従業員のモチベーションの非賃金形態としての生活政策

サービス事業

スポーツチケットから民間医療、バウチャーまで、非経済的な方法で従業員をやる気にさせる方法はたくさんあります。どうすれば従業員をさらにやる気にさせ、忠誠心を得ることができますか?生命保険に保険料を払うのは間違いなく良い考えです。

ポーランドの従業員の生活政策-中央ヨーロッパ

ポーランドでは、生命保険の80%は従業員自身が負担しています。雇用主による保険への融資は、私たちの国ではまだ珍しいことであり、生命保険のうち、雇用主が融資するものだけです。中央ヨーロッパ諸国では​​、ポリシーはスポンサープログラムによって支払われます。つまり、保険料は雇用主によって賄われます。これにより、ポーランドはチェコ共和国、ハンガリー、ルーマニア、スロバキアなどの国と明確に区​​別されます。それにもかかわらず、私たちの国では、利用可能な給付の数とさまざまな生活状況を保証する可能性を支配しています。

従業員の生命保険契約を購入することによる会社のメリット

雇用主が団体生命保険に加入することを決定した場合、この保護は従業員とその家族の両方に適用されます。この保険は、入院、手術、事故、重病などの困難な状況での追加の経済的支援を保証します。

一方、雇用主は団体生命保険に加入することで、忠実でやる気のあるスタッフを獲得できます。このようなモチベーションを導入することの利点は、市場での会社の魅力を高めることでもあります。従業員とその家族の世話をするという事実は、会社のポジティブなイメージを構築するのに役立ちます。事業主にとってのもう1つの利点は、支払われた保険料を税控除の対象となる費用に含めることができることです。さらに、雇用主は死亡給付金を支払う義務から解放されることができます。これはアートと一致しています。労働法の93。

第93条(7)。

従業員の生活方針-フォーム

従業員を生命保険でカバーすることを決定した雇用主は、保険の範囲と種類を選択することができます。基本的に、彼は保険の支払い方法を2つ選択できます。1つ目は会社が保険全体を支払い、2つ目は雇用主が会社と従業員の間で保険を分割することを決定します。後者の場合、雇用主は基本的な生命保険と健康保険を支払い、部下はその延長に関連する費用、つまり家族保険を負担します。従業員は少額の寄付を支払いますが、それは仕事へのモチベーションの程度に大きな影響を与えません。重要なことに、このモデルは、公的部門での拠出金を払い戻す可能性がないため、私的な職場でのみ利用可能です。