クライアントのために開催されたコンテストで賞金を渡す

サービス税

プロモーションキャンペーンの実施を含むビジネス活動を行う自由は、クライアントのための競争の組織化を可能にします。コンテスト規則で指定された特定の要件を満たしている場合、受賞者は賞金またはその他の特典を受け取ります。記事を読んで、コンテストで賞金を寄付することの意味を理解してください。

競争の概念

個人所得税法は競争の概念を使用していますが、その意味を定義していません。立法者の目標を理解するために、「ポーランド語の辞書」に含まれる競争という言葉の定義を参照する必要があります。これによると、競争は次のとおりです。

  1. イベント、最高の請負業者、作品の作者などの選択を可能にする事業。

  2. ポジションに最適な候補者を選択することを目的とした手順。

競争の決定要因は税法から生じるものではありません。競争を組織する際に何を考慮に入れるべきかを示すのは行政裁判所の法学です。たとえば、2014年4月9日の判決における最高行政裁判所は、参考文献を提出します。 II FSK 911/12、支配: "[...] そもそも、競技会は関連する規則とともに発表されるべきであり、その後、競技会の参加者は適切な行動をとるべきであり、それは競技会の性質上、競争の要素を含むべきである。コンテスト参加者のコンテストの結果であるコンテストの終了は、結果の発表であり、多くの場合、賞品の授与です。競争の結果が、競争参加者と彼らの競争との間の直接の競争の効果と密接に関連していることも疑いの余地はありません[...] "。

自然人に賞金を渡す

コンテストで獲得した賞金の送金は、受取人側の課税の対象となります。アートに準拠。 30秒所得(歳入)に対する個人所得税法の1ポイント2。 EU加盟国または欧州経済領域に属する他の国で取得されたコンテスト、ゲーム、相互賭博またはボーナス販売に関連する賞品の賞金については、賞金または賞品の10%の定額所得税が徴収されます。

賞金の10%の税金は、支払人が支払う前に賞金から差し引かれます。同時に、Artに従って受取人が支払人になります。 41秒個人所得税法第4条。これは、徴収された月の翌月の20日までに、居住地に応じて管轄の税務署の口座に支払いを行う義務があることを意味します(支払人が設立されていない場合(支払人が自然人でない場合)、またはその座席または事業所に応じて、それは自然人です。

さらに、課税年度の翌年の1月末までに、支払人はPIT-8AR宣言を管轄税務署に送信する義務があります(支払人がこの日付より前に営業を停止した場合-この宣言は、この活動の停止日)。

例1。

XYZ Companyは、クライアント、つまり事業活動を行わない自然人のためのコンテストを開催しました。このコンテストは、科学、文化、芸術、ジャーナリズム、スポーツの分野には関係がなく、メディアでも発表されませんでした。コンテストのルールに従い、賞品は次のとおりです。

  • そもそも-5,000PLN;

  • 2位-PLN3,000;

  • 3位-PLN1,000。

コンテストは2019年9月30日に裁定されました。同日、大会主催者は、規則に従い、大会の勝者が資金を利用できるようにしました。

主催者は、コンテストでの賞金の譲渡に対して、賞金の10%、つまり合計800PLNの定額所得税を徴収する義務がありました。 10月20日までに、コンテストの主催者、つまりXYZ社は、徴収された税額を税務署に支払う義務があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

賞金と免税の引き渡し

個人所得税法には、特定の要件が満たされている場合に限り、競技会での賞金の課税の免除が含まれています。アートに準拠。 PIT法の21(1)(68)は非課税です。

  • マスメディア(報道機関、ラジオ、テレビ)によって組織され放送(発表)された競技会やゲームでの賞金の価値。

  • 科学、文化、芸術、ジャーナリズム、スポーツの分野での競技会。

  • これらの賞品の1回限りの価値が2,000PLNを超えない場合。

問題の所得税免税を適用するには、マスメディアで競争を放送(発表)するだけでなく、競争の主催者がマスメディアの地位を持っていることを証明する必要があります(国家局長の個別の解釈を参照) 2018年3月2日の税務情報、No。KDIP3-2.4011.393.2017.2.AK1)。

例2。

インターネットポータルであるXYZ社は、事業活動を行わない自然人を対象としたコンテストを開催しました。このコンペティションはエコロジーに関するものであり、ウェブサイトで発表されたため、コンペティションで授与された賞の免税の適用基準が満たされていると想定されました。コンテストの主な賞金は10,000PLNでした。

XYZ Companyは、賞金を支払う際に、賞金が2,000ズウォティを超える場合は定額の所得税を徴収する義務があります。主催者は、以下の計算の結果として、800ズウォティの所得税を徴収し、管轄の税務署の口座に支払う義務があります。

(PLN 10,000-PLN 2,000)x 10%。

事業活動を行う事業体への賞金の提供

事業を営む者への現金賞金の移転は、芸術の規定によって定義される非農業経済活動からの所得に対する課税の原則の適用をもたらします。 9a段落。個人所得税法の1と2。これらの所得は、納税者が税務署の管轄長に書面による要求または宣言を提出して、特定の所得に対する定額所得税法で指定された課税形態を適用しない限り、税規模に従って一般原則に基づいて課税されます。自然人による。事業活動からの収益は、実際に受領されていなくても、返品の価値を除いた後の未払い額であり、割引および割引が付与されます。事業活動からの収入は、現物給付およびその他の無償給付の価値でもあります。結果として、事業活動を行う事業体が受け取った現金と現物の両方での競争に勝つことは、この事業活動から税収を生み出すでしょう。

アートの規定により、事業活動を行う事業体がコンテストで獲得した賞金に対して定額の所得税を徴収する可能性は排除されています。 44秒個人所得税法の1ポイント1。第1条で言及されている事業から収入を得ている納税者。 14は、パラグラフ1で言及されている原則に従って、課税年度の前払所得税の間に電話なしで支払う必要があります。 3、第2項の規定に従う。 3f –3h。

上記の見解の正しさは、2017年9月11日、0113-KDIPT3.4011.234.2017.1.SKの国家税務情報局長の個別の解釈によって確認されています。応募者は、コンテストの主催者として、ビジネスを営む自然人であり、彼の事業活動(コンテストの主題に関連する)に関連してこのコンテストに参加し、徴収および支払いを義務付けられていませんでした。受賞者に支払われた賞金に基づく一時金所得税。アートで言及されています。 30秒個人所得税法の1ポイント2。非農業事業を営む自然人は、申請者が主催する競争への参加に関連して得られた所得を、その事業からのその他の所得と同じ条件で自己課税しなければなりません。”.

結論として、コンペティションでの賞品の形と課税額は、勝者のステータス(自然人または事業を営む人)とコンペティションの性質(コンペティションの発表の形式と表示)に影響されます。科学の分野)。