VAT法に照らした外国企業からのローンまたはクレジット

サービス税

起業家は事業活動の過程で、さまざまな資金源を利用します。エクイティは新規事業にとって十分ではないため、研究の方向性は外資に傾いています。金利の上昇と常に厳しい信用条件により、事業を営む人々は外国の信用商品を手に入れるようになります。この時点で、外国の事業体から受け取ったローンまたはクレジットがどのように課税されるかについて疑問が生じます。

ローンとローンの違い

ローンとは、一定の期間内に、相互に合意した所定の条件でローンまたはクレジットを付与することからなる事業活動を行う自然人または団体が、一定額のオブジェクトまたは金融商品を借り手が自由に使えるようにするプロセスです。両当事者によって受け入れられ、契約で合意された目的を目的としています。

ローンは、順番に、所定の目的と期間のために両当事者によって合意された金額を提供するために、それを付与する会社である機関のコミットメントです。その後、借り手は、ローンの使用目的を構成する活動を行い、受け取った金額の返済と、手数料および利息の形でローンを付与した機関または企業による報酬を受け取ります。

ローンまたはクレジットと税金の収入を受け取る

アートに準拠しているため、ローンやクレジットカードを受け取った起業家は、この取引に所得税を課す必要があることを心配する必要はありません。 14秒PIT法の3では、経済活動からの収入には、とりわけ、次の報告期間に実行される商品およびサービスの供給のために回収された支払いまたは未収債権、ならびにこれらのローンの資本化された利息(クレジット)を除く、現物で決済されたものを含む受領または返済されたローン(クレジット) )。

外国企業からのローンまたはクレジットとVAT

ローンやクレジットの付与を専門とする外国の事業体からローンやクレジットを購入する場合、当社はその事業体が提供するサービスを利用します。外国の事業体から受け取ったローンまたはクレジットは、ポーランドの起業家のためのサービスの輸入を構成します(VATが免除されているかどうかに関係なく)。ポーランドに登録事務所または常設の事業所があり、アートで規定されているように、ポーランドに議席または恒久的な事業所を持たない外国の事業体からローンまたはクレジットを受け取る。 17VAT法のセクション1ポイント4。

アートに準拠。 VAT法の28bでは、説明されているケースでは、ポーランドの起業家にサービスを提供する場所はポーランドの起業家が登録事務所または常設の場所を持っている国であるため、ローンまたはクレジットの課税はポーランドで行われます。ビジネスまたは永住権の。

順番に、芸術によると。 19a段落。 5ポイント1e、ローンサービスの提供の場合、納税の全部または一部を受領した時点で納税義務が発生します。ポーランドの起業家は、外国企業がいつ個別のローンまたは分割払いを受け取るかを正確に知らないため、受け取ったローンにVATを課税する義務は、外国企業の銀行口座に分割払いを支払うときに発生すると想定されます。

付加価値税の納税義務と民法取引に対する税金

もう1つの重要な問題は、外国企業から受け取ったローンまたはクレジットに、以下PCCと呼ばれる大陸法取引に対する税金を課す可能性です。原則として、ローン契約がVATの対象となる場合、PCCの対象とはならず、その逆も同様です。

この立場は、2011年7月13日のポズナンの税務署長の個別の解釈に含まれています。 ILPB2 / 436-79 / 11-2 / MK。

アートに準拠。 1節PCC法の4では、その主題が次の場合、大陸法取引はPCC税による課税の対象となります。

  1. ポーランド共和国の領土にあるもの、またはポーランド共和国の領土で行使された財産権、

  2. 購入者がポーランド共和国の領土内に居住地または座席を持ち、民法取引がポーランド共和国の領土で行われた場合、海外に所在するものまたは海外で行使される財産権。

ローンを組むとき、またはローンを組むときは、次のことを自問してください。

  1. ローンが国内または海外で付与されるかどうか、

  2. 外国の請負業者によるローンまたはクレジットの付与行為がVATの対象となるか、または少なくとも一方の当事者がこの活動に対してVATを免除されるかどうか。

たとえば、貸し手と借り手の間の契約が国外で署名され、その締結日にお金が外国の銀行口座に預け入れられる場合、起業家はPCCとのこの取引に課税する必要はありません。

別の例としては、ポーランドでローン契約の署名が行われ、契約締結日のお金がポーランドの銀行口座に預け入れられた場合、起業家はPCCとの取引に課税する必要があります。

上記の確認は、カトヴィツェの税務署長の2015年8月24日の個別の解釈です。 IBPB-2-1 / 4514-59 / 15 / MD。

VATの対象となる免税および受け取ったクレジットまたはローンの決済

付加価値税を免除されている事業体であり、外国の事業体からのローンまたはクレジットを使用しているポーランドの起業家は、サービスの輸入として受け取ったローンまたはクレジットを認識する義務があります。したがって、彼はこの取引でVATを決済する必要があります。彼が従うVATの免除の。

この場合、VATを控除できないため、ポーランドの会社は、特定のサービスの課税月(分割払いの月)の翌月の25日までにVATを支払う義務があります。主観的なVAT免除の恩恵を受けているポーランドの事業体は、VATの支払いと同時に、ローンまたはクレジット購入サービスの輸入に関するVAT-9M申告書に記入して提出する必要があります。

その他の場合、ポーランドの起業家がアクティブなVAT納税者である場合、VAT-7(月次)またはVAT-7K(四半期)の申告の分割払いが考慮されます。

VAT法に照らして売上高を構成し、ローンサービスの報酬でもあるため、特定の決済期間に支払われるべき利息の金額のみがVAT申告書に含まれる必要があることに注意してください。

上記の立場は、カトヴィツェの税務署長の2015年7月23日の個別解釈に含まれています。 IBPP4 / 4512-190 / 15 / PK。

外国企業からのローンまたはクレジットと源泉徴収税

外国の事業体からローンやクレジットを受け取る状況では、借り手の領域で発生する、外国のカウンターパーティが利息の形で収入を得るために、源泉徴収の状況がしばしばあります。

アートに準拠。 29秒VAT法の1、ポーランドの領土に居住地を持たず、同時にその領土で収入を得ている人は、この収入の20%の一時金の金額で彼らに課税する必要があります。税金は、ポーランドの税務署に支払う借り手によって徴収されます。

ただし、上記に加えて、二重課税の回避について貸し手の国と締結した国際協定が適用されるため、それぞれの状況を個別に検討する必要があることに注意する必要があります。貸し手がいわゆるを持っているという事実その活動の課税による重要な利益の主要な中心を指定する居住証明書。