eショップの問題:配信の遅延-どのように対処するか?

サービス事業

ますます多くのユーザーがオンラインで購入することを決定します。彼らはより安く、より速くそしてますます安全に見えます。準備して配達する注文の数が増えていることは、すべてのオンラインストアの所有者を確かに喜ばせます。パッケージ商品は注文者への発送を待っています。これは、オンラインストアでの購入プロセスが式に従ってどのように見えるかです。しかし、遅かれ早かれ、注文の実行が遅れて長引くことが判明し、それがe-起業家を彼から購入する顧客の損失と不満にさらします。時間通りの配達は、オンラインストアの所有者を悩ませている最も一般的な問題の1つであることが判明しました。配達の遅れは、eショップと顧客との関係にどのように影響しますか?

小包の配達の遅れ-理由

荷物の到着が遅れているため、洪水や吹雪など、人の手に負えない事態が避けられないことが原因のようです。しかし、注文を時間どおりに配達できないことは、たとえば、より多くの勤勉さによって回避できた可能性のあるありふれた出来事によって引き起こされることが非常に多いことが判明しました。

それらの1つは、出荷ドキュメントのエラーです。船荷証券が正しくないと、他の通関書類が発行される可能性があり、その結果、関税、追加費用、および支払いの遅延に関連する料金が増加する可能性があります。これらの要因は、配信速度にも直接影響します。誤ったデータを入力することはエラーの最も一般的な原因であり、それが注文配信のペースとプロ意識に影響を及ぼします。起業家にとって、これはすべての顧客の詳細が正しく入力されていることを確認する必要があるだけでなく、間違いがあった場合に小包が正しい住所に送られず、追加費用が発生する可能性があることを意味します。

しばらくの間市場で活動している人々の場合、小包を送ることは日常的な活動になっています。注文処理システムが非常に自動化され、あまり注意を払う必要がなくなると、不正確さや遅延につながる可能性のあるものを見落としがちになります。専門家によって設計された輸送システムを使用する企業は、時間通りに貨物を送るのに問題があるかもしれないので、これは中小企業の領域だけではありません。

コミュニケーションは、注文のタイムリーな配送に影響を与える可能性のあるもう1つの要素です。サプライヤーは、出入りする貨物が時間通りに受取人に届くようにする多くの重要なメッセージを送信する責任がありますが、それは効果的なコミュニケーションが彼らの仕事だけであることを意味しません。オーダーフルフィルメントの責任者が倉庫に商品の到着を通知しなかったため、多くの有望な企業が倒産したことが判明しました。さらに、それはバイヤーとサプライヤーの期待の違いと重なっています。

最終的な原因は、不十分なレイテンシ管理です。配達の遅延をすべて回避することは不可能ですが、ここでは、前述のハリケーンやその他の自然災害を思い出させます。これらのイベントの悪影響は、適切な準備によって最小限に抑えることができます。したがって、最も重要なことは、それらの発生の可能性について即座に情報を入手することです。多くのサプライヤーは、途中で輸送の問題をチェックできる特別なシステムを提供しています。これらの自動通知ツールは、予期しない状況による遅延の管理に重要な役割を果たすことができます。

興味深いアイデアは、各パッケージが時間どおりに顧客に届くようにすることです。次に、精度、効率、通信に重点を置くことで、遅延を効果的に減らすことができます。

配達の遅れ-それにどう対処するか?

遅延に効果的に対処できるようにするためには、荷送人の意欲や注文の配送に関係なく、遅延が時々発生することを認識する価値があります。大企業と中小企業の両方で、タイムリーな出荷を妨げる状況が発生する可能性があります-注文された商品の定期的な不足、完了した注文の不足、不適切に計画されたプロモーションキャンペーン。

残念ながら、倉庫の棚に見つからない商品をお客様が注文した場合は、同様の状況が発生しないように配送を手配することをお勧めします。または、終了したばかりのものをすばやく購入できる代替ソースを探すこともできます。

もう一つのこと-注文を逃した。一般に、このような状況は発生しないはずですが、たとえば、出荷が多すぎると、何かが発生する可能性があります。その場合、唯一の解決策は、すぐに顧客に連絡し、配達の遅れを顧客に通知し、不便をお詫びし、補償として注文を配達する別の方法を提案することです。

プロモーションキャンペーンを実施する場合も、配達の遅延は発生しないはずです。顧客が製品の魅力的な価格に直面した場合、たとえば2つではなく、100以上の販売が期待できます。詳細な計画により、追加の製品を購入する必要があるときに注文を送信したり、追加のコストが発生したりする問題を回避できます。

トレードクレジットがないために特定の製品を購入できない場合はどうなりますか?確かに、すべてのオンライン販売者はそのような状況に遭遇しました、しかし、それは取引が完了するのを妨げるべきではありません。在庫のない商品の場合と同様に、ここでは商品を入手できる別のソースを探す価値があります。予期しない状況で顧客に送る必要のあるアイテムをいつでも購入できるサプライヤの小さなネットワークを作成することをお勧めします。これにより、eショップの運営における遅延の数が確実に大幅に減少します。

配達の遅れ-次は何ですか?

商品の不足や見落としによる注文完了の遅れがわかっている場合は、購入者に連絡して問題を通知する必要があります。別の納期または(遅延が商品の不足に関連していた場合)代替製品を提案することができます。注文システムと倉庫を組み合わせるのは非常に良い考えです。すでに注文しているときに、顧客は商品を注文できるかどうかを知ることができるからです。

サプライヤー(残念ながらその義務を果たさない宅配会社)に問題がある場合は、出荷を監視できるサプライヤーのサービスを利用することをお勧めします。遅延について知っているので、顧客に連絡して状況を報告することができます。それらが非常に頻繁に発生する場合は、運送会社を変更することを決定する必要があります。