エネルギーの予測請求書-VAT決済

サービス税

エネルギー供給業者は、多くの場合、サービスユーザーに予測売上請求書を発行します。これらの仮定は、当事者間で締結された合意に起因します。納税者の間でしばしば疑問が生じます-予測エネルギー請求書はVATを控除する権利を与えますか?答えは以下のガイドに示されています。

VATを控除する権利-ユーティリティ

現在、電力の供給が間違いなく適格である公益事業の分野では、VATの控除はアートに定められた一般原則の下で行われます。 86秒VAT法の10。その内容によれば、納税者が購入または輸入した物品およびサービスに関連して納税義務が発生した期間の和解において、仮払消費税額だけ納税額を減額する権利が生じます。ただし、納税者が請求書を受け取った期間の和解よりも早くはありません。

重要!
2013年末まで、公益事業の場合、VATを控除する権利は、支払い期日、または次の2つのいずれかで発生しました。 2014年以降、このルールは適用されなくなりました。

VATを差し引く権利-エネルギー請求書の予測

納税者は、予想されるエネルギー請求書のVATを控除する資格があるかどうかについて疑問を抱くことがよくあります。そして、税務当局によって発行された解釈から、そうするための禁忌がないことは明らかです。

予測請求書からVATを差し引く可能性の確認の例は、ビドゴシュチュの税務署長の解釈です。 2014年4月28日のITPP2 / 443-154 / 14 / EK。その解釈では、当局はアートを指します。 86秒納税者がVATを控除する権利をいつ持つかを決定する法律の1。

アート86秒1
商品およびサービスが課税対象の活動を実行するために使用される範囲で、納税者は第2条で言及します。 15は、仮払消費税額だけ納税額を減額する権利を有します。

また、アートの内容も指します。 86秒10は納税者が控除できる期間を示します。彼はまた芸術を引用している。 86秒10bポイント1と記事。 86秒行為の10c。彼らによると、すなわち公益事業の場合、VATを控除する権利は、納税者が請求書を受け取った期間に発生します。当局は、Artで指定されているように、納税者がVATを控除する資格がない状況のカタログに予測請求書が示されていないことを強調しています。 88秒3a。

アート88秒3a
次の場合、請求書と通関書類は、仮払消費税を減額し、差額を還付する、または仮払消費税を還付する理由にはなりません。
  1. 販売は、請求書または修正請求書で文書化されています。
    1. 存在しないエンティティによって発行された、
    2. (廃止)
  2. 請求書に記載されている取引は課税対象外であるか、課税対象外です。
  3. (削除済み)
  4. 発行された請求書、修正請求書、または通関書類:
    1. 実行されていない州の活動-これらの活動に関する部分では、
    2. 誤った金額を提供する-金額が現実と矛盾する項目に関する部分では、
    3. アートの規定が適用される活動を確認します。民法の58および83-これらの活動に関する部分。
  5. 請求書、個別の規制に従って買い手が発行した修正請求書は、売り手によって受け入れられていません。
  6. (削除済み)
  7. 課税対象の活動に関連して税額が表示され、請求書に税額が表示されていない請求書が発行されました。これらの活動に関連する部分です。

解釈では、ビドゴシュチュの税務署長も芸術に言及しています。 19a段落。 1は、VATに基づく納税義務の発生の一般原則を定義します。その内容によると、納税義務は商品の配達時またはサービスの実施時に発生します。ここで段落5ポイント4点灯。法は、電力供給の場合の納税義務は請求書の発行時に発生することを示しています。ただし、エネルギー供給業者が請求書を発行しなかった場合、または発行が遅れた場合は、アートで指定された請求書の発行期限が満了したときに納税義務が発生します。 106i段落。 3および4、およびそのような制限時間が指定されていない場合-支払い期限の満了時。

重要!
エネルギー供給の請求書は、支払い期限までに発行されます。

上記の法規制に基づき、当局は、納税者は課税対象となる活動を行っているため、予測される電力請求書からVATを控除する権利があると述べており、その発行により、売り手が販売に課税義務を負っていることを証明しています。これは、VATの控除に必要な条件の1つです。

エネルギー請求書の予測-会社での予約

wfirma.plシステムの電気の請求書は、特別に作成された支出カテゴリ「ユーティリティおよび電気通信サービスのコスト」を使用して予約されます。

請求書は、支出»経費の追加»付加価値税の請求書»メディアおよび電気通信サービスのコストに従ってシステムに入力されます。この方法で正味金額で転記された請求書は、KPIRの列13と購入のVAT登録簿に送られます。