境界手続き-署名された和解に対する上訴

サービス

境界設定手順とは何ですか、その本質は何ですか、誰がそれを実行しますか、そしてそのような手続きの可能な終了は何ですか?この記事では、そのような場合に和解を締結することが可能かどうか、そして誰に、そしてその義務的な要素は何であるかという質問に答えます。和解が境界手続きに与える影響はどのようなものであり、署名された和解に対して上訴することは可能ですか?また、それはどのように行われるべきですか?

境界設定手順

境界設定手順は、1989年5月17日の測地および地図作成法で規制されています。アートに準拠。 29、そのような手続きの目的は、ポイントと境界線の位置を決定し、これらのポイントを地面に境界マークで固定し、関連文書を作成することによって、不動産境界のコースを決定することです。

すべてまたは一部の不動産境界は、隣接する不動産または土地で区切られます。

不動産の境界設定は、コミューンの長、市長、市長がそれぞれ行います。ただし、この点での活動は、認定された測量士によって実行されます。専門家である測量士が境界を設定する分野の知識を持っていることは明らかですが、コミューンの長、市長、市長である必要はありません。

例1。

Karol氏は、区画番号50に家を持っています。区画番号52に隣接して、北、南-54、東-44/5、西-42/3にあります。区画番号52の隣人がその上に柵を建てましたが、カロル氏の意見では、その敷地内に建てられました。したがって、彼はコミューン管理者に2つの区画の境界を定めるように依頼しました。その主な目的は、両方のプロパティの境界を確立することでした。このような場合、区画番号52と区画番号50は境界が定められ、残りの隣接する区画は手続の対象にはなりません。

制限を設定するときは、次のことが考慮されます。

  • ボーダーマークとトレース;

  • マップ;

  • 土地登記簿からの抜粋、地籍図およびその他の文書からの抜粋。

  • 測地制御点。

そのような文書が欠落しているか、不十分または矛盾している場合、国境のコースは、相手方が声明を提出せず、コースに疑問を呈しない場合、当事者または一方の当事者の全会一致の声明に基づいて決定されます国境。

当事者は、指定日の7日前までに、地上で測量士が行った活動について書面で通知されるものとします。重要なのは、不当に現れなかったからといって、測量士の活動が妨げられないということです。当事者が彼の不在を正当化する場合、彼は彼の活動を一時停止しますが、1か月以内の期間です。

したがって、当事者が出頭しない場合、出頭しないことを通知しない場合、言い訳はできません。その後、測量士は、出頭しなかった当事者の発言を考慮して活動を行います。これは好ましくない可能性があるため、制限時間内に地上にいることを確認するか、参加する代表者を任命することをお勧めします。これが不可能な場合は、欠席を正当化してください。

決済

国境の進路に関して当事者間で紛争が発生した場合、測量士は当事者に和解に達するよう説得します。

そのような和解は、裁判所の和解の力を持っています。それは測量士によって作成され、その下に当事者が現れます。

和解には以下を含める必要があります。

  • 測量士の名前と名前、および彼の専門資格の数。

  • 境界設定手順を開始する決定の数と日付、および測量士の承認。

  • 場所、登録区画の数、土地および住宅ローンの登録簿の数、または文書のコレクションを指定することにより、不動産に印を付けます。

  • 当事者とその代表者に関する情報。

  • 国境の進路を決定するための基礎を構成する文書のリストと評価。

  • 当事者の提出;

  • フィールドインタビューの結果。

  • 境界スケッチ;

  • 境界の説明。

  • 境界点の固定の説明。

  • 訴訟を裁判所に転送するよう当事者に指示する。

  • 文書に署名する前に当事者に読まれたことに言及する。

  • 削除と修正の議論;

  • 文書の日付と当事者および測量士の署名。

  • 紛争の主題の説明、当事者によって示され、文書化から生じる境界を指定します。

  • 相互譲歩の説明;

  • 契約に署名した後に義務的であると宣言された境界の詳細な説明。

  • 締結された和解が裁判所の和解の効力を有するという情報。

和解が境界手続きに与える影響

コミューンの長、市長または市長は、区切り手続きを行う当局です。和解は当事者間の紛争を終結させますが、その行為自体が訴訟の手続きを正式に終結させるものではありません。

正式には、そのような状況での手続は、アートに基づく行政手続の中止で終了します。 1960年6月14日の法律の105§1-行政手続のコード。和解後、地方自治体による境界設定手続きは無意味になります。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例2。

区画番号50の所有者であるカロル氏は、区画番号52の所有者であるマーシン氏との境界設定手続きを開始しました。手続きは、NowaWieśコミューンの長によって開始されました。市長は測量士のマリアン氏に手続きの実施を許可した。やがて、彼は召喚状を当事者に提供し、すべての要件が満たされました。会議と活動の間に、当事者は合意に達し、合意に署名し、それに基づいて境界ルートが決定され、それは測量士によって合意に含まれました。このような状況で、NowaWieśCommuneの長は、不動産の境界設定に関する行政手続を中止する決定を下しました。

分割線手続における決定に対する上訴

原則として、不満のある当事者は、コミューンの長、市長、または市の大統領によって出された行政上の決定に対して上訴する権利を有します。

控訴は、事件の決定が当事者に提出された日から14日以内に提出されるものとします。

上訴が提出される機関は、地方の管轄の地方政府控訴裁判所ですが、管轄のコミューン長、市長、または市長を通じてです。したがって、上訴当事者は、争われた決定を出した市役所または市役所に直接上訴を送信または提出します。

署名された和解に対する上訴

不動産の境界設定に関する各行政決定に対して、管轄の地方政府控訴裁判所に控訴することは可能ですが、すべての決定が第二審当局による同じ管理の対象となるわけではありません。

和解の締結による手続の中止は、コミューンの管轄長、市長または市長による国境ルートの決定に関する決定の発行とはまったく異なる決定です。そのような決定は、財産の所有者である市民に対する当局の力の現れです。和解の場合、コミューンの長(市長または市長)は自ら決定を下さず、境界手続きの当事者が自ら合意に達し、介入したことにより手続を中止します。トップダウンの決定はもはや必要ありません。

ただし、当事者が和解に署名し、手続が中止され、一方または両方の当事者が満足しない場合があります。最も一般的な声は、和解に署名するように当事者を説得したか、そうでなければ境界の後に国境がどのように見えるかを説明したのは測量士であり、和解のコピーを受け取った後、それは人とは異なることが判明したというものです信じた。

次に、問題が発生します-そのような和解に対してどのように訴えるか、その影響をどのように回避するか?これは、上訴を提出することにより、上記のインスタンスの通常の過程で行うことができますか?これが最も簡単で最速の方法のようです。

しかし、2013年1月16日のクラクフの州行政裁判所のまだ有効な判決によると、アートで言及されている、測量士の前の和解の場合のケースIII SA / Kr392 / 12。 31秒測地学および地図作成法の4では、無関係であるとしての境界設定手順は、アートに従って中止される可能性があります。行政手続法の105§1。調査員の前での和解の締結に関連して行政手続を中止する決定は、実例の過程および行政裁判所に上訴される可能性があります。しかし、そのような決定のレビューの範囲は、実例と法廷の両方で、和解の内容ではなく、訴訟を中止する決定の合法性を調べることに限定されています。

不動産の境界設定に関する行政手続を中止する決定の管理は、和解を締結し、その正式な条件を検討するという事実にのみ限定されます-和解法の内務大臣条例の§21の規定への準拠和解のテンプレートを含み、和解法にどのデータを含めるべきか、および和解に先立つ活動の正確さを指定する不動産の区切りに関する1999年4月14日の行政および農業および食品経済。

したがって、地方自治体控訴裁判所は、当事者が新しい境界が何であるかを知っていること、またはすべてを理解していることを確認しません-和解に署名したという事実は、提出された意思表示の結果を認識していたことを証明します。

したがって、当事者はこのように訴えることはできません。

署名された和解が計画したものと矛盾していると当事者が確信している状況では、正しい手順はその法的効力を回避することです。これは、共通の裁判所での訴訟でのみ行うことができます。したがって、和解合意の結果の回避について和解の相手方に宣言を提出し、その後、管轄地区の民事部門または地方裁判所に請求を提出する必要があります。