契約の署名と開始-違いが何であるか知っていますか?

サービス

古くて非常に文盲の時代には、3つの十字架が署名と見なされていました。今日、そのような意図の宣言は正しく表現されているとは見なされません-このタイプのシンボルは署名でも教区でもありません。これらの2つの概念は互いに同一ではないことを知っておく価値があります。何が契約に署名し、何が契約を開始しているのかを今日確認してください。

契約書への署名

子供の頃から、署名する前に各紙を注意深く読むように教えられています。そして当然のことながら、民法の規定に示されているように、契約書への署名は、あなた自身の意志でこの文書の認証に関連付けられています。

民法

アート78。§1。 法的な取引の書面による形式を維持するには、意思表示の内容を含む文書に手で署名するだけで十分です。契約を締結するには、いずれかの当事者が署名した意志宣言の内容を含む文書、または一方の当事者の意向宣言の内容を含む文書を交換するだけで十分です。それによって署名されています。

契約に署名することは、特定の形式的な側面を維持することに関連している必要があることに注意する価値があります。コードの規定は署名の特徴を明確に示していませんが、基本的な要件は最高裁判所の決定に基づいて引用することができます(IV CSK 78/09、2009年6月17日)。彼の意見によると、署名は人を識別するためのものであるため、手作業で作成する必要があります。ファクシミリ、つまり署名の画像(シールやスキャンなど)は、署名とは見なされません。次に、署名するときに、少なくとも名前を入力する必要があります(複数の場合は、完全である必要はありません)。名前も示されますが、必須ではありません。重要なのは、署名が判読可能である必要はないということです。ただし、そのような判読不能な形式は、他の文書で契約の当事者であるエンティティによっても使用されます。特に契約自体に言及された当事者の名前と名前が含まれている場合は、判読可能な署名は必要ありません。

契約はどこで署名する必要がありますか?基本的なルールは、ドキュメントの最後、つまり下部の最後のページに署名することです。ここでサインアップすることにより、署名者は上記および前のページの契約の条項に同意します。

ただし、複数ページ契約のすべてのページに署名を付ける必要はありません。この点では教区の方が優れています。

契約の初期化

小教区の概念は、特定の人が繰り返し使用する記号として理解する必要があります。イニシャルが最もよく使用されますが、言い換えが省略された署名などである場合もあります。契約の初期化とはどういう意味ですか?

パラフィンは、主に前述の複数ページの契約で使用されます。各カードに署名することにより、署名者は、文書の一部の削除または交換という形での悪用がないことを確認できます。さらに、契約の初期化は、より多くの当事者が契約の作成と受諾に関与する場合に使用されます。これは、たとえば、弁護士がクライアントに代わって契約を交渉し、合意する場合に当てはまります。彼の役割は契約の内容を受け入れることですが、彼にはそれに署名する権利がありません。次に、クライアントに弁護士が承認したバージョンの契約が確実に提供されるようにするために、イニシャルが使用されます。

要約すると、契約の初期化は最初の承認を意味し、セキュリティと注文の機能を備えていると言えますが、意思の宣言ではありません。契約への同意は、当事者が契約に署名することを決定した場合にのみ表示されます。