固定資産の再分類-レコードに含める方法

Webサイト

見積耐用年数が1年未満であるが、固定資産の定義から他のすべての条件を満たす資産は、設備と見なされ、発生日に税控除の対象として認識されます。特定の資産が1年以上ビジネスで使用されている場合、起業家は適切な措置を講じる必要があります。固定資産がどのように再分類されるかを確認してください!

固定資産-定義

固定資産とは、別個の資産である構造物、建物、建物、機械、装置、輸送手段、および以下の条件を満たすその他の品目です。

  • それらは納税者によって所有または共同所有されています。
  • 独自に購入または製造された;
  • それらは完全であり、使用が認められた日に使用するのに適しています。
  • それらの使用の予想期間は1年より長いです。
  • それらは納税者が彼の事業活動に関連する目的で使用するか、賃貸、リースまたはリース契約に基づいて使用するために与えられます。

1年間の使用後に固定資産の登録簿に資産を入力する

固定資産のすべての基準を満たし、推定耐用年数が12か月を超えないために設備として記録された資産は、使用開始から1年以上経過した後、さらに事業で使用される場合は「開示」する必要があります。固定資産の「開示」は、コストを調整する必要があることを意味します。

例1。

生産工場を運営するKacper氏は、15,000PLN相当の機器を購入しました。その活動の特異性のために、機器は非常に急速に摩耗し、通常は数ヶ月ごとに交換されます。予想耐用年数が12か月より短かったため、起業家は資産を直接税金費用に含めました(固定資産の他の基準が満たされました)。 Kacper氏は1年後に何をすべきですか?

資産が社内で12か月を超えて使用されているため、Kacper氏は、設備を固定資産の登録簿に入力し、採用された減価償却方法に従って減価償却を償却する義務があります。ただし、購入日に入力した費用は修正する必要があります。

固定資産の再分類-固定資産の登録にどのように含めるか?

固定資産のすべての基準を満たし、12か月を超える期間(会社での使用予定期間が1年未満であるため機器と見なされる)に使用される固定資産の登録簿に入力された資産は、使用期間を1年間超過した月の翌月に固定資産として再分類されます。納税者は、資産を過去の価値で、つまり購入価格または製造原価で固定資産台帳に入力する必要があります。

機器を固定資産に再分類する必要がある場合に従うべき手順は、アートに記載されています。個人所得税法の22e。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

再分類された固定資産の原価および減価償却費の修正

設備を固定資産として再分類するには、調整、つまり税控除可能なコストの削減が必要です。ただし、前年度に戻って所定の費用が認識された決済期間を修正する必要はなく、12ヶ月使用した月の翌月の決済費用を削減するだけで十分です。再分類された資産のが経過しました。 「後方」を修正する義務がないのは、資産を機器のアイテムとして認識した起業家が間違いを犯さず、彼の予測だけが実現しなかったという事実に起因します。 アート22e秒PIT法の1ポイント2
「納税者がアートに記載されている独自の資産を取得または生産する場合。 22a段落。 1とアート。 22b段落。 1、初期値が10,000 PLNを超え、予想される使用期間が1年以下であるため、固定資産または無形資産に含まれず、実際の使用期間は1を超えます。年-納税者は、今年が満了した月の翌月の最初の月に、購入価格または製造コストと現在の使用期間の減価償却額との差額によって、税控除可能なコストを削減する義務があります。法の付属書1を構成する「減価償却率のリスト」と呼ばれる年間減価償却率のリストに指定された減価償却率を使用する固定資産、およびアートに定められた原則を使用する無形資産の場合。 22m ".

設備の項目を固定資産として再分類するときに取るべき次のステップは、減価償却方法を選択し、適切な減価償却率を調整することです。

特定の資産の購入価格と現在の使用期間の減価償却費の合計との差額により、税金費用を削減します。この差額が特定の月の税控除可能な費用よりも高い場合、未決済の余剰分は次の月の税額を削減します。

支払利息

残念ながら、設備を固定資産に再分類することは、所与の資産の取得または生産の費用を税控除可能な費用として認識した日から、それらの使用期間が1年を超える日までに発生した利息を支払う必要があることを意味します。利息の計算の基礎は、特定の資産の購入価格と現在の使用期間の減価償却費の合計との差であり、利息自体は、資産が固定資産または無形資産として認識された日付。