金融サービスでの燃料カードの引き渡し?

サービス税

輸送活動は私たちの経済の急速に成長している部門です。国内の輸送起業家は、欧州連合のすべてのルートを運営しています。このような企業は、国外への輸送(いわゆる国際輸送)を専門としています。燃料をより効率的に購入するために、納税者は通常燃料カードを使用します。燃料カードの譲渡は、課税に基づいてどのように分類する必要がありますか?答えます!

VATの対象となるものは何ですか?

最初に、商品やサービスに課税されるものを覚えておく必要があります。アートの提供に従います。 5秒物品およびサービスに対する課税に関する法律の1ポイント1、以下は物品およびサービスに対する課税の対象となります:支払に対する物品の供給および支払に対する国内の領域内でのサービスの提供。

アートに準拠。 VAT法の2ポイント6では、商品は物とその部品、およびあらゆる形態のエネルギーとして理解されています。

アートで言及されている商品の配達による。 5秒1ポイント1は、所有者として商品を処分する権利の移転として理解されます(VAT法の第7条(1)を参照)。

アートに準拠。 8秒アートで言及されているサービスの提供によるVAT法の1。 5秒1ポイント1は、自然人、法人、または法的な人格のない組織単位に提供されるサービスとして理解され、芸術の意味での商品の供給を構成するものではありません。 7。

したがって、アートの意味の範囲内で、商品の配達を構成する各活動。法の7またはアートで定義されているサービスの提供。法第8条は、VATの対象となります。これは、特定の活動がこの税の対象となるためには、その履行により付加価値税の納税者である事業体が実施する必要があるためです。

燃料カードの配達

商品の配送活動としての特定の取引の分類は、特定の実際の状態によって異なります。このルールは、燃料カードとの取引にも適用されます。これは、VATの目的では、取引を同じように扱うことができないことを意味します。多くの場合、唯一の共通要素は、購入活動に参加するエンティティが燃料カード決済を使用することです。したがって、特定の活動の税務ステータスを判断するには、毎回当事者間の関連規定を分析する必要があります。

複数の事業体が同じ商品を最初の事業体が最後の購入者に直接配達するように配達する場合、その商品はこれらの活動に参加する各事業体によって配達されたと見なされることを思い出してください(アートを参照)。 VAT法のパラグラフ8)。アートで言及されているチェーントランザクション(サプライ)として燃料カードを使用したトランザクションを分類する可能性について言及します。 7秒法第8条では、議論された規制が存在するために必要な条件は、商品が注文の最初のエンティティから最後のエンティティにリリースされ、仲介者が配達の対象を所有しないことであることを強調する必要があります。全て。したがって、当該記事は、VATの目的上、商品がリリースされたとしても、チェーン取引に参加する各エンティティによって商品の配送が行われると想定される、擬制に基づく構造に基づいています。 1回だけ。上記の文脈において、所有者としての資産を処分する権利は、そのような取引に参加している各事業体に譲渡されることを認識することが重要です。これは、実際には、物とそれを使用する可能性に対する実際的な制御の移転、およびそのような使用の条件の設定を意味します。したがって、ブローカーが商品の価格、購入条件を決定する権利を持っているだけでなく、たとえば、不良品などに関連して苦情を申し立てる義務がある場合、そのようなエンティティは所有者として物を実際に処分する権利。

CJEU判決C-235 / 18-燃料カードの革命

上記の判断は、燃料カードへの課税に関しては革命的であることが判明する可能性があります。それが何であったかを簡単に思い出してみましょう。今回の場合、紛争は自動車運送会社に関するものでした。会社の席はオーストリアにありました。上記の会社は、ポーランドからの1社を含む子会社を通じて輸送されました。オーストリアの会社は、子会社に燃料カード(車両の燃料補給用)を提供しています。この場合、すべての取引は親会社によって行われ、親会社はVATと一緒に燃料の購入についてサプライヤーから請求書を受け取ります。オーストリアの事業体は、月末に子会社に燃料を再請求し、2%を請求します。手数料。この場合、裁判所は、親会社が所有者として燃料を持っていなかったと認定しました。燃料を所有者として処分することは、取引を商品の供給として認識するための条件であることを思い出してください。子会社は販売者から直接購入し、実際に購入の詳細を決定します(たとえば、ステーションを選択します)。これは、この場合、親会社が燃料を購入しないため、再販できないことを意味します。カードの提供とは、会社が2%の手数料を請求するサービスの提供です。裁判所は、この場合、私たちは金融サービスを扱っていると認定しました。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

燃料カードの決済-例

問題を理解するためにいくつかの例を使用します。彼らは燃料カードの請求に関連するいくつかの問題を解決する必要があります。ただし、そこに含まれる規定が取引の課税に決定的な影響を与える可能性があるため、給油の際には条件を注意深く分析することを忘れないでください。

例1。

仲介会社は燃料カードを発行します。駅を所有していません。燃料は、発行者との契約に署名した事業体のサービスステーションで購入されます。月末に、燃料売り手はブローカーに請求書を発行します。一方、ブローカーは、最終的な受取人(つまりカードユーザー)に燃料を再請求します。彼は2.5%の手数料を請求します。

この場合、上記の判断のように、ブローカーは燃料の所有者ではありません。会社はどの段階でも燃料を所有していませんでした。したがって、上記の活動は金融サービスと見なされるべきです。

例2。

ポーランドの納税者は、国内の燃料会社の1つのロイヤルティプログラムを使用しています。上記のプログラムは、懸念されるガソリンスタンドで5%割引で燃料を受け取ることで構成されています。毎月の終わりに、燃料供給業者でもあるカード発行者は、23%の付加価値税で納税者に請求書を発行します。

この場合、間違いなく燃料を売っています。燃料の販売に関する懸念はその所有者です。

例3。

燃料の問題ではないブローカーが燃料カードを発行しました。契約では、給油場所と燃料量の制限が規定されています。また、燃料カードを使用する納税者には燃料割引が適用されます。

契約は、ブローカーが燃料の管理に影響を与えることを示しています。給油場所、燃料の量、請求期間を決定します。したがって、この場合は燃料の販売です.

上記のCJEUの判決と提示された例を考慮すると、多くの場合、私たちは商品の供給ではなく、金融サービスを扱うことになることを認識しておく必要があります。原則として、金融サービスはVATを免除されます。したがって、燃料カードで給油する場合は、契約条件を注意深く確認する必要があります。カード発行者が燃料を処分する権利を持っていることが彼らから明らかでない場合、それは商品の配達ではなくサービスになります。