クレジットカードでの支払いとレジからの解放

Webサイト

レジを使用して売上を記録する義務は、Artに起因します。 111秒VAT法の1であり、個人および定額農家に販売するすべての起業家に適用されます。立法者は、支払い方法によるものを含め、この点で多くの免税を想定していました。この免税は、特にカード決済の文脈において、起業家の間で疑問を投げかけます。支払いカードでの支払いは、レジから免除される資格がありますか?それをチェックしよう!

お支払い方法によるレジの免除

レジ免除規則附属書第37項に従い、レジに売上を記録する義務の免除は、事業活動を行わない自然人および定額農民へのサービスの提供に適用されます。次のすべての条件が満たされていること。

  • サービスプロバイダーは、郵便局、銀行、または協同組合の貯蓄信用組合を介して実行された活動の全額を受け取ります(納税者の銀行口座または彼がメンバーである協同組合の貯蓄信用組合の納税者の口座にそれぞれ) ;
  • 支払いを文書化した記録と証拠から、どの特定の活動が支払いに関連していたかは明らかです。

通信販売の場合も状況は似ています-規則の付属書の項目36。その内容によると、次の場合、配送システムでの商品の配送(郵便または宅配便による)はレジから解放されます。

  • 商品の供給者は、郵便局、銀行、または協同組合の貯蓄信用組合を介して行われた活動の全額を受け取ります(納税者の銀行口座または彼が所属する協同貯蓄信用組合の納税者の口座にそれぞれ)メンバー);
  • 支払いを文書化した記録と証拠から、どの特定の活動がどの特定の活動に関連し、誰のために行われたかが明らかです(住所を含む購入者のデータ)。

上記の免税を利用する可能性は§2秒で許可されています。議論された規制の1。重要なことに、納税者が上記の条件の少なくとも1つを満たさない場合、これらの特定の免除を利用することはできません。 配送システムでのサービスまたは商品の配送の支払いが、一部が銀行振込で、一部が現金で行われる場合、この免税も適用されません。

上記の立場は、2016年4月19日のワルシャワの税務署長のIPPP2 / 4512-173 / 16-2 / DGの個別の解釈によって確認されており、次のように書かれています。(...)§2秒に従ってレジを使用して売上高と税額を記録する義務を免除される権利。 posと組み合わせた規制の1。上記37規則の付属書の規定は、商品の配送の支払いが銀行またはPayPal支払いシステムを介して納税者の銀行口座に全額行われる場合に適用されます。 「全体として」という表現は、納税者によって提供される個々の取引を指します。このような規定の構造は、一部が現金で、一部が銀行またはPayPal支払いシステムを介して支払われた商品の配送には免税が適用されないことを意味します。免税の条件は、特定の取引が銀行またはPayPal支払いシステムを介して全額支払われており、支払いに関連する取引を特定できることです。”.

例1。

彼のビジネスの一部として、Łukasz氏はレジからの免除からサービスと利益を提供します。また、レジで商品を販売する定置店も運営しています。これまで、Łukasz氏のサービスを購入するすべての顧客は、銀行振込で注文の全額を支払いました。銀行振込には、レジからの解放に必要なすべての要素が含まれていました。請負業者の1社が注文の50%を銀行振込で支払い、残りの金額はサービスが実行された日に現金で支払われました。 Łukasz氏はまだレジの免税の恩恵を受けることができますか?

はい、銀行振込による部分的な支払いとカウンターパーティによる現金は、提供されたサービス(免除条件を満たす取引の場合)のレジから免除される権利を完全に失うことにはなりません。ただし、Łukasz氏は銀行口座への全額の支払いを受け取っていないため、レジからの解放の条件が満たされていないため、この1回の注文の全額をレジに請求する必要があります。この取引に関して。

通信販売はいつ行われますか?

口頭で言えば、通信販売は、購入者がインターネット、郵便、または電話で注文したときに行われ、配達は郵便または宅配便で行われます。これは、それがいわゆる距離契約。アートに準拠。 2節消費者の権利に関する法律の1では、距離契約は2つの条件が満たされたときに発生します。

  • 契約が締結されるときに、売り手と買い手が物理的に同時に存在することはありません。
  • 契約は、インターネットなどの1つまたは複数の距離通信手段を使用して締結されました。

これは、注文を出すこと、つまり、郵便または宅配便で商品を配達するために売り手の敷地内で契約を締結することは、そのような契約をリモートで締結されたものとして分類する可能性を排除することを意味します。したがって、この注文形式でのクレジットカードによる支払いも、レジの免除の恩恵を受ける権利を除外します。

PayUとPayPalによる支払いとレジからの解放

税務当局の立場からも明らかなように、PayPalまたはPayUで行われた支払いは、銀行を通じて行われた支払いと見なされます。これにより、納税者は、アイテムに起因するレジの免除を利用できます。レジの免除に関する規則の付属書の36および37。

上記の立場は、2015年2月26日のワルシャワの税務署長のIPPP2 / 443-1242 / 14-2 / RRの個別の解釈によって確認されています。

(...)申請書に記載されているように、事業活動を行わない自然人への商品の配送は、メールオーダー販売の形をとり、購入した商品の購入者による支払い方法は、郵便、銀行による支払いです。 、申請者の銀行口座および電子決済(口座への銀行振込、PayUを介したクレジットカードによる支払い)。上記の商品の支払い方法のそれぞれに関して、申請者は、支払いが行われた特定の取引とその対象者(住所を含む購入者の詳細)を示す記録を保持します。したがって、申請者は、販売が行われるたびに購入者のデータ(名前と住所を含む)を識別するオプションがあります。

オンライン決済システム(ここではPayU)を介した支払いに関して、当局は、この支払い方法は、問題の商品の購入者の口座から申請者の銀行口座に行われるため、銀行。規制の下でレジに登録する義務は、他の方法で文書化されていない小売販売を主にカバーしているため、これは意図的な解釈によっても裏付けられています。ただし、説明されているケースでは、各販売は、以前の販売に関連して申請者のアカウントに影響を与えるという形で「痕跡を残します」。また、お客様が銀行振込で直接お支払いいただく場合や、ロジスティクス事業者(apaczka.plまたはPoczta Polska)がお届けした小包に対して代金引換でお支払いいただく場合は、お申込み者の銀行口座に直接影響するため、これらの支払い方法は以下の前提を満たしています。彼らは銀行を通して作られました”.

長年にわたり、税務当局の立場は、PayPalなどのオンライン支払いシステムを介して支払いを受け取ったときにレジ免除を適用する権利と同じままでした。確認は、2020年6月7日の国税情報局長0111-KDIB3-2.4012.174.2020.2.MNの個別の解釈であり、次のようになっています。

「(...)事件の説明から次のように、§2パラの規定に従ってレジを使用して売上を記録する義務の免除を適用するために必要な条件。に関連する規制の1アイテム付きその付属書の37が満たされました。申請者自身が指摘したように、実行されたサービスの支払いは、PayPal電子支払いシステムを使用して申請者に完全に送金され、支払いを文書化した記録と証拠は、それがどの特定の活動に関連するかを明確に示します。 PayPalまたはPayUを介した支払いの受領は、支払いを文書化した記録と証拠(銀行取引明細書)がどの取引に関係するかを明確に示している場合に限り、レジから免除される権利を与えます。

例2。

アレクサンダーさんは通販で販売しています。トランザクションごとに、彼は販売レシートを発行します。これは、誰に代わって販売が行われているのかを示します。購入者は、電子メールで受け取った領収書の番号を入力して、PayPal経由で支払いを行います。アレクサンダー氏はレジの免税を利用する権利がありますか?

はい、銀行口座が購入者から受け取った特定の支払いがどのような取引であったかを正確に示している場合、アレクサンダー氏はレジからの免税を利用する権利を有します。

クレジットカードでの支払いとレジからの解放

税務当局は、支払いカードによる支払いを銀行を通じて行うとは見なしていないため、この形式の支払いでは、納税者は、附属書の付属書の項目36および37に規定されているレジの免除の恩恵を受けることができません。レジ免除に関する規制。この見解の証拠は、多くの税の解釈です。それらのいくつかをフォローしましょう。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

最初に、2014年6月13日にポズナンの税務署長によって発行された税の解釈、ILPP2 / 443-294 / 14-2 / SJを見ていきます。その文言によると、納税者は:

「(...)クレジットカードまたはデビットカードで支払いが行われる自然人に特定の活動(電子書籍の販売)を提供する場合、売上高を記録する義務を免除される権利はありません。この方法での支払いはアイテムからの支払い条件を満たさないため、レジを使用して支払うべき税額規則の付属書の37。したがって、申請者は、クレジットカードまたはデビットカードで支払いが行われる/行われる状況で、事業活動を行っていない自然人およびレジでの一括払い農家への電子書籍の販売を記録する義務があります。.

重要なことに、ポズナンの税務署の局長は上記の立場を維持し続けています。これは、2015年5月8日のILPP2 / 4512-1-103 / 15-2 / JKの解釈によって確認されています。

(...)当面の場合、クレジットカードでのお支払いは現金でのお支払いとして扱われますのでご注意ください。

クレジットカードで支払いを行う自然人にサービスを提供する関係者は、この方法で支払いを行うため、レジを使用して売上高と税額を記録する義務を免除される権利はありません。アイテムからの支払い条件を満たしていません規則の付属書の38。

したがって、申請者は、早期に主観的免除を失った場合に限り、クレジットカードで支払いが行われる状況で、事業活動を行っていない自然人および定額農民への売上をレジで記録する義務があります(... )」。

また、2015年7月10日の解釈でワルシャウの税務署長であるIPPP2 / 4512-321 / 15-5 / RRは、ポズナンの前任者の立場を確認し、次のことを認識しています。

(...)支払いカードを使用してサービスに対して購入者が支払う場合、会社は、§2秒に従ってレジを使用して販売記録を保持する義務の免除の恩恵を受けない場合があります。アイテムと組み合わせて1ポイント1 2014年11月4日の財務大臣規則の付属書の38、支払いカードの支払いは現金支払いとして扱われるため、項目で言及されている支払い方法の条件規則の付属書の38。

この場合、会社は、項目で言及されているレジを使用して売上を記録する義務の免除を利用することができません。規則の付属書のパートIIの38、事業活動を行わない自然人および定額農民にサービスを提供する場合、支払いが以下の支払いカードによって行われる状況で上記の規則の規定に規定されている原則(...)」。

支払いシステムの可能性を拡大するとともに、起業家は顧客によるさまざまな種類の支払いオプションを使用します。カードによる支払いの場合のレジからの解放を除外する税務当局の絶対的な立場の例外は、支払いカードの事前承認です。このような状況では、購入者の支払いカードは、締結された契約に従って、たとえば毎月周期的に、オペレーターによって自動的に請求されます。

このような解決策は、2020年12月3日の個別判決0114-KDIP1-3.4012.567.2020.2.MTで、国税情報局長によって確認されました。

„(...) 顧客は、車両のレンタル資金が端末に請求されるカードを保持するような方法で、支払い/デビットカードを使用して支払いを行うことはありません。 (...)カードは、レンタル契約を締結し、会社の内部システムを使用して車を引き渡すときに事前承認されています。契約終了時に、カードに請求される費用が請求されます。クレジットカード事業者は、当社から送信されたレポートに基づいてカードに請求します。 (...)

したがって、このように提示された事件の説明とともに、出願人は§2パラに従って可能性があることを述べておく必要があります。に関連する規制の1アイテム付き附属書の37は、クレジット/デビットカードで支払いが行われる乗用車レンタルサービスに関連して記録する義務の免除を適用し、支払いを文書化する記録と証拠は、どの特定の活動が関連していたかを明確に示しています。したがって、申請者は、本申請書に記載されている方法で、すなわちクレジット/デビットカードによって支払いが規制されている乗用車レンタルサービスの売上を、そうでない自然人のためのレジを使用して記録する必要はありません。事業活動と定額農民を行う。”.

要約すると、ペイメントカードによる支払いの場合にレジからの免税を適用する権利からの除外に関して、通訳ラインは長年変更されていません。一方、支払いカードによる支払いが売り手の敷地内で直接行われない状況では、税務当局はそれほど制限的ではありません。検査中に税務当局が不快な結果を招くことを避けるために、支払いカードを使用した支払いは、銀行を介した支払いと同等に扱われるべきではありません。上記に関連して、支払いカードによる支払いが使用される、異常な形式の決済負債を導入したい場合は、個別の解釈を申請する価値があります。