2014年のVAT税(パート6)-2014年の自動車の決済におけるVAT税。

サービス税

2014年1月1日から、車は特に課税の面で非常に騒々しくなりました。商品とサービスに対する税法(VAT)の変更により、起業家は以前よりも大幅に税を控除する機会を得ました。ただし、ほとんどの場合、長くはありません。現在施行されている規制と、近い将来および遠い将来に適用される規制は何ですか?

1月から3月まで、グリル付き車などに「はい」

車の購入またはリースのVATを会計処理する基本原則では、取引がトラックに関係する場合にのみ、VATを完全に差し引くことができます。ただし、乗用車の場合は法定規制を遵守する必要があります。

一方、多くの起業家は、いわゆるVATから全額のVATを車から差し引くことができた時代を覚えています。 「チェッカー」-つまり、総重量が前述の3.5トン未満のもの。 2009年、欧州司法裁判所は、VAT控除の制限を導入するポーランドの規制はEUの規制と矛盾しているとの判決を下しました。ポーランド政府は、コミュニティで一般的に普及している規則とは異なる規則を国内で適用することに同意を申請することを決定しました。申請は受理され、この点に関して最初の控除決定が出されました。それによると、トラック以外の車を購入する場合、納税者はVATの60%のみを控除する権利がありますが、6,000PLN以下です。この決定は2013年末まで有効でした。

上記に関連して、2014年1月1日以降、ポーランドの起業家は自動車のVATの分野で特定の規制を適用しなくなりました。ポーランド政府は、EUから逸脱した制限を適用するための新たな許可を欧州委員会に申請しましたが、それは遅すぎました。委員会は、2014年1月1日以降、国内で適用するのに十分な時期に決定を下すことができませんでした。したがって、この決定がポーランドの法律に導入されるまで、納税者は、 N1トラックの承認。

N1トラックの承認とはどういう意味ですか?これは、とりわけ、発行された文書です。車両の技術的パラメータが指定されている車両メーカーによる。したがって、総重量が3.5トンを超えない自動車をトラックと見なすには、積載量と座席数の条件を満たす必要があります。アートに準拠。 86a段落2点VAT法の6では、100%のVAT控除の対象となるために、そのような車両の承認には、特定の車が(運転席を含む)持っていることを特徴付ける情報が含まれている必要があります。

  • 1シート-425kg以上の最大耐荷重、または

  • 2シート-および493kg以上の最大耐荷重、または

  • 3つ以上のシート-および500kg以上の最大耐荷重。

一方、すでに述べたように、ポーランド政府は、遅れはあるものの、自動車のVAT決済に制限を適用するための再承認を申請しました。この件に関する規制は、2014年4月1日に発効します。

固定資産の50%の税金または車両の走行距離の記録

オンラインのヒント

会社を経営していて質問がありますか?

起業家ガイドの専門家のアドバイスを活用する

企業向けのオンラインアドバイス

欧州理事会の決定は、ポーランドの規制にはまだ組み込まれていませんが、すでに発行されています。ポーランドは、自動車の取得と使用に関するVATを具体的に決済することを承認しています。

乗用車の購入、コミュニティ内取得、輸入、レンタル、またはリースを決定したポーランドの納税者は、原則として、その価値の50%のVATを控除する権利があります(もちろん、条件は、アクティブなVAT納税者であり、課税対象の活動に車を使用します)。ただし、車両がビジネス目的でのみ使用される場合、そのような制限は義務ではありません。起業家は、車両の購入時に100%のVATを差し引くこともできます。残念ながら罠があります。車両を会社でのみ使用されていると見なすには、以前は所得税に関連付けられていた、ビジネスで使用される自家用車のみに関連付けられていた車両の走行距離レコード(通称マイレージレコード)を入力する必要があります。目的。この法律は、VATの全額控除は、納税者が事業活動のためだけに使用する車両に関連する費用の場合にのみ支払われることを前提としています。さらに、これらの車両に関する情報を税務署に提出し、車両の走行距離の詳細な記録を保持する必要があります。

車両マイレージレジスターに会社の固定資産を使用して旅行を記録する義務は、立法者の説明に起因します。それによると、ビジネス目的でのみ使用される車は、次の場合に車と見なすことができます。

  • その使用方法は、納税者の​​マイレージ記録によってさらに確認され、事業に関係のない目的での使用は除外されます。

  • その設計は、ビジネス以外の目的での使用を排除するか、ビジネス以外の目的での使用を無関係にします。

立法者はまた、経済活動に関係のない目的での使用を除いた建設が何を意味するかを指定します。したがって、規制によれば、その設計が会社の目的での使用を決定するそのような車両は、次のように見なすことができます。

  • 乗用車以外の自動車で、壁または恒久的な仕切りによって商品の輸送を目的とした部分から1列の座席が分離されている:

    • 道路交通法の規定に基づいて、多目的、バン、または

    • 荷物の輸送を目的としたオープンパーツで、

  • 乗用車以外の自動車で、1列の座席を備えた運転室と、車両の構造的に分離された要素として荷物を運ぶことを目的とした車体を備えたもの、

  • 以下の目的のために指定された、個別の規制に含まれる条件を満たす特殊車両:

    • 電気/溶接骨材、

    • 掘削作業用、

    • 掘削機、バックホウブルドーザー、

    • 充電器、

    • メンテナンスおよび組み立て作業用のホイスト、

    • トラッククレーン、

道路交通規則に従って発行された文書に、車両が特殊車両であることが示されている場合。

 

ただし、車両が上記の条件を満たす自動車と見なされ、所有者にVATの全額を控除する権利が与えられるためには、技術要件への準拠を注意深く文書化する必要があります。この場合、地区の車検局が実施し、登録証明書の申告と注釈によって確認された技術検査が適切です。

ただし、特殊車両は、道路交通法の規定に基づいて発行された適切な文書を持っている必要があります。

次の車両は、100%のVATを差し引くためにマイレージを運転する義務が免除されます。

  • 再販、販売またはレンタル、リースまたはリースのみを目的としており、

  • 納税者が50%の部分控除を適用する、つまりビジネス目的だけでなく使用される場合

  • 関連する費用からVATを差し引く権利がない場合、つまりVATが免除される活動の目的で使用される自動車。

改正案によると、起業家は4月1日から、オフィスで車両を登録し、社用車での移動の詳細な記録を保持し、購入時に100%の税金を控除するか、控除するかを選択できます。 VATの50%のみですが、追加の正式な負担はありません。

上記のソリューションのどれが起業家にとってより最適であるかを決定する前に、もう1つの側面、つまり営業費用に対するVATを検討する価値があります。

社用車の走行距離記録

オンラインのヒント

会社を経営していて質問がありますか?

起業家ガイドの専門家のアドバイスを活用する

企業向けのオンラインアドバイス

会社の乗用車の運用レベルが高い起業家は、車の購入とそのために購入した燃料から100%のVATを差し引く可能性があるため、多くの利益を得ることができます。この利益は、彼らに課せられる追加の義務を彼らに補償するかもしれません。

追加の義務とは、前述の車両マイレージレジスターを意味します。これは、3.5トン未満の自動車については、そのような記録の免除として法律に記載されているものを除き、保持する必要があります。このようなレジスタには、次のものを含める必要があります。

  • 自動車登録番号、

  • 日付-記録の保持の開始と終了、

  • 車の走行距離計-記録が始まる日、各会計期間の終わり、および記録の保持の終わりに、

  • 移動したキロメートル数-各会計期間の終了時および記録の保持の終了時。

さらに、レジスターが作成された車両を運転する人は、個別のエントリを使用して各旅程を文書化する必要があります。このような各エントリには、連番、日付、目的地とルートの説明、キロメートル数、ドライバーの名前と名前が含まれている必要があります。

さらに、車両を運転している人が課税対象者でない場合、彼のエントリの信憑性は、各課税期間の終わりに納税者によって確認される必要があります。

50-50-50、つまり燃料およびその他の費用に対するVAT

VAT控除の範囲の変更は、自動車自体の購入だけでなく、その使用にかかる費用にも適用されます。ここでも、依存関係は、走行距離が車両まで運転されているかどうかに基づいています。

したがって、乗用車やその他の業務用および個人用の車両の場合、営業費用の50%の付加価値税を控除できる制限があります。したがって、4月1日から、燃料を除くすべての自動車関連の購入は、入力VATの半分の控除の対象となります。

また、2015年7月1日以降、燃料であるか、部品、液体、修理などの他のランニングコストであるかは問題になりません。その日から、50%の控除は、ガソリン、ディーゼル、またはガスの購入を含むすべての「自動車」費用の固定料金になります。

納税者が車を事業目的(事務所への報告と走行距離の運転)のみに使用することを決定した場合、2014年4月1日から営業費用のVATが全額控除される場合があります。重要なことに、この場合は何の違いもありません。それが燃料の購入であろうと、車両の日常の使用に関連するその他の費用であろうと。

車とVATの販売

VAT法の改正により、課徴金の控除だけでなく、社用車の販売にも2013年までとはわずかに異なる課税規則が適用されるため、大幅な変更が導入されました。

まず第一に、VAT法がもはや中古品をカバーしていないという事実によって変更が引き起こされました。 2011年4月4日の付加価値税法の特定の規定の実施に関する財務大臣の規則によると、税額を50%または60%削減することができた車の販売これらの車がアートの下で使用されていると見なすことができる場合、その価値(ただし、5,000PLNまたは6,000PLN以下)。 43秒見せかけの日々。その規定の下で、会社が少なくとも6か月間使用した車両は、中古品と見なすことができます。

現在、示された規定は廃止されたため、中古品の示された定義は適用されなくなりました。しかし、アート。 43秒1ポイント2によると、商品の供給は、商品がVAT免除活動に使用された場合にのみ課税が免除され、購入時に、生産税を減額する権利はありませんでした。車を売りたい起業家にとって、それは彼が彼のVAT免除事業でそれを使用しない限り(そしてそのような活動のかなりの少数派がいる)、彼は23の税率でVATでそのような取引に課税しなければならないことを意味します%。新しい規制は、この点で非常に厳しいようです。

確かにそうですが、車の場合は常にそうとは限りません。改正法に加えて、2014年1月1日から、VAT免税に関する財務大臣の規則および2013年12月20日からのこれらの免税の適用条件も施行されています。購入時に、彼はインプットを差し引く権利を有していました。 VATは50%または60%ですが、それぞれPLN5,000またはPLN6,000以下です。したがって、実際には、自動車の販売に関する現在の規制は、2013年末までよりもさらに自由になっています。免除を適用するために、少なくとも6か月間社内で自動車を使用する必要はなくなりました。 。

現在の規定のいくつかは論理と矛盾していると見なされる可能性があります-購入時にVATの部分控除を受ける資格のある人が免税を使用する可能性があることに注意してください。したがって、例えば、売買契約や控除の対象とならないVATマージン請求書に基づいて自動車を購入した起業家は、6か月を超えた後でも、自動車を販売する際に23%の税金を追加する必要があります。 。

したがって、現在、法改正の作業が進行中であり、これによれば、部分的な税控除が認められた自動車の課税の免除の代わりに、いわゆる新しい補正システム。それによると、車の購入時にVATの一部控除を受ける資格があり(4月1日以降、つまり50%)、60か月の使用が終了する前に車を販売したい起業家(または12 PLN 15,000を超えない値の車両の場合、購入時に差し引かれない税金の一部を取り戻すことができます。修正は、経過した月数に比例して行う必要があります。

示された60か月(または最大PLN 15,000の車の場合はそれぞれ12か月)後に車を販売する場合、起業家は示された修正を使用する可能性を失うことも覚えておく価値があります。

ご覧のとおり、自動車のVATは革命的な変化を遂げました。また、一部の規制は2015年7月まで適用されないことが既に知られているため、2014年4月の到来で終わらない。