会社の社会的利益基金からの贈り物、課税および寄付

サービス

失業率が低いため、雇用主は求職者を求めて努力し、次のようなより多くの福利厚生を提供しています。豊富なソーシャルパッケージ。このパッケージの一部として、従業員はしばしばクリスマスプレゼントを受け取ります。しかし、会社社会給付基金からの贈り物は課税と寄付の対象になりますか?その質問への答えを読んでください。

会社の社会的利益基金とは何ですか?

ZFŚS、つまり会社の社会的利益基金は、雇用主が別の銀行口座に集めた現金です。社会基金の目的は、その資格のある従業員に社会的支援を提供することです。その主な目標は、困難な財政状況にある人々を助けることです。

会社の社会的利益基金を設立する義務は、以下に適用されます。

  • 予算および地方自治体のすべての雇用者。
  • 特定の年の1月1日の時点で、少なくとも50人のフルタイム換算を雇用している他の雇用主。

会社の社会的利益基金の資金から何を賄うことができますか?

会社の社会的福利厚生基金の資金は、報酬規則または労働協約によって決定される償却から発生します。予算単位の場合、償却額は会社社会給付基金法に規定されています。

会社の社会的利益基金に関する法律(ZFŚS)は、社会的基金からの資金が何に使用されるかを規制しています。それらの中で私たちは言及することができます:

  • 従業員または彼の子供の休日の協調融資、
  • 現金手当。
  • 住宅ローン、
  • 保育園や幼稚園への融資、
  • スポーツとレクリエーションまたは文化的および教育的サービスの協調融資、
  • クリスマスの小包。

会社の社会的福利厚生基金からの贈り物と課税

従業員が雇用主から受け取ったホリデーパッケージを含むすべてのパッケージは、現物給付です。アートに準拠。 12秒個人所得税に関する1991年7月26日の法律の1(連結テキスト、2012年法律ジャーナル、項目361、改正、以下:PIT法)資金源に関係なく、現物給付またはそれに相当するものの金銭的価値、これらの支払いと手当は雇用関係からの収入であるため、課税対象となります。

ただし、社会基金から資金提供された給付は、以下の条件が満たされている場合、課税が免除される場合があります。

  • 福利厚生は従業員に移転され、
  • 現金または物的利益の性質を持っている(クーポン、バウチャー、およびサービスや商品と交換する資格を与えるその他の標識を除く)、
  • 利益は社会的活動の資金調達に関連しています、
  • この利益の資金源は完全に社会基金または労働組合基金からであり、資金源の一部が流動資産ではない場合もあります(PIT法第21条(1)(67))。

これらすべての条件が同時に満たされる場合、給付は課税年度に1,000PLNを超えない金額まで非課税になります。この金額を超えた場合、給付は課税対象となります。 従業員が複数の職場で雇用されており、複数の職場からそのような給付を受けている場合、各雇用主は免税の恩恵を受ける可能性があります。ただし、最大1,000ズウォティ-これは、従業員が使用するファンドの数に関係なく、免税の合計額です。

会社の社会的福利厚生基金からの贈り物と寄付

社会的目的のために社会基金から資金提供された給付は、社会保障および健康保険の拠出額の計算の基礎を構成しません(詳細については1998年12月18日の労働社会政策大臣の条例の§2(1)(19)退職給付および障害給付への拠出の評価の基礎を決定するための規則)。 ZFŚS基金から付与される給付の金額と形式に関係なく、これらの給付はZUSの拠出の対象ではありません。 社会基金からの給付を拠出から除外するためには、社会活動の範囲内で十分であり、会社社会給付基金法に従い、社会活動の範囲には、とりわけ、 、重要な支援-重要かつ財政的(会社の社会的利益基金に関する法律の第2条第1項-2012年法律ジャーナル、項目592、修正済み)。

重要なことに、会社の社会的福利厚生基金から雇用主が付与する福利厚生の額は、従業員の生活、家族、および物質的な状況に依存する必要があります(会社の社会的福利厚生基金に関する法律の第8条(1))。

全従業員とZUSへのクリスマスプレゼント

社会基金からは状況の程度を評価せずに給付を提供することはできないため、雇用主は、付与される給付の額を決定する際に、従業員の生活、家族、および物質的な状況を考慮することが重要です。このような状況で、雇用主は、たとえばパッケージの形で従業員に利益を提供したい場合、この目的のために運転資金を使用する必要があります。ただし、その場合、給付は拠出の対象となります。

ZUSは、状況を評価せずに、すべての従業員にZFŚSのメリットを同額提供することを拒否する場合があります。社会保険機関は、これらの給付を拠出賃金への拠出として認識する場合があります。 会社の社会的利益基金についてもっと読む:
ZFŚSと所得税-新しい法的規制
会社の社会的利益基金から資金提供された利益-あなたが知る必要があるすべて
社会的利益基金を設立しないことに関する情報-無料テンプレート

社会基金やクリスマスプレゼントはありません

会社の社会的福利厚生基金の欠如は、雇用主が従業員にクリスマスパッケージを与えることを妨げるものではありません。ただし、これらの利益は会社の流動資産からのみ資金を調達できるため、課税と拠出の対象となります。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

退職者および年金受給者のための会社社会給付基金からの贈り物

会社社会給付基金からの贈り物は、元従業員である年金受給者にも付与される場合があります。彼らの場合、これらの利益の課税と貢献には異なる規則が適用されます。

  • 免税とは、バウチャーを含む現金および現物での給付です。
  • 給付金は、非課税となるために、給付額が課税年度にPLN 2,280を超えない限り、社会基金と流動資産の両方から資金を調達することができます。
  • PLN 2,280を超える給付には10%の定額所得税が支払われます(個人所得税法第30条(1)(4))。
  • 老齢年金受給者または障害年金受給者が元従業員である場合(雇用主と雇用関係にない場合)、付与された給付は拠出されません。

請負業者への会社社会給付基金からの贈り物

請負業者の場合、彼らに与えられたサービスは、それが資金提供される手段に関係なく課税されます。

一方、請負業者の給付は、資金源が会社の社会的給付基金からの資金であり、必要な条件が満たされている限り、拠出の対象にはなりません。社会的基準。

バウチャーと課税および拠出金の資金源

 

資金源

会社の社会的利益基金からのすべての資金

会社の運転資金全体

一部は会社の社会的利益基金からの資金であり、一部は運転資金です

所得税

社員

はい

はい

はい

必須

はい

はい

はい

元従業員である年金受給者

いいえ

いいえ

いいえ

社会セキュリティへの貢献

社員

いいえ

はい

社会基金からの資金調達額-いいえ、流動資産からの資金調達額-はい

必須

いいえ

はい

社会基金からの資金調達額-いいえ、流動資産からの資金調達額-はい

元従業員である年金受給者

いいえ

いいえ

いいえ

小包と課税と寄付のための資金源

 

資金源

会社の社会的利益基金からのすべての資金

会社の運転資金全体

一部は会社の社会的利益基金からの資金であり、一部は運転資金です

所得税

社員

いいえ、最大380ズウォティ

はい

はい

必須

はい

はい

はい

元従業員である年金受給者

いいえ

いいえ

いいえ

社会セキュリティへの貢献

社員

いいえ

はい

社会基金からの資金調達額-いいえ、流動資産からの資金調達額-はい

必須

いいえ

はい

社会基金からの資金調達額-いいえ、流動資産からの資金調達額-はい

元従業員である年金受給者

いいえ

いいえ

いいえ

WFirma.plシステムとZFŚS支払い

wFirma.plシステムで利用可能な追加および控除オプションを使用すると、雇用契約に基づいて雇用されている人々の報酬コンポーネントを入力できます。また、会社の社会給付基金からの支払いを決済することもできます。会社の社会的利益基金からの支援に関する情報は、従業員»従業員»従業員の詳細(従業員の名前と名前をクリックして)»追加と控除»「その他の成分」を選択した後に追加します。

 

報酬のこのコンポーネントに任意のパラメータを設定できます。つまり、それらが課税と拠出の基礎を構成するかどうかを決定できます。この方法で入力された会社の社会的福利厚生基金からの贈答品に関する情報は、生成された給与に含まれます。