電子版のみのPIT-4R宣言

サービス

従業員を雇用することにより、雇用主はとりわけ責任を負います。各被雇用者に課せられる個人所得税(いわゆるPIT-4)の毎月の前払金を支払うため。したがって、彼は従業員に代わって支払われる所得税の支払人になるため、PIT-4R宣言で年次決済を決済する義務があります。

従業員の所得税の決済

従業員の前払いは、前月の毎月20日までに支払う必要があります。徴収された所得税の前払金に関する年次情報は、雇用主(支払人)からPIT-4Rフォームで税務署に提供されます。 特定の年のPIT-4R宣言に関する正当な前払金の最終開示は、前払金が支払われた翌年の1月31日までに行われます。

インターネット経由のみのPIT-4R

数年前から、財務省のWebサイトで電子申告サービスが利用可能になっており、PIT決済をオンラインで送信できます。毎年、インターネットを介して送信されるデータの範囲をさらに広げることができる新しいソリューションが開発されています。 2019年以降、すべての雇用主はPIT-4Rを電子形式でのみ提出する必要があります。現在、紙の形式で提出された申告は税務署によって受け入れられません。 自然人である支払人がインターネット経由で提出したPIT-4R宣言は、電子署名で署名する必要はありません。申告書を送信するときは、支払人の承認データ(名前、名前、NIP / PESEL番号、生年月日、表示されている収益額)を提供するだけで十分です。

PIT-4R宣言に署名する弁護士の権限

自分でPIT-4R宣言を作成しない起業家は、会計事務所を通じて、他の人、たとえば会計事務所の会計士の電子署名を使用して、彼または彼女を提出の代理人として指名することができます。宣言。このためには、UPL-1フォームを税務署に提出する必要があります。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

PIT-4Rを提出する際の受領の公式確認

申告書を期限内に提出するのは支払人の責任であるため、申告書が実際に事務所に届けられたことを確認することが重要です。オンライン申告書の提出の確認は、公式のUPO証明書であり、正式に確認されたフォームが税務署に送信されたことを確認します。

wFirma.plシステムでのPIT-4R宣言の生成

給与システムでは、前年に雇用された人のPIT-4R申告書を簡単に作成できます。そのようなソフトウェアの1つはwFirma.plです。この宣言を生成するには、[スタート]»[税金]»[年次宣言]»[宣言の追加]に移動し、リストから年次総所得宣言(PIT 4R)を選択します。

この申告書を作成したら、税務署に直接送ることができます。

財務省のサーバーによって承認されると、ユーザーはUPOをダウンロードできるようになります。