年の変わり目に関連する費用の決済-知っておく価値があります

Webサイト

年末と次の年の初めは、起業家にとって暑い時期です。次に納税者は、特定の年の正しい決済に集中する必要があります。つまり、実地棚卸を作成し、帳簿を閉じます。これらの活動は、起業家の間で多くの疑問を提起します。確かに、最も一般的なコストは、課税年度の変わり目のコストの記録です。年明けに費用をどのように決済するかを確認してください。

KPiRにコストを含めるのはいつですか?

帳簿上の原価の認識の瞬間は、納税者が採用した原価決済の方法によって決定されます。適用される法規制に基づいて、2つを区別できます。

  • 簡略化された(そうでなければ現金)方法と

  • 発生方法。

それらのそれぞれは、KPiRのコストに対する異なるアプローチによって特徴付けられます。

発生方法

この点に関する規制はArtにあります。 22秒5-5cおよび秒。個人所得税法の6。その内容によると、納税者は関連する期間の費用を記録する義務があります。重要なことに、発生主義を使用する起業家は、コストを2つのグループに分割する必要があります。

  • 間接費-達成された収入に間接的に関連しているため、特定の収入(広告、賃貸、保険など)に直接割り当てることは困難です。

  • 直接費-発生した収益に直接関連します(例:商品の購入、資材の購入、給与)。

原則として、間接費は請求書が発行された日に記録されます。ただし、課税年度を超える期間(年の変わり目をカバーする)に関連する場合は、関連する期間(特に課税年度)に比例して分割する必要があります。

一方、特定の年または翌年(ただし、確定申告の提出日より前)に発生した直接費用は、対応する収入が達成された年に含める必要があります。

費用の決済と簡素化された方法

アートに準拠。 22秒個人所得税法第4条では、現金法の場合、税控除の対象となる費用は、発生した課税年度にのみ控除されます。結果として、これは、納税者が、関連する期間に注意を払うことなく、発生した日に帳簿のコストを認識することを意味します。 アートに準拠。 22秒PIT法の6bでは、納税者がKPiRを保持している場合に税控除の対象となる費用が発生する日付(セクション5e、6ba、6bb、および7bに従う)は、予約の基礎となる請求書またはその他の証明を発行する日付です。コスト。 納税者が年末までに商品や資材を受け取った場合、使用する原価計算方法の種類に関係なく、それらをKPiRに含める義務があります。この義務は、額面から直接発生します。 16秒KPiRの運用に関する規則の1。

その他の費用の場合、起業家は、使用する方法に応じて、費用に費用を含める瞬間を指定する必要があります。

例1。

2019年12月26日、納税者は2020年の業界誌の年間購読の請求書を受け取りました。請求書の発行日-2019年12月26日。受け取った請求書を正しく入力するにはどうすればよいですか。

発生主義を使用する起業家は、2020年1月にサブスクリプションを請求する必要があります。

一方、簡略化された方法を使用する納税者は、費用が発生した日、つまり請求書が発行された日に、収入と費用の元帳(その他の費用)の列13に請求書を入力します。

wFirma.plシステムで上記の経費を予約するには、ドキュメントのタイプに応じて、[支出]»[会計]»[追加]»[付加価値税の請求書] / [付加価値税の請求書なし]タブに移動します。表示されるウィンドウで、受け取った請求書に従って必須フィールドに入力し、適切な種類の経費を選択します。次に、請求書の発行日として、ドキュメントから実際の請求書の発行日を選択します。

この方法で入力された請求書は、列13に自動的に含まれます。残りの費用は、費用が発生した日、つまり請求書の発行日にKPiRによって発生します。

例2。

起業家は2019年12月1日に社用車の保険を購入しました。これは2020年12月1日まで有効です。コストでそれをどのように説明しますか?

簡略化された方法の場合、納税者は、ポリシーが発行された日(つまり、コストが発生した日)に、収益および費用元帳(その他の費用)の列13でポリシーを認識します。

一方、発生主義を用いた納税者の決済費用は、保険契約の費用を比例配分する義務があります。ポリシー値の1/12は、12月のコストに含まれます。ただし、残りの11/12は、1月の費用の対象となる必要があります。納税者はまた、毎月の内訳を作成し、ポリシー値の1/12を毎月のコストにさらす場合があります。

wFirma.plシステムで保険証券を予約するには、発生主義の費用決済方法を使用して、[費用]»[会計]»[追加]»[請求書(付加価値税なし)]タブを使用し、表示されたウィンドウで「保険証券番号...」と入力します。伝票番号と請負業者は、保険会社のデータを入力します。 「経費の種類」フィールドで、「事業活動に関連するその他の経費」を選択し、ポリシー文書に従って残りのデータを入力します。次に、RMKオプションを選択し、ポリシーの対象期間を入力します。

保存後、費用は13列目の収支帳に含まれます。その他の費用は、保険期間の各月に適切な値で表示されます。

例3。

KPiRを実行している納税者は、2019年12月31日に発行された、2019年12月の通話料金と2020年1月の電話サブスクリプションに関する電気通信サービスの請求書を受け取りました。

簡易(現金)方式を使用する納税者は、このタイプの請求書を帳簿の列13(その他の費用)に、費用が発生した日、つまり請求書の日に含める必要があります。

発生主義の場合、電気通信サービスは間接費であるため、このような状況の起業家は、関連する期間に関連して費用を分割する義務があります。費用が発生した日(請求書の発行日)に、起業家は列13KPiR-その他の費用-2019年12月の通話料金を含めます。2020年1月のサブスクリプションの金額は2020年1月の費用に含まれます。 。

このような状況では、受け取った請求書は、ドキュメントの発行日と2020年1月1日に、2020年1月のサブスクリプション値で2回転記する必要があります。

発生した費用を予約するには、[費用]タブに移動します「会計"追加»VATINVOICE /(VATなし)次に、表示されたウィンドウで必須フィールドに入力します。最初のケースの[ISSUE DATE]フィールドで、請求書から発行日を選択します。保存後、経費を再度追加します。[ドキュメント番号]フィールドに請求書番号を再入力し、[発行日]として経費が関係する月の最初の日を選択します。保存後、支出は列13の収入と支出の帳簿に含まれます-費用が関連する期間のその他の支出。

1. 2019年12月の通話料金の会計。

2. 2020年1月のサブスクリプション値を投稿します。