拠出による所得税の前払金の削減

サービス税

法人税等の前払額は、現在の所得に基づいて決定されるため、原則として変動します。ただし、非農業事業から所得を得る納税者は、簡略化された支払い方法を使用して、一定額の所得税の前払いを差し控えることができます(課税年度に継続的に発生する所得とは関係ありません)。簡易前払金を使用するための条件は、特定の税年度の2月20日までにそのような解決策の選択について税務署の管轄長に書面で通知することです(納税者が適切な辞任宣言を提出しなかった場合、この通知も適用されます次の年に)。納税者は、課税年度を通じて簡略化された前払いを使用し、前月の各月の20日までに前払い(12月の前払い-11月の支払額で-12月20日まで)を行い、決済する義務があります。課税年度の税金。

簡易前払金の計算の基準は、特定の課税年度の前の課税年度または特定の課税年度の2年前の課税年度に提出された年次確定申告書に示されている事業所得です。実際には、これは、たとえば、2011年の前払いを計算するために、2009年または2008年の収入額を考慮に入れ、前年度に提出された納税申告書からの収入を最初に考慮する必要があることを意味します。所得が発生しなかった場合、または納税義務を生じさせない金額で示された場合、前払いの計算の基準は、特定の課税年度の前年度に提出された確定申告からの所得である必要があります。 2年までに。このため、課税年度または前年度に初めて経済活動を行う納税者は、簡略化された形式で納税者が支払うことはできません(課税を決定するための基礎となる宣言がなければなりません)経済活動からの収入)。

前払金は、特定の課税年度に適用される税スケール(一般原則に基づいて課税)または19%の税率を使用して、この所得に基づいて計算された金額の1/12の金額で計算されます。 (フラットタックスの納税者向け)。納税者は、健康保険料の額だけ前払い額を減額することができます(前払い額を決定する際に他の控除を考慮する可能性は規定されていません)。たとえば、2011年に提出された2010年のPIT-36ステートメントの場合、事業活動からの収入は5万ズウォティに達しました。 PLN、税スケールを使用して決定された簡略化された形式での前払いは、PLN 703.66 [PLN 50,000 x18パーセントになります。 -556.02 PLN / 12]。