プロフォーマは商品の購入を記録するための基礎を構成しません

Webサイト

会社の文書の流通の中で、起業家はプロフォーマの請求書を見つけることがあります。これは通常、請求書の前にある予備的な商業文書です。このような文書は、経済イベントを税務台帳に記録するための基礎を構成するものではありません。この活動が配達が行われたのと同じ月に請求されない場合、プロフォーマは商品の購入を認識するための基礎となることができますか?記事で説明します。

プロフォーマインボイス-それは会計書類ですか?

収入と支出の税務台帳を§11秒で維持することに関する財務大臣の規制。 3は、KPiRに経済イベントを投稿するための基礎を構成する可能性のある文書を詳細にリストしています。この段落ではプロフォーマについて言及していないため、そのような文書をKPiRへのエントリの基礎にすることはできません。この立場は、財務省の国務次官によっても確認されており、財務省は、質問番号17615に応じて、次のことを示しています。 「プロフォーマインボイスと呼ばれるドキュメントは、会計バウチャーではありません。これは商取引で発行される文書であり、その目的は、例えば、オファーの提出または実行命令の受諾を確認することである可能性があります。このドキュメントをプロフォーマワードで明確にマークすることは、VAT規制の意味の範囲内で請求書の値を割り当てることができないことを意味します。このようなドキュメントを発行するエンティティは、それが請求書ではないことを明確に示しているためです。.

重要なことに、プロフォーマ文書は、請負業者が注文に対して(全部または一部)支払う機会があり、価格などの商品について購入者に通知する機会を持っている文書である可能性があります。特定の条件下での結論の可能性。

プロフォーマインボイスにはコマーシャルインボイスのほとんどの要素が含まれていますが、それは会計文書ではなく、KPiRの記録の対象ではありません。売り手による見積請求書の発行も買い手による受領も税務上の影響はないため、税務台帳に記録する理由はありません。

KPiRで商品の購入を決済するにはどうすればよいですか?

上記の§16セクション1で述べたように規則の中で、商品および基本的な材料の購入は、倉庫への転送/処理または販売の前までに、受領後すぐにKPiRに含める必要があります。この規則は、KPiRの費用を会計処理する方法(現金または見越)を使用する納税者に適用されます。

したがって、商品が売上請求書(プロフォーマインボイスではなく通常の売上請求書)と一緒に受け取られる場合、またはそれ以降、商品は発生日にKPiRに含まれる必要があります。支払い日は請求書の発行日です。

一方、納税者が請求書の前に商品を受け取り、請求書が1か月後に配達される場合、納税者は購入した商品の詳細な説明を作成する義務があります。 KPiRでの購入を認識するための基礎となるのは説明です。このドキュメントには次のものが含まれている必要があります。

  • 名前、名前(会社名)、配送先住所。

  • 購入した商品の数量(数)、種類、価格。

  • 商品の購入価値;

  • 商品を受け取った人の日付と署名。

請求書を受け取った後、請求書の値が準備された説明に含まれている値と矛盾していることが判明した場合、納税者はKPiRの違いを認識しますが、請求書の受領日の下にあります。

貿易財または基礎材料である商品の購入は、KPiRの10列目-貿易財および基礎材料の購入で報告する必要があります。

プロフォーマインボイス-商品の詳細な説明にすることはできますか?

上記のように、納税者が請求書なしで商品または基本的な材料を受け取った場合、購入は商品の詳細な説明に基づいてKPiRに表示されます。この場合、以前に受け取ったプロフォーマが示された説明を構成する場合があります。すべての要素が含まれていない場合、納税者は特定の文書にそれらを記入し、それに基づいてKPiRで購入を証明することができます。

要約すると、売上請求書は商品の購入を転記するための基礎となります。同時に、納税者が請求書を発行する前に商品または基本的な資料を受け取った場合、購入した商品の自己作成の説明に基づいて購入がKPiRに含まれます。これは、プロフォーマ(補足されている場合)である可能性があります。説明の要素が欠落している)。