過年度からの損失-PITの進歩からの控除

サービス税

PIT法により、納税者は過年度からの損失により現在の所得を減らすことができます(法第9条(3))。このようにして、起業家はその年の間に税務署に対する流動負債を減らすことができます。過年度からの損失がどのように解決されるべきかを確認してください!

過年度からの損失-控除の条件

納税者は、過年度に発生した損失によって所得を減らす権利があります。ただし、特定の条件を考慮に入れる必要があります。

  • 特定の年からの税務上の損失は、連続する5税年でのみ解決できます。
  • 損失は​​、それが差し引かれる収入と同じ源から来なければなりません。

2018年までに損失が発生した場合、特定の年の1回限りの損失控除額は、損失額の50%を超えてはなりません。

2019年から損失が発生した場合、納税者には2つの選択肢があります。

-1年間で50%の支払損失を差し引き、その後の年で残りを差し引くことができます。
-損失額が500万PLNを超えないことを条件として、損失から5年以内に損失の全額を(1回)差し引くことができます。損失額が500万ズウォティを超える場合は、500万ズウォティを1回控除し、5年以内の残りの損失額を50%の範囲内で差し引くことができます。

アート9秒3 u.p.d.o.f.
課税年度に発生した収入源からの損失額。納税者は次のことを行うことができます。
1)これらの年のいずれかの削減額がこの損失額の50%を超えてはならないという条件で、次の5年連続の課税年度にこの源泉から得られる収入を削減する。
2)次の5つの課税年度のいずれかでこの源泉から得られる1回限りの収入を、5,000,000 PLNを超えない額だけ減らします。未徴収額は、この5年間の残りの年に決済の対象となりますが、これらの年のいずれかの削減の割合は、この損失額の50%を超えることはできません

過年度からの損失を差し引くことができないのはいつですか?

損失の控除に関する規定は、検討のための財産および財産権の売却、ならびに所得が所得税のない収入源からの損失の場合には適用されません。

創業から6年連続の場合、損失額を控除することはできません。

例1。

2017年に、納税者は20,000ズウォティの事業上の損失を取得しました。 2018年に、彼はPLN 10,000の損失(50%)を差し引きました。彼はいつまで残りを差し引くことができますか?

2017年に発生する所得の決済と損失の控除の最終日は、2022年に得られた所得になります。

納税者が忘れがちな損失控除の可能性に関する追加の条件は、損失を控除するために、起業家は収入を生み出さなければならないということです。したがって、過年度からの損失が現在の損失を増加させることはありません。それが与えられた年に稼いだ場合にのみ、あなたはあなたの収入を減らすことができます。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

過年度からの損失は、定期的な前払いまたは年次確定申告から差し引かれますか?

税法では、過年度からの損失の控除が年末以降にのみ行うことができるか、年次確定申告を補足するか、または課税年度中に計算された定期的な前払いで継続的に行うことができるかについては規定されていません。

税務当局の見解によれば、納税者は、年度中も前年度からの損失により所得を減らす可能性があります。これは、2011年8月9日の個別判決でウッチの税務署長によって確認されました(IPTPB1 / 415-42 / 11-2 / ASZを参照)。

「(...)次の年の損失の決済を管理する規定は、そのような決済が特定の課税年度の終了後またはその期間中にのみ行われるべきかどうかを示していません。したがって、これに詳細な規制がない場合課税年度中および課税年度終了後の両方でこの損失を決済することが可能であり、適切な方法の選択は納税者の裁量であると想定されるべきです。

納税者が、課税年度中の前年度の損失の一部を現在の所得(前払い)から差し引いたにもかかわらず、その課税年度の最終決済で、所得ではなく損失を発生させた場合、損失は発生しません。控除の恩恵を受けることができますが、彼は「前払い」した損失額を失うことはありません。この金額は、その後の課税年度に差し引かれる可能性があります。」

納税者は、年次和解で損失を被ったとしても、前年度からの損失を含む、年度中に計算された前払いを修正する必要はありません。年末に全損になるとは予測できませんでした。このような状況では、前年度の損失は、前述のように、当年度の損失を増やすことができないため、単に前年度の損失は確定申告に含まれません。

最後に、定期的な所得税の前払いを計算するときに、その年の間にすでに損失を差し引くか、それとも最終的な年次決済でのみ差し引くかを決定するのは納税者であることに言及する必要があります。もちろん、法定限度額である50%と、損失は次の段階で最大で控除できるという仮定を考慮して、損失の価値と、いつ(どの年に)控除するかを彼自身が決定することも重要です。 5年連続の課税年度。

過年度からの損失-wfirma.plシステムでの決済

wfirma.plシステムで前年度からの損失を決済するには、[設定]タブに移動し、[税]テーブルで[所得税]項目をクリックします。次に、表示されるウィンドウで、[控除の追加]をクリックしてデータを完成させます。その後、導入された損失は自動的に所得税の前払いに含まれ、最終的には特定の年の年次確定申告に含まれます。

記事のwfirma.plシステムでの前年度からの開始の決済に関する詳細:https://pomoc.wfirma.pl/-jak-wrożic-do-systemu-strate