大統領は署名した:隔離中の作業は許可された!

コサイス変更

残念ながら、ポーランドの現在の疫学的状況は改善されていません。ますます多くの人々が病気になり、それゆえ、ますます多くの人々が検疫または隔離に入る。しかし、すべての人がこの病気に苦しんでいるわけではありません。大勢の人々が無症状でSARS-CoV-2ウイルスに感染しており、彼らのほとんどはリモートで働く意志を宣言していますが、これが常に可能であるとは限りません。残念ながら、この点に関する規制は不明確でした。

従業員は、検疫または隔離されている間、報酬または疾病手当を受け取る権利があります。したがって、この期間の作業のパフォーマンスとは完全に反対です。規定の解釈に関する見解は、労働法の分野の専門家の間で大きく分かれていた。検疫での作業は許可されていましたが、これまでのところ、隔離して作業することは不可能でした。ただし、新しい規制により大幅な変更が導入されました。

合法的な隔離中に働く

大統領の首相が報告したように、2020年12月4日、アンジェイ・ドゥダ大統領は2020年11月27日の法律に署名し、COVID-19、その他の感染症および危機の予防、予防、および闘いに関連する特別な解決策に関する法律を改正しました。それらによって引き起こされる状況、および特定の他の行為。

この法律は、隔離中の作業を実行できるかどうかについての明確化を導入しています。あなたがリリースで読むことができるように:

「[...]エピデミックの脅威またはエピデミックの状態の宣言中に、雇用主または雇用主の同意を得て自宅で強制隔離された従業員およびその他の雇用者は、遠隔地で働くことを許可されました。契約で指定されているように、このアカウントで給与を受け取ります」.

無症候性の患者のための隔離中の作業

この発表はまた、規制の改正の正当性を提供しました。

「法案の説明覚書に記載されているように、採用された解決策は、無症候性または比較的軽度の病気を患っている自宅隔離下の人々が遠隔で働くことができ、したがって報酬を受け取る場合に適用されます。」.

要約すると、従業員が自宅隔離中に仕事をする意思と準備ができていることを表明し、雇用主が同意すれば、新しい規制に照らしてそれが可能になります。もちろん、仕事と隔離を組み合わせる場合、従業員は仕事に対する報酬を受け取る権利があり、報酬や病気の給付を受ける権利はありません。