会社での火災-税務上の影響

Webサイト

起業家が事業を営む際に異常な状況に直面することがよくあります。それらの1つは、火災、資産(商品、固定資産)の破壊であり、その影響も税務上の影響を及ぼします。火災が会社にどのような影響を与えるかを確認してください!

会社の費用で破壊された商品

原則として、収入の達成または収入源の保存または保護に影響を与える費用のみが税金費用となります。また、税控除対象費用として分類できない費用のカタログに費用を含めることはできません。したがって、税控除の対象となる費用はすべて、実施された活動に関連する合理的に正当化された費用であり、その目的は収入源を達成、確保、維持することであると想定する必要があります。ただし、税控除の対象となる費用を決定する場合、法に明確に示されている場合を除き、それぞれの場合において、歳入との直接的な関係および歳入を達成するための行動の合理性の観点から個別の評価が必要です。

火災による商品の損失の場合、それらが収入を生み出すことを目的としているとは言い難い。ただし、それらは実施される全体的な活動に関連しています。したがって、原則として、それらはコストになる可能性があります。

ただし、会社の火災が納税者の過失ではなかったかどうか、つまり過失または規制違反の結果であるかどうかを常に評価する必要があります。火災による損失は、予測不可能で避けられないイベントとして理解されているランダムなイベントの結果である必要があります。これは、固定資産および流動資産の損失は、資産が担保されていない、または不適切に担保されていることが証明された場合、税控除の対象と見なすことができないためです。

このような立場は、2012年3月2日の個別判決でポズナンの税務署長によって確認されました。 ILPB3 / 423-553 / 11-4 / EK、ここで読むことができます:

(…) 流動資産の損失は、税控除の対象となる費用から事前に除外する必要があること。これは、原則として、実施された活動に関連するこれらの損失は、税控除の対象となる費用として認識される可能性があることを意味します。ただし、各事件およびそのような各経済的出来事は、調査中の事件の事実を考慮に入れて、特定の事件として個別に検討および評価されるべきである。副作用として、事業活動の過程で生じる損失は、税法案で無視することはできません。流動資産の損失は、納税者が行った全体的な活動の観点から評価する必要があります。

原則として、商品、材料、包装などの流動資産の購入にかかる費用は、収益を生み出すことを目的としています。したがって、納税者の​​通常の合理的な運用の過程で発生するこれらの流動資産の損失(適切に文書化された自然損失など)およびランダムなイベント(火災など)に起因する損失は、税控除の対象となる費用と見なす場合、税勘定に含める必要があります。 、確立された法規範の観点から (…).

重要なことに、損失が適切に文書化されている場合、列10に含まれている失われた商品の価値は、収益と費用の帳簿の列13に転送する必要があります。このように、これらの商品の価値は、課税年度末に作成された在庫の価値を増加させることはなく、その結果、非農業事業活動の税控除可能な費用を構成します。

会社の火災-固定資産の損失

アートに準拠。 23秒PIT法の1ポイント5では、減価償却費でカバーされなかった損失の部分は、税控除の対象となる費用に含まれる場合があります。これらの規定で言及されている減価償却の償却は、税控除の対象とならないものを含め、行われた償却の全体として理解されるべきです。

また、アートに準拠。 23秒PIT法の1ポイント6では、完全に償還されていない固定資産の清算に起因する損失は、これらの資産が活動の種類の変更により経済的有用性を失った場合、税控除の対象とは見なされません。

結果として、完全に減価償却されていない固定資産の清算が、活動の種類の変更以外の理由でその経済的有用性の喪失に起因し、納税者に起因しない場合、結果として生じる損失は、税金がかかります。

収入を得るための費用はまた、その破壊に起因する固定資産の清算であり、その結果、それはその経済的有用性を失うであろう。

このような立場は、2013年8月29日の個別判決でビドゴシュチュの税務署長によって確認されました。 ITPB1 / 415-720b / 13 / PSZ、ここで読むことができます:

(…) 実際、建物の破壊が偶発的な出来事の結果であり、主が火災からの保護に十分な注意を払った場合、非農業事業活動を税控除の対象となる条件として含めるための条件、上記に起因する損失-言及された失われた固定資産(建物)の初期値から減価償却費を差し引いた金額に対応する金額まで起動します。 (...)

税控除可能な費用として分類される損失は違いです:

  • 初期値と

  • 未払減価償却費(費用を構成し、税控除可能な費用を構成しない)。