その他の運用コスト-知っておく価値があります

Webサイト

活動の一環として発生する費用は、基本活動に関連する運営費、その他の運営費および財務費用に分けることができ、これらは会計法によって詳細に規制されています。他の運用コストの決済方法を確認してください!

その他の運用コスト

その他の営業費用は、事業活動の基本的な範囲とは関係がないため、実施する事業活動とは直接関係のない費用です。ほとんどの場合、それらは行われた決定の結果として発生し、多様です。その他の営業費用は、会社勘定科目表のチーム7の勘定、より具体的には勘定761-その他の営業費用に転記されます。報告期間の終わりに、納税者はそのような費用をチーム8「財務結果」の勘定に振り替える義務があります。

運用コストには何が含まれますか?

会計法第3条(1)(32)に従い、その他の営業費用は、事業体の営業活動に間接的に関連する費用、特に以下に関連する費用です。

  • 社会活動、
  • 固定資産、建設中の固定資産、無形資産、ならびに投資として分類された不動産および無形資産の売却、
  • 投資として分類された不動産および無形資産の維持、およびこれらの投資の価値の更新、固定資産および無形資産からの再分類(他に決定された市場価格または公正価値が投資評価に使用された場合)、
  • 期限切れ、キャンセル、回収不能な債権の償却(費用を負担しない公法上の債権を除く)、
  • 財務業務に関連する条項を除く、条項の作成およびリリース、
  • 資産の価値の評価減とその調整(財務費用に請求される評価減を除く)、
  • 損害賠償および罰則、
  • 販売価格、固定資産の購入または生産、建設中の固定資産、または無形資産に追加することを目的としていない現金を含む、無料の資産の譲渡(寄付にも適用されます)。
  • ランダムなイベント。

その他の営業費用の例としては、売却または寄付された固定資産の価値、非金融資産の再評価、納税者が支払った損害と罰金、または没収された預金と入札債券があります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

その他の営業費用および損益計算書

損益計算書は、財務諸表の基本要素の1つです。とりわけ、どのタイプの個人活動が最大の利益をもたらすかを示しています。損益計算書における他の運用コストの正確な場所は、そのバリアント(スプレッドシートまたは比較)によって異なります。損益計算書の選択されたバリアントによると、他の運用コストは部分的に認識されます。G-マルチステップバリアントまたはE-比較バリアント。

対照的に、両方のバリアントのサブグループは次のとおりです。

  1. 非金融固定資産の売却による損失-損失は、固定資産などの非金融固定資産の取得または生産に関連する費用が、売却による収入を超えていることです。
  2. 非金融資産の再評価-固定資産(固定資産および無形資産など)、在庫(材料、商品)の恒久的な減損、または債権(分類された債権を除く)の減損により、特定の会計年度に再評価の償却が行われます。金融資産として))。減損は、たとえば、技術の変化により資産が将来期待される経済的利益をもたらさない場合に発生する可能性があります。
  3. その他の運用コスト-これらは、損益計算書の他の項目に表示される資格がないコストであり、とりわけ、
  • 交通事故修理の費用、
  • 書き留められていない期限切れの回収不能な売掛金、
  • 訴訟手続きに関連する費用、
  • 他の事業体に寄付された有形固定資産および流動資産の価値。

運用コストとその他の運用コスト

実施された活動の一部として発生する費用は、種類ごとに、運営費、財務費用、またはその他の運営費である可能性があります。運用コストとその他のコストの主な違いは、前者は商品の販売などのユニットのコアアクティビティに関連しているのに対し、その他の運用コストはアクティビティの一部として発生しますが、他の運用領域に関連していることです。全体の全体にもっと。ここでは、特に、販売された商品と材料の価値、エネルギーとレンタルのコスト、固定資産の減価償却、給与、従業員の福利厚生を区別できます。コストの正しい配分は、損益計算書の正確さと財務結果の計算に影響します。