シビルパートナーシップと個人事業主の変革

サービス

大陸法パートナーシップが2人のパートナーによって形成され、そのうちの1人が退職することを決定した場合、パートナーシップは清算されますか?正式な観点から-はい、しかし、パートナーの1人が市民パートナーシップを個人事業主に簡単に変えることを可能にする特定の法的文書があります。

原則として、2人の市民パートナーシップは、パートナーの1人が辞任した後に解散します。このような状況では、パートナーは民法で言及されている清算規則を適用する必要があります-会社の資産は清算されます。これは、シビルパートナーシップを個人事業主に変えるには、パートナーを事業登記簿に再登録する必要があることを意味します。では、パートナーの1人がどのようにして大陸法パートナーシップの活動を継続できるのでしょうか。これについては、この記事で説明します。

大陸法パートナーシップとは何ですか?

シビルパートナーシップは、個人事業主である自然人(法人にはそのような可能性はありません)であるパー​​トナーによって確立されます。重要なのは、法律の観点から、各パートナーは別々に記録された起業家です。これは、パートナーが経済活動の中央登録簿に入力された後にのみ、大陸法パートナーシップに参加できることを意味します。さらに、市民パートナーシップ契約の締結に関するエントリを登録簿に入力する必要があります。

大陸法パートナーシップからの撤退

会社からの撤退の可能性は、パートナー間で締結された契約の種類によって異なります。契約期間が無期限の場合、各組合員は、会計年度末の3ヶ月前に参加を終了することにより、理由なく会社を辞めることができます。通知期間なしの契約の終了は、重要な理由がある場合にのみ発生する可能性があります。

一定期間締結された会社の証書の場合、通常、契約を終了することはできません。例外的に、有期契約の場合のように、通知期間を遵守せずに、重要な理由がある場合にのみ、そのような終了が可能です。

シビルパートナーシップへの参加の終了に関するパートナーの宣言は、すべてのパートナーに宛ててください。これは、終了パートナーが他のパートナーまたはそのプロキシに通知しなかった場合、または誤って通知した場合でも、このパートナーが会社の義務に責任を負うという結果を伴います。原則として、解約には特別なフォームは必要ありませんが、証拠の理由から書面で行うことをお勧めします。

2人の市民パートナーシップでの終了

二人の市民パートナーシップからのパートナーの撤退は、パートナーシップの解散につながり、したがって、会社の資産は清算されます。会社の資産の清算は、定款で規制されていない場合、アートの規定に従うものとします。民法の875。清算を行うためには、清算日時点で実地棚卸を行い、会社解散日までの株主利益を在庫の差異を考慮して決定する必要があります。リストには、商品、基本および補助材料、半製品、完成品、不足および廃棄物が含まれます。

会社の資産は、会社の負債を返済するために使用されます。パートナーの貢献は残りの資産から返還され、共同財産の残りの余剰は、会社の利益に参加した割合でパートナー間で分配されます。

パートナーの1人が会社の事業を継続したい場合はどうなりますか?

パートナーの1人が大陸法パートナーシップを離れた後、もう1人はその活動を継続する可能性があり、これは2つの方法で行うことができます。

1つは会社の解散であり、次に解散した会社の後に残っている資産の売却またはパートナーの1つによって登録された新しい活動への導入です。

ただし、2つ目の方法は、パートナーの1人が個人事業主を登録し、会社の資産を新しく登録した事業に売却し、最後に会社を解散することです。

民法パートナーシップを個人事業主に変える上記の両方の方法の結果は、所得税と付加価値税に関連する事項を規制する義務です。上記の義務は、大陸法パートナーシップの資産を個人事業主に譲渡することから生じます。

所得税の影響

税法の分野での結果は、個人所得税法(以下、PIT法といいます)によって規制されています。アートに従ってご注意ください。 PIT法第14条では、解散した民事パートナーシップのパートナーの1つに不動産を売却した場合、事業活動からの収入は、会社の清算に関連して受け取った資産の売却からの収入になります。売却は、会社が清算された月の翌月の初日から6年後に行われ、経済活動の過程では実行されません。この収入には、民法パートナーシップの清算により法人ではない会社のパートナーが受け取った現金は含まれていません。これは、アートに含まれる原則に従って計算された収入を超える余剰を構成する現金の株主による受領を意味します。 24秒PIT法の2は課税の対象にはなりません。

ただし、民法パートナーシップの清算中に、一方のパートナーが会社の事業を継続する予定の他方のパートナーに対価として資産を売却した場合、その資産を売却したパートナーにとっては、実施された事業活動からの収入となります。 。この場合、売上高は所得税の対象となります。

一方、上記の2番目のケース、つまり、民法パートナーシップの清算前に事業を開始したパートナーに会社の資産が売却された場合、会社は追加の収益と売上からの収入を生み出します。このようにして、会社で決済される所得があり、会社の活動を継続するパートナーは税控除の対象となる費用が発生します。これにより、所得税は「ゼロ」になります。 大陸法パートナーシップとその変革オプションについてもっと読む:
-大陸法パートナーシップの個人事業への転換
-LLCの変革個人事業主に-重要な情報!
-大陸法パートナーシップ-会社の契約の修正と解散(パート5)

 

VATの結果

VATの結果は、付加価値税法によって規制されています。

上記の「変換」の最初のものがアートに従って選択された場合。 VAT法第14条では、VATの対象となる商品が会社の清算後に残っている場合、この税金を差し引く必要があります。そのような商品は、物とその部品、あらゆる形態のエネルギー、および固定資産と見なされるべきです。建物と土地。これらの商品は、清算日に実地棚卸に含める必要があります。在庫には、仮払消費税額による税額控除の対象となる商品のみが含まれる場合があることに注意してください。したがって、会社は、清算日現在の資産の実際の価値ではなく、原価で評価された在庫に対して支払うべき税金を支払う必要があります。一方、株主は、清算日から12ヶ月間、税金を支払うことなく、清算会社の資産を売却することができます。

ただし、2番目の方法を選択すると、実地棚卸では資産がゼロになります。これは、大陸法パートナーシップが清算日より前に資産を清算するという事実によるものです。支払われる販売VATは、取引価格に基づいて計算されます。取引価格は通常、購入価格よりも低くなります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

会社を辞めて事業を継続するパートナーの義務

最初に、会社を解散するために、パートナーはNIP-2フォームの既存の通知を更新することによって解散する必要があります。この目的のために、フィールド31でオプション4を選択して提出する必要があります-会社の法的存在の終了。次に、会社は社会保障拠出金の支払人として登録を解除する必要があります。

会社を辞め、事業活動を中止することを決定した株主は、事業活動の停止の通知を関連する経済活動部門に提出することのみが要求されます。

一方、会社の事業を継続したいパートナーは、事業活動記録の変更に関する通知を提出する必要があります。基本的に、変更は起業家の名前に関係するため、CEIDGのエントリはもはや市民パートナーシップの運営について通知しません。必要に応じて、登録事務所の住所も変更し、活動の対象が会社の活動の対象と同じになるかどうかを検討する必要があります。 シビル・ユニオンの経済活動の継続は、起業家が請負業者との当初の合意に基づいて行動することを許可しません。これらの合意は、シビル・パートナーシップの枠組みの中で締結されたためです。権利の継承はありません。このため、それらを終了し、代わりに新しい契約を締結する必要があります。

大陸法パートナーシップの個人事業への転換-要約

シビルパートナーシップの個人事業への転換は、正式にはパートナーシップがその権利と義務をパートナーの1つに譲渡できないため、引用符への転換として理解されるべきです。二人の市民パートナーシップでパートナーの1人が契約を終了した場合、パートナーシップは解散し、その資産は清算されなければなりません。ただし、清算手続きは時間も複雑でもありません。会社を適切に解散することで、事業を継続することを決定したパートナーは、高額の所得税やVATを支払う義務を負うことなく会社の資産を引き継ぐことができます。

wfirma.plシステムにおける大陸法パートナーシップ

起業家が単純化された会計と個人事業主に基づいて市民パートナーシップを運営している場合、wFirma.plシステムはこれに最適です。
-パートナー向けのZUSDRAおよび従業員向けの会社向けDRA、
-1つのシステムで所得税の前払いを計算し、パートナーの年間PITを生成します。
-大陸法パートナーシップのすべてのパートナーは、会社のデータにアクセスでき、同時に請求書を発行できます。
-直感的な会計図と無料のシステムアップデート!