乗用車をリースする際の控除対象外のVAT税

サービス税

実施される事業活動におけるVATの決済には、すべての起業家からの多くの知識が必要です。絶えず変化する税法と、何ヶ月にもわたって施行されてきた変更への正しいコンプライアンスに関する税務当局からの詳細な説明の欠如は、多くの起業家がVATを決済するときに正しく行動しているかどうかを知らないことを意味します。乗用車のオペレーティングリースの費用に関しては、納税者は50%のVAT控除を受ける権利があります。乗用車をリースする場合、VATは控除できないと説明しています。

リースで15万ズウォティの制限を設定することの正確さに関する納税者の疑問

2019年1月からの営業費用の決済、第三者責任の費用、自動車の損害およびその他の保険、リースの分割払い、さらには乗用車の減価償却の分野における変化は、これらすべての費用要素の正しい決済に関して納税者の不確実性を引き起こしました。
納税者は、さまざまな比率を使用して、価値が150,000PLNを超える乗用車の分割払いのリース費用を決定します。乗用車の営業費用の決済に関する変更が発効してから数ヶ月経った今でも、乗用車の長期レンタルに関するいくつかの問題について正確な説明はありません。
しかし、最近、税務当局の立場が現れ、オペレーティングリースの場合の乗用車の価値に関連して15万ズウォティの制限をどのように設定すべきかを直接指定しています。

締結した賃貸借契約の費用と収入の条件

本契約の対象が物品、固定資産、無形資産および土地のみであり、一方の当事者が他方の当事者に上記の使用料を支払う場合、その契約は賃貸契約と定義することができます。物事または物事。
アートに準拠。 23b段落。個人所得税法第1条では、固定資産および無形資産の使用に関して契約の基本期間にユーザーが負担するリース契約に定められた料金は、それぞれ、融資当事者の収入および費用を構成します。次のような状況でユーザーの収入を得る:

  1. リース契約は、ユーザーがポイント2で述べた人物でない場合、リース契約の対象が移動可能または無形資産である場合、通常の減価償却期間の少なくとも40%を構成する一定期間締結されました。減価償却、またはその対象が不動産の減価償却償却の対象となる場合は、少なくとも5年間締結されている場合、
  2. 賃貸借契約は、利用者が事業活動を行わない自然人である場合、一定期間締結され、
  3. ポイント1または2で言及されているリース契約で合意された料金の合計は、支払われるべき商品およびサービスに対する税金によって差し引かれ、少なくとも固定資産または無形資産の初期値に対応します。次の固定資産リース契約または以前にそのような契約の対象となった無形資産の融資当事者は、少なくとも次のリース契約日の市場価値に対応します。

まず第一に、車両の価値、すなわち何ですか?

乗用車のオペレーティングリース契約を締結するとき、および会社の費用を決済する前に、非常に重要な要素は、車両の実際の価値を決定することです。これは、法定限度である15万PLNとの比較に使用されます。
基本的な問題は、法定限度額と比較するために使用されるオペレーティングリースの乗用車の価値は、リース契約から生じる自動車の資本価値ですが、リース会社が毎月の分割払いに追加する利息の価値はありません。
乗用車のオペレーショナルリースを使用している納税者が、リースの分割払いからVATを差し引く50%の権利を持っているというもう1つの疑問。

PLN150,000を超える値の乗用車をリースする場合の控除対象外のVAT税-計算のバリエーション

このフォームで使用される乗用車の分割払いのVATを控除する50%の権利を持つ納税者は、資本価値が150,000PLNを超える乗用車の比率を計算するさまざまなバリエーションを適用します。
一部の納税者は、150,000ズウォティの制限を自動車の正味額に分割し、一部は総額に分割します。乗用車の資本価値に控除対象外のVATの50%を追加する人もいます。
この時点で、特定の乗用車(資本価値)が150,000 PLN以下の制限を超えているかどうかに関して、多くの納税者の取り決めがどの程度異なる可能性があるかを停止して述べる必要があります。不一致はかなりのものになります

例1

オペレーティングリース中の乗用車の価値が正味138,000PLNで、納税者(50%のVAT控除の権利を考慮)がこの正味額のみを使用して制限と比較し、これらの計算に従って、初期支払いとリースを行う場合分割払いは、会社の税金費用に100%含めることができます。

例2

オペレーティングリース中の乗用車の正味額が169,740PLNで、納税者(50%のVAT控除の権利を考慮)がこの値を使用して制限と比較された場合、これらの計算に従って、初期支払いとリースが行われます。分割払いは88.37%が費用に含まれます。
したがって、この場合の特定の自動車の価値はPLN 150,000の合計を超え、納税者はリース料として認識できるコストを調整する比率係数を決定しました。

例3

3番目のケースは、次のように、リースされた乗用車の価値を決定する納税者です(リース料のVATを差し引く50%の権利もあります)。

  • リース対象の資本価値-正味137,000PLN、
  • 車のリース時に50%の付加価値税は控除できません-PLN 15,755
  • PLN152,755の法定限度と比較される乗用車の価値
  • 認識できるリース分割払いの決定された比率🡪98.19%。

上記の例に基づいて、税効果が異なると、オペレーティングリース中の乗用車の初期値を決定する際の扱いがどのように異なるかを簡単に観察できます。

車両の正味価値に控除されていないVATの50%を追加するという観点から、リースされた乗用車の資本価値を決定する最後の変形は、税務署の最近の立場によって確認されたことは注目に値します。その他2019年10月4日の国家税務情報局長の個別の解釈による。参照番号付き0111-KDIB2-1.4010.339.2019.2.AT。
紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

監督はその中で次のように示しました

(…) 申請書に記載されている事実は、申請者が混合運転を目的としたオペレーティングリースの下で乗用車を購入したことを示しています。車の費用は正味136,698.37で、納税者は50%のVATを控除する権利があり、車の総費用は152,418.69です。車両の価値の98.41%は、150,000 /152,418.69の比率に従って控除できます。納税者はオペレーティングリースを取りました。税金費用には、元本の98.41%と分割払い全体が含まれます。オペレーティングリース契約は、2019年6月13日に36か月間締結されました。分割払いにはサービス料は含まれていません。乗用車は、Artに準拠した乗用車の定義を満たしています。公共調達法の4aポイント9a賃貸借契約はアートに定められた条件を満たす。 17b段落。 1および2u.p.d.o.p.
申請者は、アートに従って、資本分割払いの一部の控除されていないVATが制限の対象となるかどうかについて疑問を持っています。 16秒法人所得税法の1ポイント49a、またはそれは全体として税金費用と見なすことができますか?
上記の法規制を提示された事件の説明を参照すると、アートで言及されている自動車の価値を記載する必要があります。 16秒見せかけの日々の1ポイント49aアートを考慮して決定する必要があります。 16秒5a updopは、商品およびサービスに対する税金の規定に従って、投入税を構成しない商品およびサービスに対する税金、および商品およびサービスに対する投入税も含まれていることを示しています。 、商品およびサービスに対する税の規定に従い、納税者は、商品およびサービスに対する税額の減額または差額の還付を受ける権利がありません。

上記に関連して、資本分割払いの一部の控除されていないVATは制限の対象となることを述べておく必要があります。この割合は、当技術分野で言及されています。 16秒公共調達法法第49a条1点
したがって、申請者の位置は正しい(...)。

KISの取締役の最新の役職は、資本価値が15万PLNを超える乗用車について会社で発生する可能性のあるリース費用を認識するための係数を決定する方向を示しています。納税者にとって重要なのは、乗用車の費用の決済の変更が発効した瞬間から、前述の3つの変形を使用して上記の係数を決定したためです。車両。さまざまなバリエーションの使用から生じる可能性のある影響は、税控除の対象となる費用に関連して、数か月または1年の修正です。したがって、KISのディレクターの上記の位置は、乗用車をリースする際の控除対象外のVATに関する納税者の疑問の一部を取り除きます。