家族から会社を引き継ぐことと税の影響

サービス税

事業活動の場合、他人が同名・同名で運営を継続することはできません。よくある現象は、起業家に最も近い人、つまり配偶者や子供たちが家族の利益を引き継ぐことです。これは通常、計画的な引退に関連しています。では、会社を他の人に譲渡するにはどうすればよいでしょうか。税金の影響はどうなりますか?どのような手順を踏む必要がありますか?提起された質問に対する回答を以下に示します。

自然人が経営する企業

民法は、企業を、特に次のような事業活動を目的とした有形および無形のコンポーネントのセットであると見なしています。

  1. 企業またはその個別の部分を個別化する指定(企業の名前);
  2. 設備、材料、商品および製品を含む不動産または動産の所有権、および不動産または動産に対するその他の権利。
  3. 不動産または動産の賃貸および賃貸契約から生じる権利、およびその他の法的関係から生じる不動産または動産を使用する権利。
  4. 売掛金、有価証券の権利および現金。
  5. 譲歩、ライセンスおよび許可;
  6. 特許およびその他の工業所有権;
  7. 所有権および財産関連の権利。
  8. ビジネスの秘密;
  9. 事業運営に関連する書籍や文書。

2019年4月18日の最高裁判所の判決で示されているように、II CSK 197/18:

「企業またはその組織化された部分で、両方ともアートの意味の範囲内で。 551以降民法と芸術の。商業会社およびパートナーシップのコードの228ポイント3では、有形および無形のコンポーネント(要素)の間に機能的な結合がある場合にのみ対処します。これにより、これらのアイテムは独立した資産であるだけでなく、共同で実装に役立つという結論が得られます。特定の経済目標の」。

この場合、特定の無形および有形資産のセットを企業または企業の組織化された部分として認識する可能性を決定する状況は、そのセットを使用して特定のタイプの経済活動を行うことができるような組織です。企業または企業の組織化された部分を構成するコンポーネントのセットは、特定の環境で機能し、企業または企業の組織化された部分を扱うことを決定する特定の要素でマークされている必要があります。無形および有形のコンポーネントのセット。

例1。

Jan Kowalskiは、家具製造の分野で活動しています。彼の事業には、倉庫、特殊機械、生産用の木製材料、バンなどの不動産が含まれます。上記は、事業を運営するために必要な組織化された全体を形成します。たとえば、家族による車や機械の乗っ取りは、この種の活動で独立して機能するために車や機械自体が十分に分離されていないため、企業またはその組織全体の乗っ取りとして扱われません。

家族から会社を引き継ぐ-フォーム

企業を引き継ぐ形態は家族の絆に依存します。

事業が起業家の配偶者に引き継がれた場合、配偶者が財産制度のコミュニティを持っている場合、事業の譲渡を確認する十分な文書は公証された署名付きの譲渡プロトコルです。

例2。

Jan Kowalskiは、農家から購入した野菜の卸売業を営んでいます。彼は営業担当者としての仕事を提供されたという事実のために、彼は彼の配偶者に企業を移すことに決めました。配偶者間の共同財産制度があります。この場合、企業の転送用の転送プロトコルを準備するだけで十分です。

2018年9月20日の個人税決定で国税情報局長が示したように、0112-KDIL3-3.4011.275.2018。

「財産制度の共同体が存在する配偶者間で事業の譲渡が行われる場合、一方の配偶者が自分の事業で使用する資産を無料で譲渡し、もう一方の配偶者がそれらを受け入れて彼自身の事業とこれらの資産は共同所有されており、これらの資産の所有権に変更はありません。それらが使用される方法だけが変化しています。

配偶者間で財産が分離されている場合や、転勤する配偶者の事業が動産の一部を構成する要素で構成されている場合は状況が異なります。その後、会社を子供に譲渡する意志の場合と同様に、寄付契約を締結する必要があります。寄付契約は、公証人によって証明された署名を使用して書面で行う必要があります。ただし、企業に不動産が含まれている場合は、公証証書を作成する必要があります。

例3。

Jan Kowalskiは、農家から購入した野菜の卸売業を営んでいます。彼は営業担当者としての仕事を提供されたという事実のために、彼は彼の配偶者に企業を移すことに決めました。配偶者の間には財産分離制度があります。この場合、事業の譲渡については、寄付契約を締結する必要があります。

PITに基づいて会社を買収した結果

会社の資産の譲渡は無料で行われるため(譲渡プロトコル、寄付契約)、収入は発生せず、税額の基礎となる収入があるとは言えません。

税法の意味での無料サービスには、民法の意味でのサービス(他の当事者の利益のための作為または不作為)だけでなく、他のエンティティを犠牲にして利益を得る結果となるすべての経済現象および法的イベントも含まれますまたはこれらすべての法的事象および経済的、特定の財政的側面を備えた財産の自由な獲得をもたらします。

寄付の場合、私たちは無料の一方的なサービスを扱っています。ただし、寄付行為に関連して、寄付者は金銭的価値やその他の重要な寄付を受け取ることはありません。したがって、企業を、たとえば寄付によって子供に引き渡すことは、寄付者に税金の影響を与えることはありません。

また、アートに準拠。 21秒アートに従って計算された、PIT法の1ポイント125、現物給付およびその他の無料給付の価値。 11秒2-2b、遺伝および寄付税に関する規定の意味の範囲内で税グループIおよびIIに含まれる人から受け取った。

アートに準拠。 14秒遺伝および寄付税に関する1983年7月28日の法律の3、個々の税グループには以下が含まれます。

  1. グループIへ-配偶者、子孫、子孫、義理の息子、義理の息子、義理の娘、兄弟、義父、継母、義理の息子。
  2. グループIIへ-兄弟の子孫、両親の兄弟、継子の子孫と配偶者、兄弟の配偶者と配偶者の兄弟、配偶者の兄弟の配偶者、他の子孫の配偶者;
  3. グループIIIへ-他のバイヤー。

運営されている会社の引き渡しには、起業家の清算が含まれます。次に、§27パラに従って実地棚卸を準備する必要があります。収入と支出の税務台帳の保持に関する2003年8月26日の財務大臣規則の1と3:

「納税者は、商品、基本および補助材料(原材料)、半製品、仕掛品、完成品、不足および廃棄物の性質の目録を作成し、本に入力する義務があります。 「実地棚卸」は、1月1日現在、各課税年度の末日、課税年度中の営業開始日、および定額所得税の課税権が失われた場合課税年度、パートナーの変更、株主の株式の割合の変更、または事業の清算」。

清算日より前に、企業のすべてのコンポーネントが寄付された場合、起業家は、§28セクションに示されているデータを実地棚卸に含める義務があります。上記2規則の、すなわち、プラント所有者の名前と名前(会社名)、在庫の日付、実地棚卸の値が「ゼロ」であるという情報、および会社所有者の署名。

このような場合、経済活動の清算日における在庫の「ゼロ」値は、歳入と経費の税務台帳に入力する必要があります。

企業の買収には受領者による事業活動の開始が含まれるため、買収者は同様の実地棚卸を必要とします(その人物が以前に起業家でなかった場合)。

取得者は、2003年8月26日の財務大臣規則の§27-29に定められた、収入と支出の税務台帳の保持に関する要件に従って初期在庫を準備し、受け取ったコンポーネントを評価する必要があります。上記の§3ポイント2で言及されている購入価格に。規制。

固定資産を受領した場合、会社を引き継ぐ者は、固定資産および彼が保有する無形資産の登録簿にそれらを入力する義務があります。 企業の寄付により取得した固定資産の初期価値は、寄付契約でこの価値がより低い金額で指定されていない限り、寄付日の市場価格で決定されます(Pdof法第22g条(1)(3)) 。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

VATに基づく会社買収の結果

原則として、VAT法は、企業または企業の組織された部分の売却には適用されません。これはアートに記載されています。 6秒VAT法の1。

2012年6月21日の判決でワルシャワの最高行政裁判所が述べたように、I FSK1586 / 11:

「資産を除外したという事実だけでは、この理由だけで、売却の対象は企業の組織化された部分ではないという結論は得られません。決定的な要因は、それ自体で経済活動を行うことができるかどうかです。この部分を使用します。 […]特定のコンポーネントを除外しても、分離された不動産複合施設から企業またはその組織化された部分の機能が奪われない場合、この形式での処分は付加価値税の対象にはなりません。

上記のことを念頭に置いて、家族から会社を引き継ぐことは税制上中立であることを指摘しておく必要があります。 VATの場合、企業の譲渡はVAT法の対象ではありません。 PITに関しては、親族関係の程度が税グループIおよびIIに限定されている場合、収入は発生しません。税グループIIIの場合は状況が異なりますが、これには通常、直接の家族に属していない他の購入者も含まれます。