ボランティア-どこでどのように働くことができますか

サービス事業

ボランティアとは、有給で仕事をするボランティアをする人のことです。ボランティア活動は、家族の絆にとらわれない人々の利益のためだけでなく、社会全体の利益のためのボランティア活動です。これらの人々は、事業を営んでいない人々、非政府組織、またはその他の機関を支援することに関与します。ボランティアの仕事のルールは、公共の利益とボランティアの仕事に関する2003年4月24日の法律によって規制されています。特定の活動を行うために適切な資格が必要な場合、ボランティアはそれらを取得し、個別の規制から生じる他の関連要件を満たす義務があります。

ボランティアの仕事

ボランティアの仕事は、学校、病院、ホスピス、刑務所(実行されたタスクが社会に有益である場合)、および社会福祉センターで使用できます。

ボランティアは以下のために仕事を提供するかもしれません:

  • ボランティアの活動を規制する法律に記載されている非政府組織およびその他の団体(第3条(3))、
  • 行政機関、
  • 行政の対象または監督下にある組織単位、
  • 医療機関。

ただし、これらの事業体は、公益およびボランティア活動に関する法律の第20条に記載されているすべての要件を満たしている必要があります。

ボランティアは、その職務が事業体による経済活動の実施に寄与する場合、仕事を行うことができません。ボランティアは、慈善、社会的支援、健康保護、科学と教育、文化と芸術、文化財と国の遺産の保護など、公共の任務の領域に関連する作業を行います。

特別な場合には、ボランティアの年齢と性別が重要であるだけでなく、彼らが仕事を始めることを可能にする健康診断を受けることもあります。

特定の仕事を自発的に引き受ける人は、そのような義務が別個の規制(例えば、医師)に起因する場合、その資格を有し、委託された義務の要件を満たす必要があります。

ボランティアは、活動を行っている間、労働法で規定されている業務に対応する業務を行っていません。実施された職務については、ボランティアは報酬を受け取らず、雇用契約に署名せず、協力協定のみに署名します。したがって、失業者でもあるボランティアは失業手当を受ける権利を失うことはありません。ボランティアが行う活動は、勤続年数にはカウントされず、従業員の権利の取得に影響を与えません。

ボランティア-権利と義務

この法律は、ボランティアに特定の権利を割り当てています。その中で最も重要なのは、次の権利です。

  • 実施された作業に関連する健康と安全へのリスクに関する情報、
  • 安全で衛生的な労働条件を確保し、
  • 個人用保護具の受領、
  • 別の規則で指定された、従業員に適用される条件での出張および手当の費用の払い戻し(書面によるボランティアは、受益者をこの義務から解放することができます)。

法の規定により、ボランティアは公的資金による医療サービス法に基づく医療サービスを受ける権利があり、活動が30日を超えて行われる場合、ボランティアは彼に傷害保険を提供する必要があります。さらに、ユーザーは、契約で指定されたユーザーが提供するサービスの範囲内で、ボランティアトレーニングの費用を負担することができます。

ボランティアは、契約が書面で行われていなくても、契約に定められた義務を果たさなければなりません。彼はまた彼に委託された財産と財産に責任があります。彼はまた、専門家の秘密を守るべきです。

ボランティアとの合意

ボランティアによる仕事の提供に関連する要件の指定は、ユーザーとボランティアの間で締結された契約で指定されます。公益とボランティア活動に関する法律は、契約にその終了の可能性に関する規定を含めるべきであり、作業が30日を超える場合は契約を書面で行うことを要求しています。作業期間が短い場合は、ボランティアが書面による契約書を要求しない限り、口頭またはその他の形式で契約書を締結することができます。