VAT免税に戻る-状況に応じたケース

サービス税

低所得の納税者だけでなく、請負業者との協力の一環として、VATの控除を可能にする請求書を発行する義務がない納税者は、主観的なVAT免除を使用する用意があります。商品やサービスの販売。ただし、これらの納税者の売上高が増加し、アクティブなVAT納税者になることが義務付けられる場合があります。納税者が今後数年間でVAT免税に戻る可能性があると考えた場合、少なくとも一部の納税者はこの機会を利用します。また、通常、返品の状況は重要であることも強調しておく必要があります。

後期VAT登録申請

2016年、事業活動を行っている納税者は、売上高の上限である150,000ズウォティを超えました。これは、個人のVAT免税を失ったことを意味します。残念ながら、彼は2016年にVAT申請書を適時に提出せず、2018年にのみ提出しました。日付は2016年から遡及し、更新申請書は2017年1月からVATを免除されます。納税者は規則を誤って解釈し、200,000ズウォティの売上高制限を超えなければ免税を失うことはないと信じていました。

アートに準拠。 96秒VAT法第5条では、事業活動を行う納税者がVAT免税を失うか、辞任した場合、VAT-R登録申請書を提出する義務があります。

  1. VATが免除されていない商品またはサービスの商品またはサービスの最初の販売日の前に、

  2. 納税者がVAT免税の権利を失う日の前に、

  3. 納税者が免税を辞任する月の初めの前に、この免税を辞任した場合、

  4. 最初に実行されたアクティビティの免除を辞任した場合のVATの対象となる最初のアクティビティの実行日の前。

一方、現役納税者のVAT免税への復帰に関するVAT-R通知を更新する場合は、上記の居住地があるため、管轄税務署に提出する必要があります。この免除が選択されたアプリケーション。ただし、7日以内に提出した場合でも、納税者が上記の義務を適時に履行しなかったとしても、免税を選択する権利を納税者から奪うことはありません。したがって、納税者は、2017年1月1日からのVAT免除を利用する権利があります。これは、納税者が200,000 PLNの回転制限を超えなかったためです(150,000 PLNを超えたにもかかわらず)。ただし、立法者は、VATに依存することを再免除する権利の通知を提出する日付を作成しません。

免税の権利の辞任または喪失およびVAT免税の再適用

上記の状況は、免税の権利を失った、またはこの権利を辞任した納税者は、イベントが発生した年の終わりから1年以内に、それを再び使用できるという情報で補足する必要があります(対象となる活動を除く)免税の恩恵を受ける可能性なしに最初からVATによって)。アートに準拠。 VAT法第113条では、次の場合に課税年度中にVAT免税に戻ることができます。

  1. 前の税年度では、売上高はPLN200,000を超えませんでした。

  2. 納税者が免税の権利を失った、または免税を辞任した年の終わりから1年が経過しました。

  3. 納税者は、規定の開始からVAT免税から除外される活動を実行しません。

-VAT免税への復帰は、特定の月の初めから行われる場合があります。

VAT免税に戻り、賃貸の対象となる不動産のVATを修正する必要がある

アクティブなVAT納税者は、自分の建物を借りて教育サービスを提供します。納税者は混合販売を行います。つまり、課税と免除です。彼が借りている不動産の中で、彼と彼の配偶者によって1つの建物(2001年に使用された)が建てられましたが、彼の家賃からの収入は納税者からの収入だけです。配偶者は自分の活動のために部屋を借りるだけです。 2番目の建物は、私の祖父母から継承された住宅用建物(1991年に相続で取得)であり、発注書によれば、4つの別々の建物で100%のシェアを構成し、建物の未割り当ての住宅部分で50%のシェアを構成します。地下室、屋根裏部屋、階段、檻など。納税者は2010年から2016年にこの建物に多額の費用を費やしました。

納税者は、原則として2番目の物件を民間賃貸として賃貸し、フラットタックスの対象となる活動に含めました。両方の建物は減価償却されますが、後者は初期値を決定するのが難しいため、簡略化された方法に従って減価償却されます。一方、最初の建物は、初期値の増加を構成する多額の支出を必要としませんでした。

納税者は、上記の状況において、2018年1月からVAT免除に戻った場合、最初の建物の建設のための支出を文書化した請求書からVATの金額を修正する義務があるかどうか疑問に思います。 2番目の建物に関連する建設費。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

この状況では、VATに関する資産の目的が混合販売からVAT免除に変更されると、納税者は以前に控除されたVATを修正する必要があります。付加価値税を控除する権利を持っていた納税者が、突然、目的地の状況が変わった場合(付加価値税の免除を利用して)、付加価値税を修正する必要があります。アートに準拠。 91段落。減価償却の対象となる商品、サービス、無形資産の場合のVAT法の2、ならびに固定資産または納税者の無形資産として分類された土地に対する永久的な使用権(初期価値のある固定資産を考慮しない) PLN 15,000を超えない場合、調整VATは今後5年間、不動産および土地の永続的な使用権の場合は、使用された年から10年以内に支払われます。

最初の文で言及されている場合の年次調整は5分の1に適用され、不動産および土地の永久用益権の場合は、取得または生産に対する仮払消費税額の10分の1に適用されます。初期値が15,000PLNを超えない固定資産および無形資産の場合、パラグラフの規定1は、調整が使用された年の終わりの後に行われることを除いて、必要な変更を加えて適用されるものとします。

提示された状況では、納税者の​​VAT免税への返還に関連して:

  1. 1号館については、建設から試運転まで10年以上経過しているため、製造にかかる費用を記載した請求書からの入力VATの修正の対象にはなりません。

  2. 2号館に関連して、納税者は、その改善と改修のために発生した支出を文書化した請求書のために、VATの修正を行う義務もありません。

2番目の点では、上記のことを強調する必要があります固定資産は、改善されたと見なすための条件を満たしています。つまり、次のとおりです。

  1. 特定の課税年度に再建、拡張、再建、適応、または近代化のために発生した費用の合計が10,000 PLNを超え、

  2. これらの費用は、特に使用期間、生産能力、改善された固定資産の助けを借りて得られた製品の品質、およびそれらの操作。

ただし、このルールは固定資産にのみ適用され、その初期値は一般原則に基づいて決定されており、簡略化された方法は使用されていないことに注意してください。したがって、2番目の建物に関連して簡略化された方法が適用されるため、納税者は、2018年1月からのVAT免税への復帰に関連して発生した支出を文書化した請求書から差し引かれたVATを支払う義務がありません。

これは、国税情報局長が発行した2017年11月29日の個別判決によっても確認されています。 0112-KDIL2-3.4012.363.2017.2.WB。