個人事業主の有限責任会社への転換- 可能?

サービス

多くの起業家は、自分のビジネスを始めるときに、個人事業の形態を選択します。あなた自身のためにビジネスを運営することはあなたが必要な手続きを素早く完了することを可能にします。また、他の法的形態よりも間違いなく安価です。中央経済活動登録簿自体への登録には手数料はかかりません。有限責任会社の形で行われる活動は、最初からより多くの義務とはるかに高いコストを履行する必要性を意味します。一人のビジネスはまた、より大きな柔軟性を意味し、失敗した場合にビジネスから迅速に撤退することを可能にします。
事業を営む最初の形態として個人事業を選択することは非常に一般的です。しかし、時間の経過とともに、会社が成長するにつれて、起業家は有限責任会社の利点を法的形態と見なし始めます。次に、問題が発生します-この段階でビジネスの法的形態を変更することは可能ですか?その結果はどうなりますか?
個人事業を営む起業家は、個人事業会社に変身する可能性があります。このような変化は、多くの場合、開発の自然な段階です。

個人事業主の有限責任会社への転換- どうやってするの?

起業家は、次の方法でビジネスの形態を変えることができます。

  • アートに準拠した現在の活動の有限責任会社への転換。商業会社コードの551§5または

  • 有限責任会社を設立し、企業の形でそれに貢献します。

この記事は最初の解決策についてです。

アートに準拠した変換。商事会社法の551§5は、いくつかの手続きの完了を要求しています。

  • 添付ファイルと監査役の意見を含む起業家の変革計画の作成。

  • 起業家の変革に関する宣言を提出する。

  • 転換された会社の統治機関のメンバーの任命。

  • 会社契約の締結;

  • 変身した会社を登録簿に入力し、変身した起業家を中央登録簿と経済活動に関する情報から削除します。

個人事業主の有限責任会社への転換-それは有益ですか?

責任の制限

個人事業を有限責任会社に変えることには、多くの利点があります。多くの起業家にとって、彼らの中で最も重要なのは、個人的な責任を制限することです。自分のために事業を行う起業家とは異なり、資本会社の株主は、原則として、会社の行動に対して責任を負いません。したがって、実施される活動のリスクは、行われた貢献の金額、または会社の利益のために提供された他のサービスにのみ限定されます。

責任の制限は、事業の変革前に起業家が締結した義務には適用されません。そのような義務を考慮して、起業家は、(変革の日から)さらに3年間、会社とすべての資産を連帯して責任を負います。 起業家は、変革前に発生した義務について、会社と連帯して責任を負います。この責任は、変革の日から3年間続きます

資金を調達する新しい機会

有限責任会社への転換はまた、パートナーを受け入れ、株式資本を増やすことにより、事業開発に必要な資本を獲得する新しい機会を意味します。

画像のメリット

一部の請負業者や機関の意見では、資本会社はより大きな名声と信頼を享受しています。この点での変化は、会社の発展と安定性の向上として捉えることができます。 個人事業主の変革について詳しくは、以下をご覧ください。
-ビジネスの法的形態を変える-それをどのように行うか?
-市民パートナーシップと個人事業主の変革
-法的活動形態の変更-いつ発生しますか?
-経済活動と個人事業-変革

個人事業主の有限責任会社への転換-それに伴う負担は何ですか?

個人事業を有限責任会社に変えることを決定した起業家は、事業を運営するためのより高いコストに備える必要があります。変革のプロセスそのものには、資産の貸借対照表の価値を確立するためのコスト、公証活動のコスト、または監査人のコストなどのコストが含まれます。有限責任会社の形で行われる活動はまた、会計サービスのより高いコストと二重課税のリスクを伴います。

個人事業主の有限責任会社への転換-既存の権利と義務はどうですか?

有限責任会社への転換を計画している起業家にとって、会社が転換とともに以前の形態で行われた事業活動に関連する権利と義務を引き継ぐことが重要になるでしょう。これは、新しく設立された会社が個人事業に直接関連する契約の当事者になることを意味します。起業家は、この目的のために付属書または譲渡契約を締結する義務はありません。 起業家は、ビジネスに直接関連した契約の付属書を含める必要はありません。変革により、当社は彼らの当事者となります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

個人事業主の有限責任会社への転換-実施した活動の名前を保持できますか?

起業家は、企業の既存の指定を維持することができます。これは、「有限責任会社」という追加の指定で強化されるか、新しい会社(会社名)を決定します。変更があった場合、変更日から少なくとも1年間は、古い会社を新しい会社の横に括弧で囲んで示す必要があります。

例1。

Jan Nowak氏は、Jan Nowak CentrumOgrodniczeという名前で個人事業主を経営していました。ヤン氏は会社の発展とともに、彼の事業を有限責任会社に変えることを決心しました。同時に、彼は会社を「ZieloneCentrum」に変更することを決定しました。設立会社は「ZieloneCentrumsp.zo.o。」を1年間使用します。 (旧ヤンノヴァクガーデンセンター)」。