現金法から主観的免税およびVATへの移行

サービス税

現金ベースの方法は、商品またはサービスの受領または支払い時にVATを決済する課税対象者向けの特別なタイプの資格です。ただし、彼は事業の存続期間を通じてこの決済方法を使用する義務はありません。納税者がVAT免税に戻りたいと思うかもしれません。現金法から主観的免除への移行のVATに関してどのような結果がありますか?答えます!

チェックアウト方法-誰のために?

現金法を使用する権利は、少額納税者の定義を満たすアクティブなVAT納税者が利用できます。現金による方法を選択した場合は、今後12か月間保管する必要があります。現金決済の一般原則は、発生主義決済とは対照的に、支払いの一部または全部の受領日、および付加価値税と同様に、請負業者への支払い日に納税義務が発生することです( VAT法第21条(1))。上記の規則の例外は、アクティブなVAT納税者ではない事業体に対して行われた取引に適用され、納税義務は、一部またはすべての債権の受領日に発生しますが、その日から180日以内に発生します。サービスの提供またはパフォーマンス。現金法は、小納税者によるコミュニティ内の供給、商品の輸出入、国外への商品の配送、およびサービスの輸出入には適用されないことを強調しておく必要があります。

リマインダー!
アートに準拠。 VAT法の2ポイント25では、少額の納税者は納税者として理解されています。
a)売却額(税額を含む)が前の税年度にPLNで表された金額を超えなかった場合、これは1,200,000ユーロに相当します。
b)証券会社、投資ファンドマネージャー、代替投資ファンドマネージャー、エージェント、請負業者、または手数料を除いて同様の性質のサービスを提供するその他の人物を運営する
-提供されたサービスのコミッションまたはその他の形態の報酬の金額(税額を含む)が前の税年度に45,000ユーロ相当のPLNで表された金額を超えなかった場合、
-ユーロで表された金額の換算は、前の税年度の10月の最初の営業日にポーランド国立銀行が発表した平均ユーロ為替レートに従って行われ、1,000ズウォティに丸められます。

「現金ベースの方法」としてマークされた請求書を使用してVAT文書取引を決済する現金ベースの方法を使用する小規模納税者。 VAT決済の現金方式を選択すると、納税者は毎月の申告ではなく、四半期ごとにVATを決済することになります。

例1。

納税者は、提供されたサービスに対して、正味額PLN 1000、付加価値税、PLN230の2つの売上請求書を発行しました。最初の請求書は2020年1月に支払った会社に発行されました。納税者は2020年の第1四半期のVAT申告書でこの請求書に支払うべきVATを決済します。2番目の請求書は自然人に発行されました。納税者は、サービスの180日目までに、支払い時にVATを支払う必要があります。

現金法を使用する権利の喪失

現金法を使用してVATを決済する小規模納税者は、この方法をオプトアウトできます。辞任は可能です-芸術に従って。 21秒付加価値税法の3-12か月が経過した後、この方法での和解が税務署長に事前に書面で通知された後、税務署長が適用した四半期の終わりまでに。

アートに準拠。 21秒付加価値税法第4条では、少額納税者は、売上高制限を超えた四半期の翌月の決済から開始し、アートに従って、現金法を使用して税金を決済する権利を失います。 99秒VAT法の5、四半期の最初の月の和解から始まる毎月の期間の税申告書を提出する瞬間:

  1. 金額を超過した場合-四半期の第1月または第2月に金額を超過した場合、および四半期の第2月に金額を超過した場合、四半期の第1月の申告は25日までに提出されます。四半期の2番目の月の翌月の日。
  2. この金額を超えた四半期の後-四半期の3か月目に金額を超えた場合。

現金による使用権を失った場合、または免税に戻る場合、納税者はVAT-RフォームのVATデータを更新する必要があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

現金による方法から主観的な免税に切り替えると、未払いの請求書はどうなりますか?

納税者が主観的免除を選択する場合、すなわち、少額納税者に定められた売上高制限を超えないにもかかわらず現金法を辞任する場合、未払いの売買に課せられる納税額の決済に関して彼は何をすべきかという疑問が生じます。請求書。

現金法を辞任した、または現金法を使用する権利を失った納税者の場合、この方法が使用された期間に行われた活動に関連する納税義務は、当技術分野で定められた原則に基づいて発生します。 21秒VAT法の1、つまり:

  1. 支払いの全部または一部を受け取った日-アクティブなVAT納税者に商品またはサービスを配達する場合。
  2. 支払いの全部または一部の受領日、商品の配達またはサービスの実行の日から180日以内-商品またはサービスを別の事業体に配達する場合、ポイントに記載されていない1.1。

結果として、VATを免除された納税者がVAT申告書を提出する必要がないという事実は、「現金法」手続きの下で発行された「未決済」の売上請求書に対する納税義務から彼を解放しません。

一方、小納税者が現金法の権利を放棄する前に購入した商品やサービスに対する仮払消費税の控除、またはそれを使用する権利の喪失がこの期間に控除されない場合は、納税者が購入した商品(サービス)の全額を請負業者に支払う決済期間。それは文字通りアートの言葉遣いから生じます。 86秒VAT法の10e。

例2。

2020年1月1日、納税者はVATを免除される納税者になりました(前の税年度に課税された売上からの収入は純額で200,000 PLNを超えませんでした)。 1月、納税者は、現金法を決済するVAT納税者として発行された請求書に対して、1150ズウォティの税金の支払いを受け取りました。同時に、2020年1月に彼は購入した商品やサービスの代金を支払いました。支払済み請求書の控除可能なVAT額は150PLNでした。その結果、納税者は税務署に1,000ズウォティの金額を支払う義務があります。この支払いは、VAT申告を提出する義務がないにもかかわらず行われます。

要約すると、現金法を使用する納税者は、事業活動を行わない自然人への販売を除いて、支払いの受領時に入力税と出力税を決済することを好みます。対象となる免税が選択された場合、現金法を使用してVAT決済期間中のVATを決済する必要性は変わりません。発生する唯一の変更は、VAT申告を提出する必要なしにVATを支払う義務です。