KPiRでの無料端末の認識。キャッシュレスポーランドプログラム

Webサイト

Cashless Polandは、決済サービス市場の参加者であるポーランド銀行協会、起業家精神技術省、決済エージェント、VisaおよびMastercard決済機関のイニシアチブであるCashless Trade Support Program(PWOB)の通称です。このプログラムは、支払いカードで販売された商品やサービスの支払いを受け入れたい起業家を対象としています。プログラムの本質は、納税者に決済端末を提供することに関連する費用をカバーすることです。したがって、このような協調融資が、会計およびKPiRへの無料端末の組み込みに関連する問題にどのように影響するかを検討します。

KPiRおよびPIT決済における無料端末の認識

キャッシュレスポーランドプログラムに参加する起業家は、決済端末の請求書を受け取りますが、支出はPWOBを運営する財団が負担するため、支払いを行う必要はありません。しかし、この状況に関連して、このタイプの請求書をどのように扱うべきか、そして納税者がそれを事業の税額に含めるオプションがあるかどうかについて疑問が生じます。

まず第一に、アートに準拠していることに注意する必要があります。 22秒PIT法の1では、税控除可能な費用は、芸術に記載されている費用を除いて、収入を達成するため、または収入源を維持または確保するために発生する費用です。 23.結果として、費用を税控除の対象となる費用として認識するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 支出は納税者が負担しました。つまり、最終的には納税者の財源が負担する必要があります。
  • 収入源を獲得、維持、または確保するために発生したもの。
  • 納税者が行う事業活動に関連している。
  • それは最終的な(実際の)ものです。つまり、発生した支出の価値は納税者に返還されていません。
  • 適切に文書化されています。
  • アートで指定された費用のカタログに支出が含まれていない場合があります。 23秒行為の1。

したがって、ターミナルの購入を文書化した受け取った請求書は、それがすでに財団によって支払われているという事実にもかかわらず、納税者と彼の経済活動の目的のために行われた購入を確認します。

さらに、この費用は、税控除の対象となる費用から除外された費用のカタログには含まれていませんでした。結果として、そのような請求書は、固定資産を構成しない他の支出の請求書と同じ方法で予約する必要があります。

したがって、上記の立場を採用すると、PolskaBezgotówkowaFoundationが費用を負担した決済端末の購入請求書を税控除の対象として認識することができます。また、財団による経費の単なる融資は税収として扱われます。

KPiRの無料端末の認識とVAT控除の可能性

明確化が必要な2番目の問題は、決済端末の請求書からVATを差し引く可能性です。この場合、請求書がPolskaBezgotówkowaFoundationの資金から全額支払われる状況についても言及しましょう。

アートによると。 86秒VAT法の1では、商品やサービスが課税対象の活動を実行するために使用される範囲で、アクティブなVAT納税者は、仮払消費税の額だけ納税額を減らす権利があります。

したがって、納税者がVATの対象となる活動を行っている状況を考えると、本端末が課税対象の活動に使用されていることが明らかになります。したがって、税金を差し引くことができる基本条件が満たされます。

その後、アートで読むことができます。 86秒付加価値税法第10条および第10b条では、納税者が購入または輸入した商品およびサービスに関連して納税義務が発生した期間の和解において、仮払消費税額だけ納税額を減額する権利が発生します。 。納税者が請求書または税関書類を受け取った期間の和解よりも早く、仮払消費税額だけ納税額を減額する権利が生じます。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

上記では、納税者の​​会社データに対して発行された請求書から生じる仮払消費税を差し引く基本原則を示しました。

納税者が控除を受ける資格がない場合も分析する価値があります。彼らのカタログはArtに掲載されています。 88秒VAT法の3a。この規定は、請求書と税関書類は、次の場合に、仮払消費税の減額と税差額の還付または仮払消費税の還付の理由を構成しないと述べています。

  • 売却は、存在しない事業体によって発行された請求書または修正請求書で文書化されています。

  • 請求書に記載されている取引は課税対象外であるか、課税対象外です。

  • 発行された請求書、修正請求書、または通関書類:

    • 実行されていない州の活動-これらの活動に関する部分では、

    • 誤った金額を提供する-金額が現実と矛盾する項目に関する部分では、

    • アートの規定が適用される活動を確認します。民法の58および83-これらの活動に関する部分。

  • 請求書、個別の規制に従って買い手が発行した修正請求書は、売り手によって受け入れられていません。

  • 課税対象の活動に関連して税額が表示され、請求書に税額が表示されていない請求書が発行されました。これらの活動に関連する部分です。

上記の例外を考慮すると、VAT法は、VATの控除を中毒性のあるものではなく、請求書から生じる支出の資金源が、納税者。

その結果、受け取った請求書がPolskaBezgotówkowaFoundationによって支払われた場合でも、納税者はVATを控除する権利があります。 無料で受け取った端末がVATの対象となる事業活動を行うために納税者によって使用される場合(つまり、免税の恩恵を受けない場合)、納税者は端末の受け取った請求書から生じるVATを差し引く権利があります。これは、請求書がPolskaBezgotówkowaFoundationによって支払われた場合にも当てはまります。 要約に移り、キャッシュレストレードサポートプログラムの下で起業家が無料の決済端末を受け取ることで、会社の決済システムが改善されることを強調しましょう。

このタイプのイベントは、所得税と付加価値税の両方の点で特定の影響を引き起こし、KPiRに無料の端末が含まれることを覚えておく必要があります。