介入は機能します-それらは何であり、誰がそれらを組織することができますか?

サービス

介入作業は、雇用主と郡労働局の間で締結された合意の結果としての失業者の雇用形態です。それらは主に失業者が労働市場に戻るのを助けることを目的としています。

介入作業は誰を対象としていますか?

郡労働局に登録されている特定の失業者が介入作業に向けられるかどうかは、主に個々の行動計画と雇用局のカウンセラーと合意した具体的な支援プロファイルに依存します。労働市場で特別な状況にある人々は介入作業に向けられます。 アートによると。雇用促進および労働市場制度に関する法律の49:
「労働市場で特別な状況にある人は次のとおりです。
-30歳までの失業者。
-50歳以上の失業者。
-長期失業者;
-社会扶助給付を利用している失業者。
-6歳未満の子供が少なくとも1人、または18歳未満の障害児が少なくとも1人いる失業者。
-障害のある失業者;
-家族手当または特別介護手当の規定に基づいて介護手当または特別介護手当を受け取る障害者の保護者を除き、雇用されていない、または障害者の他の有益な仕事の保護者を実行していない求職者保護者のための手当の設定と支払いに関する規定に基づく介護者手当」。 さらに、介入作業のために郡労働局に登録されている失業者の雇用は、常に雇用契約に基づいています。

介入の組織に誰がどのように申請できますか?

介入作業の主催者は、当局の意見で、作業を適切に実行することができる任意の雇用者である可能性があります。これは、介入作業の組織を申請する雇用主が清算または破産することはできず、納税を滞納することもできないことを意味します。

介入作業を組織するために、雇用主は選択された郡労働局に申請書を提出する必要があります。申請書には、仕事に対する報酬、社会保障および健康保険の拠出金、労働基金、および保証された従業員給付基金の支払いを伴う延滞に関する文書を添付する必要があります。この件に関する決定は、申請書を提出してから30日以内に発行する必要があります。

雇用に関連する費用の払い戻し

介入作業のために郡労働局に登録されている失業者を雇用している雇用主は、雇用に関連するいくつかの費用の払い戻しを受けることができます。返済期間の長さとその金額は、介入作業の期間と雇用カテゴリーによって異なります。

起業家は、次の期間、労働局から失業者を雇用することに関連する費用の一部の払い戻しを頼りにすることができます。

-最長6か月

  • ポビアット労働局と合意した金額であるが、雇用状況(フルタイム労働に換算された月の従業員数)と最終日に適用される失業手当の金額の積である金額を超えてはならない。決済された各月の雇用と、返済された報酬に対する社会保障負担金。
  • ただし、郡労働局と合意した金額では、失業者ごとに返還された賃金からの労働および社会保障負担金の最低賃金の半分の金額を超えることはできません。

-最長12か月

  • 雇用に関連する費用を2か月ごとに、poviat労働局と合意した金額でカバーする払い戻しがありますが、失業者ごとに払い戻された報酬からの最低賃金と社会保障負担金の金額を超えることはできません。
  • ただし、雇用事務所の失業者を、poviat労働局と合意した金額でフルタイムで雇用する場合は、各決済月の最終日に適用される失業手当および返金による社会保障負担金の金額を超えることはできません。報酬。

-失業者をフルタイムで雇用することに関連する費用を、poviat労働局と合意した金額で、最大18か月間返金しますが、この報酬からの最低賃金と社会保障負担金を超えることはできません。

-50歳以上の人を緊急作業に雇用する場合は最長24か月。

-50歳以上の人を緊急作業に雇用する場合は最長4年で、雇用の2か月ごとに払い戻しが行われます。

雇用主は、労働局との契約で指定された期間、賃金および社会保障負担金の返済が終了した後、介入作業に紹介された失業者の雇用を継続する義務があります。契約のこの条件に従わない場合、受け取ったすべての援助を利子付きで返還する必要があります。 払い戻しは次の金額で行われます。

  • 退職前給付の権利を取得するための条件を満たす失業者の雇用の場合、この報酬からの仕事および社会保障負担金の最低報酬の80%。

  • 退職前給付を取得するための条件を満たさない失業者の雇用の場合、この報酬からの仕事および社会保障負担金の最低報酬の50%。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

介入作業のための失業者の雇用に関連する義務

介入作業の組織の承認を得た後、雇用主は、とりわけ、雇用されている失業者の数、介入作業の種類と期間、および払い戻しの金額を指定する、郡労働局との契約を締結します。緊急作業に雇用されている人は、通常の雇用契約に基づいて雇用されている労働者と同じ権利を持っています。これは、彼らが年次有給休暇を取得し、仕事ができない場合には病欠を取得する権利があることを意味します。介入作業の契約は、重大な従業員の侵害が発生した場合にのみ雇用主が終了することができます。従業員の過失により雇用契約が終了した場合、紹介された失業者は、償還期間中または契約で指定された終了後の期間に契約を終了し、雇用事務所は別の失業者を彼の立場に紹介するものとします。