海外から受け取ったローン-ポーランドでは課税されますか?

サービス税

ローン契約は、納税者が締結する最も人気のある契約の1つです。大陸法取引に対する課税の対象となります。一方、説明すべき興味深い問題は、海外から受け取ったローンの税務状況を判断し、このタイプの契約が民法取引に対してポーランドの税で課税されるかどうかを判断することかもしれません。これについては、この記事で説明します。

ローンとPCC税

アートに準拠。 1節1ポイント1点灯。 b)PCC法では、課税対象のローンは、種に関してのみマークされた金銭または商品ローン契約の対象となります。一方、アートに準拠。法の4ポイント7、税金を支払う義務は借り手(借り手)にあります。

さらに、大陸法取引に対する税法は、その適用の領域範囲も定義しています。まあ、アートに従って。 1節法第4条では、その主題が次の場合、大陸法取引は課税対象となります。

  1. ポーランド共和国の領土にあるもの、またはポーランド共和国の領土で行使された財産権。
  2. 購入者がポーランド共和国の領土内に居住地または座席を持ち、民法取引がポーランド共和国の領土で行われた場合、海外に所在するものまたは海外で行使される財産権。

上記の規定のポイント2を分析すると、次の3つの要素が満たされている場合、ポーランドでは外国ローンが課税対象であると結論付けることができます。

  • ローンの対象となるアイテムは海外にあります。
  • 借り手はポーランドに居住しています。
  • 契約はポーランドの領土で締結されました。

この時点で、2010年12月9日の判決でポズナンの地方行政裁判所によって提示された説明、III SA / Po463 / 10を参照する価値があります。

「アートで。民法の720とアート。 1節4ポイント1u.p.c.c.お金は財産権としてではなく、お金のスタンプや物として扱われ、その行使は納税者の口座へのお金の影響になります。

以上のことから、お金とは、外国人からの融資の場合、外国の銀行にあるか、外国人が自由に使えるものです。 外国人からの融資の場合、現金は海外にあるとみなされます。 したがって、借り手がポーランドに居住していると仮定すると、分析されたケースでは、ポーランドで外国ローンに課税するための3つの条件のうちの2つが満たされていることがわかります。したがって、どこで契約を締結するかという問題はまだ検討されていません。

海外からの融資と契約締結場所

重要な問題は、契約が締結された場所であることが判明しました。契約を締結する最も一般的な形式は、電子通信手段(電子メールなど)によってその内容を借り手に送信することです。その後、借り手は貸し手に契約の署名付きスキャンを送信します。

ただし、この点については、民法取引税法の規定ではなく、民法の内容を分析します。アートに準拠。民法の61§2では、電子形式で表現された意図の宣言は、その人がその内容を読むことができるように電子通信の手段に入るときに他の人に提出されます。ただし、アートに準拠。民法の70§2、疑わしい場合、契約は、申し出を提出した人がその受諾の宣言を受け取った場所で、そして申請者の受諾の宣言へのアクセスが必要とされない場合、またはオファーは電子形式で提出されます-居住地または契約締結時にオファーを提出する登録事務所で。

結果として、当事者間の契約が電子形式で締結される外国ローンの場合、その締結場所は貸し手の居住地になります。 民法の規定により、電子形式の契約は入札者の居住国、すなわち貸し手で締結されているとみなされます。 上記の状況は、アートで指定された最後の条件を意味します。 1節PCC法の4ポイント2では、契約はポーランド共和国の領土で締結されていません。つまり、海外から受け取ったローンはPCCによる課税の対象ではありません。

提示された位置は、とりわけ、によって確認されました2013年10月31日の解釈におけるポズナンの税務署長、番号ILPB2 / 436-202 / 13-2MK:

申請書に記載されている状況は、申請者が日本人からのローン契約を締結するオプションを持っていることを示しています。貸し手は借り手に電子メールでローンの申し出を送ります。以上のことから、予定されているローン契約は、電子通信手段、具体的には電子メールを介して締結されます。契約書に物理的に署名し、それを郵送で貸し手に送ることは、当事者間の交渉の二次的なものであり、証拠となる性質のものです。

上記の規定に従い、電子形式の申請書に記載されているローン契約の締結場所を決定する基準は、契約締結時の入札者の居住地または登録事務所です。したがって、当面の場合、ローン契約の締結(締結)場所は日本となります。

上記の問題を例を挙げて説明しましょう。

例1。

ポーランド在住の人はドイツ在住の人から融資を受けます。貸し手に属する資金は、ポーランドの銀行の銀行口座にあります。この場合、Artに準拠します。 1節PCC法の4ポイント1、そのようなローン契約はPCC課税の対象となります。

例2。

ポーランド在住の人はドイツ在住の人から融資を受けます。貸し手に属する資金は、ドイツの銀行の銀行口座にあります。契約は、貸し手がポーランドを訪問する際にポーランドで署名されます。この場合、契約がどこで締結されるかを決定することが重要になります。契約の締結場所がポーランドであるという事実により、ローン契約はPCC税の対象となります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例3。

ポーランド在住の人はドイツ在住の人から融資を受けます。貸し手に属する資金は、ドイツの銀行の銀行口座にあります。契約は電子的に締結されます。この場合、契約がどこで締結されるかを決定することが重要になります。アートによると、契約の締結場所がドイツであるという事実のため。 1節PCC法の4ポイント2、ローン契約はPCC税の対象ではありません。 資金が海外にあり、契約がポーランド共和国の領土外で締結された場合、外国ローンはPCC税の対象にはなりません。電子的に署名された契約の場合、契約の締結場所は貸し手の居住地の国であると想定されます。 記事を要約すると、外国ローン契約の締結時にそのお金がポーランド共和国の領土にある場合、PCCの分野で税金の義務があることを示すことができます。その場合、契約がどこで締結され、契約の当事者、特に借り手がどこに居住地(座席)を持っているかは問題ではありません。状況が異なる場合

「ローンの対象となるお金は、ローンの開始時に海外にあります。この場合、重要なのはローン契約の締結場所を決定することです。」