配偶者とVATの間の不動産の譲渡

サービス税

多くの場合、不動産は私有財産から事業活動に関連するものに譲渡されます。上記は通常、配偶者が共同所有する不動産に適用されます。多くの場合、夫と妻の両方が事業を営んでおり、彼らの間で転勤しています。そのような状況では、納税者はそのような移転がVATの対象となるべきかどうか疑問に思います。私たちは、配偶者間の財産の譲渡に答えます。

プロパティコミュニティ

最初に、配偶者の場合、共同財産は法律の運用によって生じることを明確にする必要があります。アートに準拠。家族および後見法の31§1、結婚時に、法律に基づいて配偶者間に共同財産が発生します。これには、その期間中に両方の配偶者または一方の配偶者が取得した財産が含まれます(これは彼らの共同財産です)。 。夫婦共同体は共同共同体として形成され、その期間中、配偶者は共同財産に特定の株式を持たず、株式を処分することができず、対象となる財産の分割を要求することができないという事実が特徴です。法定コミュニティ。この共通性は共通のプロパティです。つまり、レムまたは売掛金のプロパティやその他の権利など、プロパティの権利のセット全体をカバーします。

共同財産の期間にもかかわらず、各配偶者は、共同財産全体を共有し、共同財産の個々の構成要素に関連して処分する権利を有します。これは、夫婦同棲が、この財産の特定のまたはすべての構成要素に対して独自の権利を行使する独立した独立した実体ではないためです。すべての財産を処分および管理する権限を与えられた事業体は、常に夫婦財産コミュニティを形成する配偶者です。

VATの意味の範囲内での経済活動の概念

特定の事業体をVAT納税者として認識することは、実施される事業活動と密接に関連しています。したがって、VAT納税者と見なされるためには、特定の事業体はVAT法の意味の範囲内で経済活動を行う必要があります。経済活動の定義はアートにあります。 15秒付加価値税法の2-以下、VAT法と呼びます。その規定によれば、経済活動とは、天然資源の収穫者や農民を含む生産者、貿易業者、またはサービスプロバイダーの活動、およびフリーランサーの活動のことです。さらに、経済活動には、賃貸などの商業目的での継続的な商品または無形資産の使用からなる活動も含まれます。上記を考慮すると、VAT法の意味における経済活動の定義は非常に広いです。重要なことに、企業の活動を経済活動として認識することは、その結果に依存しません(VAT法の第15条(1)を参照)。

VATの対象となるもの

物品サービス税は、国内の領土内での物品の有料配達および有料サービスの提供の対象となります(VAT法第5条(1)を参照)。その行為の中で、私たちは商品やサービスが何を意味するのかを説明する定義を見つけます。商品の定義はアートにあります。 VAT法の2ポイント6。商品は、物とその部品、そしてあらゆる形態のエネルギーとして理解されています。ただし、アートで言及されている商品の配送によって。 5秒1ポイント1は、所有者として商品を処分する権利の移転として理解されるものとします。

一方、VAT法の意味の範囲内でのサービスの提供の定義は、一般的に考えられているよりも広い意味を持っています。アートに照らして、サービスの提供は理解されています。 8秒VAT法の1、芸術の意味の範囲内で商品の供給を構成しない、法的な人格のない自然人、法人、または組織単位に提供されるサービス。法の7。

重要なのは、原則として、対価は課税の対象となることです。特定のサービスが検討対象となるためには、サービスプロバイダーと受信者の間に法的な関係がなければなりません。さらに、サービスの実行と引き換えに報酬を支払う必要があります。提供されるサービスとそれに支払われる報酬の間には直接的なつながりがなければなりません。これは、サービスの実行に基づく特定の法的関係が、サービスプロバイダーに明確で直接的な利益をもたらす必要があることを意味します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

財産の譲渡-配偶者間の不動産の譲渡

上記の2018年までの移転は、税務当局間の解釈上の問題を引き起こしませんでした。彼らのほとんどは、夫が以前に彼の事業活動で使用していた財産の妻の事業への譲渡は付加価値税の対象であると信じていました。

例1。

夫は付加価値税の対象となる事業を営んでいます。納税者は、彼の活動から彼の妻に土地の2つの区画を譲渡することを決定しました。重要なのは、妻もVATの対象となる事業を営んでいることです。そのような譲渡はVATの対象になりますか?

この場合、2018年4月4日の最高行政裁判所の判決に関連して、答えは明確ではありません、I FSK887 / 16。判決において、行政裁判所は次のように認定しました。

「配偶者間に法定の共同財産がある場合、別々の事業活動を行う配偶者間で締結されたすべての取引は金銭的利益のためではありません。配偶者は自分たちの間で支払うべき金額を決済できない場合があります。そのような場合、配偶者の1人が支払うことができません。現金は法定コミュニティによってカバーされているため、他の配偶者への報酬。つまり、現金は法定コミュニティに属する財産の一部です。裁判所はさらに、支払いができないということは、商品の有料配達がないことを意味することを強調しました。 「」

したがって、裁判所は、そのような訴訟はVATの対象ではないと判断しました。

上記の立場は、2018年12月11日のグダニスクの地方行政裁判所の判決によって確認されています。ISA/ Gd939 / 18。現在の判決は、財産に同棲している配偶者間の資産の譲渡は、VATの対象となる供給を構成しないと述べています。

したがって、法学における支配的な立場は、配偶者の会社間の資産の譲渡はVATの対象ではないということです。商品が支払いに対して配達されるかどうかは関係ありません。

引用された判決にもかかわらず、税務当局は、たとえば、夫と妻の2つのエンティティ間の共同財産を譲渡する行為はVATの対象であると依然として信じています。

2018年8月2日の判決0115-KDIT1-2.4012.443.2018.1.AWで、当局は次のように結論付けました。

「税法では、妻と夫は別々の独立した納税者です。妻は、いくつかの共同資産に基づいて事業を営んでおり、この資産を経済的に管理しています。つまり、経済的な意味で、彼女は固定資産の所有者です。さらに、法律の自主性は税を強調しており、経済活動に関連する場合、共同財産にある配偶者間で取引を行うことが許可されています。彼の活動の配偶者はVATの対象となります。」

概要

税務当局と行政裁判所の立場の違いを考慮すると、夫と妻の企業間の不動産の譲渡は、よりリスクの高い取引と見なされるべきです。その後、行政裁判所の判決が下された場合、税務署の立場が変わる可能性があり、したがって、そのような取引は付加価値税の対象ではないという認識が変わります。