税務書類の保管-重要

サービス税

法人税書類の保管-規則:

  1. 納税書類は、納税期限が切れた暦年の終わりから数えて5年間保管する必要があります。
  2. 税務書類は、VAT請求書のすべてのコピーと原本、税金の徴収と徴収に関連する書類、税務台帳とその保管に関連する書類、および発行された請求書のすべてのコピーです。
  3. 別の事業体との合併または法的形態の転換の結果として操業を停止したユニットのコレクションは、継続企業として存続するエンティティに保持されるべきであり、清算されたユニットのコレクションは、指定された個人または事業体によって、
  4. 会社の文書は、取締役会の本部または経済主体の支部に元の形式で保管する必要があります。
  5. 採用された会計原則、会計帳簿、会計バウチャー、在庫文書、および財務諸表の文書化に注意を払う必要があります。まず、損傷または完全な破壊からそれらを保護する必要があります。

ドキュメントのアーカイブの失敗またはそれらの不適切な保管は、Artに基づく刑事責任をもたらす可能性があります。財政刑法の83。実際には、これは罰金になります。