりの料金、SMSのコスト、および使用するデータ転送ユニットが規定されている場合に当てはまります。理論的には、このような場合、会社の携帯電話を使用することによる収益は、通話料金に基づいて決定されます。

このような状況では、雇用主は従業員から生じる無償の給付に対して税金を徴収する義務があります。アートに準拠。 PIT法第31条では、自然人、法人、および法的人格のない組織単位(以下、雇用施設と呼びます)は、サービスからこれらの施設から収入を受け取る人から、年度中の所得税の前払金を計算して徴収する義務があります。関係、雇用関係、宿題または共同雇用関係、事業所によって支払われる社会保険からの現金給付、および労働協同組合-残高余剰への参加に対する支払い。

もちろん、このタイプの操作に関連する問題に注意する必要があります。これは、毎月の通話料金の正確な分析と、プライベートな通話と企業目的で実行された通話の詳細で構成されます。 オペレーターと締結した契約で個別のプライベートコールの価値を指定できる場合は、従業員の側で発生する特定の測定可能な収入を処理します。そのような状況では、雇用関係の下で未払いの給付からの収入がすでにあります。雇用主は、所得から毎月の前払い金を徴収する義務があります。 この記事の要約に移ると、私的な目的で会社のセルを使用することによる収入は、無料の利益からの収入の一種と見なされることを強調する必要があります。ただし、憲法裁判所の判決に照らして、そのような収入の従業員への実際の帰属は、特定の利益を扱っている場合にのみ発生する可能性があることを覚えておく必要があります。一方、得られた物的給付の正確な金額を示すことができない場合、無料給付からの収入について話すことはできません。