VAT(パート12)-登録および登録義務、パートIII

サービス税

請求書の修正、修正メモ、重複した請求書

訂正請求書

修正請求書は、厳密に定義された状況で販売者によって発行されます。この法律は、次の場合にそのような文書の発行を規定しています。

  • 請求書を発行した後、納税者は割引(リベート、割引、受け入れられた苦情および割引)を付与します。
  • 課税ベースは、返品の価値によって減額されます。
  • 納税者は、売掛金の全部または一部を買い手に払い戻す

適切な修正請求書を発行する義務があります。

請求書の発行後、納税者が商品またはサービスの1つ以上の供給に関して割引を付与する状況では、修正請求書には少なくとも次のものが含まれている必要があります。

  • 連番と発行日、
  • パラメーターで指定されているように、修正請求書が関連する請求書に含まれるデータ。 5秒1ポイント1〜6および割引の対象となる商品またはサービスの名前(タイプ)、
  • 付与される割引の金額と種類、
  • 減税額。

ただし、納税者が請求書を発行した後、特定の期間に1人の受取人に対して行われたすべての商品またはサービスの供給に割引を与える場合、修正請求書には少なくとも次のものが含まれている必要があります。

  • 連番と発行日、
  • パラメーターで指定されたデータ。 5秒1ポイント3と4。
  • 割引が付与される期間、
  • 付与された割引額と仮払消費税の減額額。

修正請求書は、請求書の発行後に値上げされた場合、または価格、料金、税額、または請求書の他の項目に誤りが見つかった場合にも発行されます。値上げ調整には、少なくとも次のものを含める必要があります。

  • 連番と発行日、
  • パラメーターで指定されているように、修正請求書が関連する請求書に含まれるデータ。 5秒1ポイント1〜6および値上げの対象となる商品またはサービスの名前(タイプ)、
  • 仮払消費税の増加額。

一方、価格、料金、税額、または請求書の他の項目に誤りがあった場合に発行される修正請求書には、次のものが含まれている必要があります。

  • 連番と発行日、
  • パラメーターで指定されたデータ。 5秒修正請求書に関連する請求書に含まれる1ポイント1〜6、
  • 正しい金額を含む、修正されたアイテムの正しい内容、またはエラー量と正しい量で最初に示された対応する量の差。

訂正メモ

パーからの結果としての訂正ノート。請求書規則の15は、特に売り手または買い手、あるいは商品/サービスの指定に関連する情報の誤りを含む請求書を受け取った商品またはサービスの買い手によって発行された文書です。

次のデータが含まれている必要があります。

  • 「訂正注記」という用語、
  • シーケンス番号と発行日、
  • 納税者と商品またはサービスの購入者の姓名または名前とその住所、納税者が税務上特定される番号、および商品またはサービスの購入者が特定される番号商品またはサービスを受け取った際の税金または付加価値税については、
  • 訂正注記が関連する請求書に含まれるデータで、パラメーターで指定されています。 5秒1ポイント1と6
  • 訂正された情報の内容および正しい内容の表示。

エラーが懸念される場合は発行されません。

  • 配達された商品の測定と量(数)または提供されたサービスの範囲、
  • 税額のない商品またはサービスの単価(正味単価)、
  • 正味単価に含まれていない限り、売掛金の早期受領を含む割引額。
  • 税額(純売上高)を除いた、取引の対象となる、提供された商品または実行されたサービスの価値、
  • 税率、
  • 個別の税率の対象となる売上と非課税の売上に分割した純売上額の合計、
  • 個々の税率に関連する金額に分解された、純売上高の合計に対する税額、
  • 未払いの合計金額。

このような状況では、売り手は修正請求書を発行する必要があります。修正メモには請求書発行者の承認が必要であることにも言及する価値があります。

請求書の重複

請求書が破損または紛失した場合、重複した請求書が発行され、売り手はそれを再発行します。

  • 納税者が保有する請求書に含まれるデータを使用して購入者の要求に応じて、
  • 購入者が保有する請求書に含まれるデータによると。

再発行の請求書には、「DUPLICATE」という単語と発行日が追加で含まれている必要があります。 1つは買い手用、もう1つは売り手用の2つのコピーで作成する必要があります。

電子形式で送信される請求書の場合、売り手は、ドキュメントに保持したまま、重複した請求書を買い手に送信します。

内部請求書

2013年1月から、アートに記載されている活動の場合、納税者が内部請求書を発行できるようになります(必須ではありません)。 7秒2および第8条秒。 VAT法の2、および以下のために:

  • コミュニティ内の商品の取得、
  • 買い手が納税者である商品の配達、
  • 受取人が納税者であるサービスの提供、
  • 返還された補助金、補助金および同様の性質の他の支払いの金額を文書化する。

VATの変更により、関連するEU規則ではそのような文書を発行する可能性が規定されていないため、内部請求書は2014年に廃止される予定です。

空白の請求書と請求書のキャンセル

納税者がVAT請求書で実際には行われなかった活動を文書化する場合、そのような文書は「空の」請求書と呼ばれます。これらの請求書は、購入者に仮払消費税を控除する権利を与えません。

発行された請求書をキャンセルする必要がある場合は異なります。 VAT規制はこの問題を規制していません。ただし、税務当局は、請求書が市場に出されていない限り、請求書を取り消すことができるという立場をとっています。

発行された請求書に販売の実績が記載されておらず、顧客に送信されておらず、販売者がこの文書の両方のコピーを持っている場合、「キャンセル済み...」などの適切な注釈を付けることで請求書をキャンセルできます。請求書の発行を許可された人の署名付き。キャンセルされた請求書は、VATレコードに入力して、VAT申告書に表示するのではなく、販売者の文書にのみ保存する必要があります。

レジ

レジの使用の義務と免除

事業活動を行っていない自然人や定額農民に商品やサービスを販売する納税者は、レジを使用してそのような販売の記録を保持する必要があります。しかし、財務大臣は、この点での免税と売上高による免税を規定しました。

客観的免除は、厳密に定義されたタイプの活動のみを記録から解放します。それらは、レジを使用して記録を保持する義務の免除について、2012年11月29日の財務大臣規則の付属書に記載されています。納税者が事業活動を行っていない自然人や定額農民への登録免除のみの販売で収入を得た場合、レジを設置する義務はありません。ただし、免税活動と免税対象外の活動の両方がある場合は、総売上高に占める免税売上から得られる売上高の割合を条件として、レジを使用して売上を記録する必要性の免除が認められることに留意する必要があります。 80%を超える(上記規則のパラグラフ3(1)(4))。この免税は、総売上高で免税された販売からの売上高が80%以下であった月の翌月の初日から2か月後に失効します。

一方、客観的免税は、納税者の​​すべての活動を記録する義務から解放されます。一部の専門家グループは、レジを使用して売上を記録する義務を免除されていますが、財務大臣は毎年、この特権を使用する資格のある専門家グループの数を減らしています。

規則はまた、売上高の量のために免税を規定しています。特定の課税年度において、事業活動を行わない自然人への販売からの売上高が20,000 PLNを超えない場合、レジを設置する義務はありません。このような義務は、納税者が20,000ズウォティの制限を超えた月の翌月の初日から2か月後に発生します。売上高を決定する際には、レジやマージンだけでなく、レジの規制に基づく登録義務を免除される活動と売上高全体も考慮されることに注意してください。

彼らは芸術で言及されている小さな起業家であるため、VAT免税の恩恵を受ける納税者。 VAT法第113条では、VAT免税は、レジを使用した売上の記録も免除されることを意味するものではないことを覚えておく必要があります。許容回転限度を超え、レジの使用が必要になる場合があります。

納税者はまた、免税の免除は移行期間なしで適用されることを覚えておく必要があります。つまり、納税者がパーに記載されている製品の販売を開始する予定の場合です。レジに関する規則の4は、適切な時期にレジを取得する必要があります。

レジの購入に費やされた金額の控除

納税者は、レジの購入に費やされた金額を税控除の対象となる費用として数える権利があります。彼らはそれを固定資産と減価償却の登録簿に入力することによってこれを行います。さらに、アクティブなVAT納税者は、商品やサービスの購入時に請求される商品やサービスの税金を差し引く権利を使用できます。

また、レジの購入割引もご利用いただけます。アートに準拠。 111秒VAT法第4条では、該当する日に売上高と納税額の記録を開始する納税者は、税額から90%に相当する金額を差し引くことができます。レジの価値(税抜き)、ただしPLN700以下。