PIT-UZ-児童税控除の和解フォーム

サービス税

納税者と特定の条件を満たす1人以上の子供に対して親権を行使する個人の両方が、親家族の救済から利益を得る権利を持っています。得られた収入により、納税者への児童税額控除の全額を使用できない場合があり、そのため、返済される場合があります。それを入手するために、提出された年次納税申告書にPIT-UZ付録が添付されました。児童手当の返済額が現在どのように表示されているか、またいくら支払われているかを確認しましょう!

PIT-UZと児童税額控除の払い戻し

親族救済による控除額が控除可能な額よりも多い場合、納税者は、補償範囲がないために考慮できなかった金額の払い戻しを受ける権利があります。

未使用の割引の返品を表示する場合は、制限の対象となることに注意してください。したがって、納税者の​​年次PIT-36またはPIT-37宣言で控除できる社会保障と健康保険の拠出金の合計を超えることはできません。上記の拠出金は、納税者も提出する義務がある場合、PIT-36Lおよび/またはPIT-28納税申告書で差し引かれる拠出金によって減額されることを強調しておく必要があります。 配偶者と共同で和解が行われる状況では、児童税額控除の返済限度額を決定するために、両親のZUS拠出金が合計されます。上記の意味で、配偶者は次のとおりです。両親、法定後見人、里親は課税年度を通じて結婚したままです。
児童手当の返済は、納税者が手当の全額を使用しなかった結果であり、これは次のようになります。

  • 最初の子供-PLN92.67 /月= PLN 1112.04 /年、
  • 2番目の子-PLN92.67 /月= PLN 1112.04 /年、
  • 3番目の子-PLN166.67 /月= PLN 2000.04 /年、
  • 4番目以降の各子-PLN225.00 /月= PLN 2700.00 /年。

2015年でも、親族免税の申告は、年次確定申告PIT-36(特に事業を営む場合)またはPIT-37に添付されたPIT-UZ付録に示されていました。 。現在、この金額は、パートMの年次納税申告書PIT-36に直接表示されています。 380および/または381(納税者が配偶者として行動する場合)またはPIT-37のパートI.項目127および/または128(納税者が配偶者として行動する場合)。

一方、子供のための手当は、現在と過去の両方で(2015年の年次納税申告から数えて)、納税申告書に添付されたPIT / O付録に示されています-パートC、項目内44、posにいる間、子供の数を示す必要があります。 45および/または46(納税者が配偶者として行動する場合)税額控除の価値。次に、パートEで、子供の識別データ(PESEL、名、名前、生年月日)と救済の期日数、およびその金額が完成します。

例1。

2019年、ハリナと彼女の夫は50,000ズウォティの総収入を達成しました。年次PIT-36納税申告書が作成された後、未払税は5,000PLNでした。配偶者には4人の未成年の子供(18歳未満)がいて、その子供にはPLN6,924.12の割引を受ける権利があります。残念ながら、彼らには親族手当全体を使用するオプションがないため、PLN1,924.12のリターンを利用することができます。

免税額を差し引くために、ハリナさんは2018年の年次納税申告書を修正し、返済される金額を示しました。それぞれ、パートMの年次納税申告書PIT-36に記載されています。

例2。

パトリク氏と彼の妻パトリチャは、2019年の年次確定申告で4,224.12ズウォティの児童手当を差し引くことができます。 (親族の免税を考慮せずに)年次確定申告の最初の準備の後、支払われるべき税はPLN1,200でした。確定申告で控除の対象となるZUS拠出金の総額は、2,695.41ズウォティです。未使用の手当のために、配偶者はどのような価値を払い戻しに示すことができますか?

配偶者は、免税額(PLN 4,224.12-PLN 1,200)を差し引いた後、得られた値が支払われたZUS拠出金よりも高いため、払い戻しのためにPLN2,695.41の金額を示す場合があります。したがって、払い戻しは拠出額の制限に含まれ、制限を超える残りの金額(PLN 328.71)は没収されます(翌年の確定申告では差し引かれません)。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

配偶者との和解-PIT-UZの値は何ですか?

前の段落で述べたように、最後のPIT-UZ付録は2014年の年次確定申告書に添付されていました。ただし、未使用の児童手当の返済額を決済するための規則は引き続き適用されます。以前と同様に、配偶者は共同和解を行い、未使用の救済の返還を1つの文書(年次PIT-36 / PIT-37宣言)で示すことができます。さらに、配偶者は、均等な部分または彼らが決定した任意の割合で払い戻しを申請することができます-適用される制限の金額を考慮に入れることを忘れないでください。

PIT-UZ付録およびPIT / O付録

児童手当の値のみを示す現在のPIT / O付録は、PIT-UZ付録とは大幅に異なります。原則として、PIT-UZ付録は、とりわけ、社会保険および健康保険の拠出額、控除される金額と確定申告で控除される金額の差、または返金される合計金額。したがって、未使用の救済により返還された金額の価値は、年次確定申告PIT-36 / PIT-37からそれぞれ、支払い(価値を増加)または払い戻し(価値を減少)に起因する金額の影響も受けました。 )。 PIT / UZ付録には、納税者が未使用の親族免税の払い戻しを受ける権利がある場合に限り、和解に起因する所得税のために払い戻される金額も含まれていることに言及する価値があります( PIT-UZ付録)。その他の場合、年次確定申告の結果の値は、申告書に直接表示されていました(PIT-UZ添付ファイルが添付されていない場合)。