冬季に働く-雇用主の義務

サービス

冬には、雇用主は追加の健康と安全の義務を負います。外気温が低いため、雇用主は作業室の適切な温度を確保し、部屋の外を暖房するための装置を提供し、個人用保護具、食事、予防飲料を提供する必要があります。冬の仕事で雇用主に課せられる義務を確認してください!

作業室の温度

作業室とその設備は、従業員に安全で衛生的な労働条件を提供する必要があります。冬には、その中で使用される方法とそれに加えられる物理的な努力を考慮に入れて、特定の仕事を実行するために必要な適切な温度を保証することが重要です。

作業室の温度は14°C(287 K)以上である必要があります。例外は、技術的な理由で許可されていない場合です。ただし、軽い肉体労働が行われる部屋やオフィスでは、温度が18°C(291 K)を下回ってはなりません。これは、労働安全衛生に関する一般規定に関する1997年9月26日の労働社会政策大臣規則の§30に記載されています-以下、「b.h.p。

オープンスペースで作業を行う従業員は、低温だけでなく、雨、雪、風にもさらされます。したがって、雇用主は、困難な気象条件に関連するリスクから保護されるようにワークステーションを編成する義務があります。

雇用主は、オープンスペースで働く従業員にウォームアップできる部屋を提供する義務があります。それらは職場の近くに配置され、降水や低温からの避難所を提供し、着替えを可能にし、食事を加熱するための装置を備えていなければなりません。そのような部屋で提供される最低温度は16°Cでなければなりません。最も多くのシフトの従業員ごとに、少なくとも0.1 m2のスペースが必要であり、部屋の総面積は8m2以上である必要があります。戸外で行われる作業の種類により、冬に指定された部屋を提供できない場合、従業員は防火要件を維持しながら、作業の近くに適切に装備された熱源を提供する必要があります- §44、付録。 No. 3 r.b.h.p.

例1。

雇用主は従業員をウォームアップして温かい食事を食べることができる場所に連れて行くことができますか?

いいえ、立法者は付録の§44の規定で明確に示しています。 3 r.b.h.p.加熱する場所は、職場の近くに配置する必要があります。従業員は、個々のニーズに応じてそれらを使用できる必要があります。 2010年7月7日のビドゴシュチュの地方行政裁判所の判決、II SA / Bd 527/10、www.orzeczenia-nsa.pl
(…)「職場の近く」という表現は、特定のタスクの分割により、労働者が繰り返し活動を行うスペースの近くに、労働者が降水から保護し、保温し、着替えることができる部屋を配置する命令を意味します。ユニット。したがって、降水、暖機、着替えから身を守ることができる部屋の機能は、各従業員がリスクを冒すことなく、自分で到達できる部屋によってのみ実現できます。降水は彼を「濡らす」だけでなく、「彼を濡らす」-それは彼を健康への影響にさらすか、彼が服を着替えるために仕事をやめることを要求するだろう」.

冬に働く-食事と予防飲料

冬季には、予防上の理由で必要な場合、雇用主は従業員に適切な食事と飲み物を無料で提供する義務があります。これらの食事と飲み物の種類とそれらが満たすべき要件、およびそれらの調剤の事例と条件は、予防的な食事と飲み物に関する1996年5月28日の閣僚評議会の規則で指定されています-以下、

周囲温度が10°C未満の場合、雇用主は常に屋外で働く従業員にホットドリンクを提供する義務があります。冬の外で行われる仕事はまたあなたに予防的な食事の資格を与えます。

上記の条件では、冬の間、これらの活動は身体的努力とも関連している必要があり、その結果、作業シフト中に男性で1500 kcal以上、女性で1000kcal以上の生物の有効エネルギー消費が発生します。 冬期は11月1日から3月31日までとみなされます。 食事には、約50〜55%の炭水化物、30〜35%の脂肪、15%のタンパク質が含まれ、カロリー値は約1000kcalである必要があります。飲料の場合、立法者はその含有量や発熱量を指定しませんでした。

従業員が予防的な食事や飲み物を受け取るべき職場、およびそれらの配布に関する詳細な規則は、常に会社の労働組合と協議して雇用主によって決定されます。工場内にそのような組織がない場合、雇用主は従業員の代表者の意見を得てこれらの規則を決定します。

食事や飲み物は、合理的な就業日に従業員に発行されます。食事は、通常3〜4時間の作業の後、通常の休憩中に提供する必要があります。一方、雇用主はシフト全体を通して、従業員のニーズを完全に満たす量のホットドリンクを提供する必要があります。 従業員は、予防的な食事や飲み物に相当する現金を受け取る権利がありません。

防護服

従業員が低温や雨や風などの健康に有害で有害な要因がある状況で、特に屋外で行われる作業中に作業を行う場合、雇用主は個人的な保護措置を講じる義務があります(第2376条)。 §1kp)。

ただし、作業服と履物を用意する必要があります。

  1. 従業員自身の衣服が損傷したり、著しく汚れたりする可能性がある場合、

  2. 技術的、衛生的、または職業上の健康と安全の要件によるものです(労働法第2377条第1項)。

雇用主は、特定の職場での使用を目的とした個人用保護具、衣類、履物なしで従業員が働くことを許可しない場合があります。 雇用主が提供する個人用保護具は、別の規制で指定されている適合性評価要件を満たしている必要があります。まず第一に、彼らは「CE」マークと適合宣言を付けるべきです。一方、作業服と履物はポーランドの基準に準拠する必要があります。

使用が必要な個人用保護具および作業服および履物の種類を決定すること、ならびに作業服および履物の予想される使用期間を決定することは雇用主の義務です(労働法第2378条第1項)。 )。屋外作業の場合、低温で、雇用主は保護服、ヘッドギア、および上肢と下肢を保護する手段を提供する必要があります(付録No.2r.b.h.p.)。

これらの活動の前に、そこで発生するすべての職業上の危険を分析するために、特定の職場での職業上のリスク評価を行う必要があります。

個人用保護具、衣類、履物の割り当て、洗濯、保守に関する規則は、労働規則またはその他の内部法、たとえば条例で指定する必要があります。この文書は、従業員の代表者と相談する必要があります(労働法第23711a条第1項第4項)。 雇用主は、自分で洗濯をすることができない場合、従業員に衣服を洗うのと同等の賃金を支払うことができます。 同等のものは、とりわけ、などの実際の洗浄コストを考慮に入れる必要があります。エネルギー、水、洗剤の現在のコスト。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

概要

雇用主は、労働災害や職業病、その他の労働環境の状態に関連する病気を引き起こす可能性のある脅威から従業員を可能な限り効果的に保護するように職場を組織する義務があります。

オープンスペースで作業を行い、低温だけでなく雨、雪、風にさらされる従業員の場合、雇用主は彼らに暖まるのに十分な部屋を提供し、個人用保護具、食事を提供する必要がありますと予防ドリンク。戸外で行われる作業の種類により、冬に暖房用の部屋を提供できない場合、雇用主は職場の近くに適切に装備された熱源を提供する必要があります。