実際のバランス確認-コンプライアンス違反の正当化

Webサイト

請負業者に、彼が示した残高が、私たちの本に示されている彼に支払うべき金額と異なることをどのように通知する必要がありますか?この場合、残高確認のバウチャーBに何を記入しますか?コンプライアンス違反の理由を説明することは重要ですか?

アクション-リアクション、つまりバランスを確認するプロセス

残高を確認するプロセスには、債権者、つまり、開始者と反応に責任のある債務者の協力が必要です。より具体的には、それは、供給者が購入者に一方の当事者の売掛金の状態を確認するように促す文書を購入者に送信し、同時に、他方の当事者の場合は負債を送信するという事実にあります。

残高確認は通常、買掛金勘定の残高から行われます。

「残高確認」の印刷テンプレートはありますか?

貸借対照表の規制では、残高確認文書のテンプレートは定義されていません。このプリントの外観は、社内の取り決めによって異なります。ただし、ほとんどの場合、2つの類似したサウンドのセクションで構成され、通常はAとBのマークが付けられます。債務者は最初の部分を自分で残し、2番目の部分は適切なメモを付けて債権者に返却する必要があります。

バランスマッチ

債権者が残高確認書と債務者の帳簿に記載しているように、残高とそれを構成する項目との間に一致がある場合は、残高に矛盾がないことを確認する必要があります。このような状況では、返送された伝票「B」に、許可された人の日付、スタンプ、署名とともに「残高は正しい」という情報を含めることをお勧めします。

残高が一致しません

債務者が債権者側の売掛金の状態に関連して、彼の会計帳簿に異なるエントリと会計バウチャーに起因する不一致を見つけた場合は、通知する必要があります。これは、たとえば、返送される残高確認伝票で行うことができます。債務者は、セクション「B」またはそれに添付された手紙で、どの項目が準拠していないかを通知し、これらの違いがどこで発生するかを説明する必要があります。

残高が一致しない場合は、残高確認文書に次のメモを残すことができます。
「残高に一貫性がなく、示された請求書(番号と金額を記載)は銀行振込で決済されました... /会社は受け取りませんでした。」

識別された不一致の仕様は、会計システムから印刷されたステートメントにも表示できます。さらに、情報の下に配置された情報は、日付と会社のスタンプとともに、許可された人によって署名されている必要があります。

バランスの不一致が常に正当化されるとは限らない

一般に、一方の当事者(つまり債権者)からの未払いの債務の額は、他方の当事者、つまり債務者によって争われていない負債の額と等しくなければなりません。債務者が請求書を遅れて受け取り、残高確認文書の発行日からの期間中に帳簿に記録した場合、これはすぐに残高が正しくないことを意味するわけではありません。この状況では、請求書が間違った期間に転記されたと言うのがより合理的です。

売り手は、サービスが提供された月または商品が配達された月の翌月の15日までに請求書を発行することができます。このように、それは買い手の支払い日を延期するだけであり、通常請求書が予約されるべき期間を決定する納税義務が発生する瞬間ではないことに注意する価値があります。

残高の確認方法のおかげで、不整合を説明することで、購入者の購入請求書の認識などの貴重な情報を受け取り、未決済の理由を調査する機会があります。これにより、債務者が支払う可能性が大幅に高まり、債権者に支払うべき金額が減少する可能性があります。