制限期間の中断-メソッド

サービス

制限期間の中断は、中断の瞬間から新たに開始する効果があります。裁判所での訴訟の場合、訴訟が完了した瞬間から新たに実行されます。特定の規定に別段の定めがない限り、制限期間は10年です。定期給付および事業運営に関連する給付の期間は3年です。納税義務の場合、制限期間は原則として5年ですが、義務が当局の決定の提出に関連している場合は3年です。最終判決により確認された請求のすべての場合において、義務は10年後に失効します。

債務の一部の返済は制限期間を中断しますか?

はい。債務の部分的な支払い(分割払いなど)は、債務者による請求の認識です。債務者は、一定の金額を支払うことにより、債権者に一定の金額を支払う義務があることを認め、自分に対する債務の存在と正当性を確認します。債権者は、そのような部分的な支払いを、完全な満足を目的とした債務者側の活動として認識する可能性があります。アートの下で、そのような手順。民法第123条第1項により、請求の時効は中断されます。

制限期間はいつ中断されますか?

制限期間は、債務者が制限期間の満了前に債務を認識した場合にのみ中断されます。民法第123条は、時効がいつ中断されるかを示しています。

  1. 訴訟の審理または特定の種類の請求を執行するために任命された裁判所またはその他の機関の前、または請求の追求または確立、または満足または確保の目的で直接行われる仲裁裁判所の前で何らかの行動をとることによって。

  2. クレームの権利を有する者によるクレームの認識による。

裁判所の裁判が行われ、裁判の開始者が時効の承認を申請する債務者である状況では、債務者は債務者の責任の一部の支払いを証明する責任を負うことを覚えておく必要があります。したがって、債務の一部の受領を証明するすべての文書を保管しておくことが重要です。たとえば、譲渡の承認の確認、支払いの受領などです。