VAT税(パート11)-貸倒れの軽減

サービス税

不良債権の救済は、VAT法および税法で規制されています。 2013年1月以降、この点に関して多くの変更が導入され、かなりの論争が巻き起こりました。

しかし、売掛金の支払いを受けなかった起業家は、商品やサービスに対する税金の還付を申請する方が簡単でした。一方、債務者はVATを修正する義務があり、VATは購入請求書の受領時に差し引かれ、法定期限内に支払いを行いませんでした。

不良債権の救済-収入

納税者は、回復不能であることが証明されている請求の場合、その国の領土での商品またはサービスの供給に対する課税基準および納税額を調整することができます。修正は、請求額の一部に起因する課税基準および税額にも適用されます。

債権の回収不能は、契約書または請求書に記載された支払日から150日以内に決済または処分されなかった場合に発生する可能性が高いと見なされます。

修正できるようにするには、次の条件を満たす必要があります。

  • 商品の配達またはサービスの提供は、当技術分野で言及されている納税者に対して行われます。 15秒1、破産または清算の過程ではなく、アクティブなVAT支払人として登録されています。
  • 納税申告書の提出日の前日、第1項に記載の訂正が行われる日1:
    • 債権者と債務者は、アクティブなVAT納税者として登録されている納税者です。
    • 債務者は破産または清算中ではありません。
  • 請求書を発行した年末から起算して、請求書の発行日から2年が経過していない。

この調整は、債権者がこの期間の納税申告書を提出する日までに、債務がいかなる形でも決済または処分されていないという条件で、債務の回復不能が考えられる期間の決済で行うことができます。

債権者は、訂正を行った確定申告書とともに、訂正額および債務者のデータとともに、訂正について税務署の管轄長に通知する義務があります。この目的のために、起業家は、不良債権の救済の調整を含むVAT申告書に、税務署長宛てのVAT-ZD通知を添付する必要があります。

ここで、第1項で言及された調整が行われた納税申告書の提出後図1に示されるように、債権は何らかの形で決済または処分されており、債権者は、債権が決済または処分された期間の決済において課税ベースおよび未払税額を増額する義務を負っている。未払額の一部が支払われた場合、この部分に関連して課税基準と未払税額が増額されます。

不良債権の救済-費用

契約書または請求書に記載された支払い日から150日以内に、国内の領土内での商品の配送またはサービスの提供を文書化した請求書に起因する支払額の決済に失敗した場合、債務者は次のようになります。契約書または請求書に記載された支払期限の満了日から150日が経過した期間の決済において、この請求書から差し引かれた税額を修正する義務があります。

債務者が支払期日の満了日から150日目である決済期間の最終日までに支払われるべき金額を支払った場合、彼は控除されたVATの修正を行いません。

契約書または請求書に記載された支払期限日から150日以内に支払期日が部分的に支払われた場合、支払期日が未払いの部分の仮払消費税に修正が適用されます。

訂正後の納税額の納税者は、納税額が前回調整後の税額で決済された期間の決済において、仮払消費税額を増額する権利を有します。