JPK_V7でのMPPの指定

サービス税

2020年10月1日以降、すべてのVAT納税者は新しいJPK_V7を発送する必要があります。分割払いメカニズムを含むトランザクションの場合、JPK_V7の指定MPPを使用する必要があります。記事を読んで、新しいJPK_V7に分割払いの請求書を含める方法を確認してください。

JPK_V7でのMPPの指定-分割払いとは何ですか?

2019年11月1日以降、起業家(バイヤーとして行動)は分割支払いを使用して支払いを行う必要があります。一方、起業家(売り手として行動する)は、請求書に「分割支払いメカニズム」という注釈を追加し、購入者からの分割支払いを受け入れる必要があります。分割払いメカニズムが義務付けられるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 取引額は少なくともPLN15,000グロスです。
  • 請求書には、VAT法の付属書15の商品またはサービスを含むアイテムが少なくとも1つ含まれている必要があります。
  • 売り手と買い手は起業家です。

上記の条件が満たされない場合、売り手は分割支払いを使用する義務がなく、買い手はこの方法を使用して支払う義務がありません。アートに準拠。 108a段落。 VAT法の2では、分割支払いメカニズムは、2つの銀行口座に分割支払いを行うことで構成されています。

  • VATアカウント;
  • サプライヤーの請求書。

例1。

2020年10月31日、VAT納税者は、VAT法の付属書15に記載されているサービスを、別の納税者に総額2,000ズウォティで提供しました。請求書は2020年11月1日に総額20,000ズウォティで発行されました(請求書には、この受取人に提供される他のサービス項目が含まれています)。分割支払いメカニズムを介して支払いを行う必要がありますか?

はい。請求書にはVAT法の付属書15の商品が含まれており、金額が15,000 PLNを超えるため、購入者は分割支払いメカニズムを使用して支払いを行う義務があります。

例2。

2020年10月31日、VAT納税者は、VAT法の付属書15から総額5,000ズウォティの商品を非VAT納税者に納税しました。請求書は、購入者に配達された他の商品が含まれているため、2020年11月1日に総額20,000ズウォティで発行されました。請求書には「分割支払いメカニズム」という注釈を付ける必要がありますか?

はい、請求書には「分割支払いメカニズム」という注釈が含まれている必要があります。

MPPマーキングはJPK_V7でいつ適用する必要がありますか?

2020年10月1日以降、すべてのVAT納税者はJPK_V7を発送する必要があります。新しいJPK_V7ファイルでは、MPPを含むいくつかのトランザクションを新しいシンボルでマークする必要があります。分割支払いメカニズムの基本原則は変わりませんが、起業家はSPMマーキングを必要とする取引を扱う際に特に注意する必要があります。 JPK_V7のレコード部分のエラーごとに、PLN500のペナルティがあります。ただし、これはマーキングを必要とせず、納税者が記号を割り当てたすべての取引にも当てはまることに注意してください。つまり、JPK_V7では、分割支払いメカニズムを使用する義務がある取引に対してのみMPP記号を入力する必要があります。 JPK_V7のMPP指定は、買い手側と売り手側で使用する必要があります。

例3。

VAT納税者は、VAT法の付属書15に記載されている商品を、総額15,000ズウォティで別のVAT納税者に販売しました。商品は2020年10月5日に配達されました。売り手は、新しいJPK_V7のMPPマークが付いた請求書を発行する義務がありますか?

商品の供給者は、「分割支払いメカニズム」という注釈が付いた請求書を発行し、新しいJPK_V7でMPP記号を付ける義務があります。

例4。

VAT納税者は、総額25,000ズウォティの請求書を発行しました。これには、付加価値税法の付属書15の商品を含む1つの品目が含まれ、総額2,000ズウォティが含まれます。売り手は新しいJPK_V7でMPPマーキングを使用する必要がありますか?

商品の供給者は、「分割支払いメカニズム」という注釈が付いた請求書を発行し、新しいJPK_V7でMPP記号を付ける義務があります。

例5。

起業家は、VAT法の付属書15から、総額16,000ズウォティの商品を自然人に配達しました。起業家は、新しいJPK_V7でSPM請求書にマークを付ける義務がありますか?

いいえ、取引は自然人向けであるためです。 MPPの適用は、起業家間の取引を対象としています。

分割払い-刑事制裁

発行された請求書に必要な注釈「分割支払いメカニズム」がないため、VAT法の付属書15に含まれる商品のVAT額の30%の罰金制裁のリスクがあります。請求書。行われた取引が分割支払いの使用要件を満たしている場合、売り手は請求書の印刷物に「分割支払いメカニズム」をマークする義務があります。 SPMに関する注釈がないにもかかわらず、買い手が請求書または少なくとも付属書15のこの商品に対して分割支払いを使用して支払いを行った場合、売り手はペナルティを回避できます。

刑法第57c条

§ 1.

納税者は、義務に反して、分割払いのメカニズムを支払わずに請求書に起因する金額を支払うと、最高720日分の罰金が科せられます。

§ 2.

軽微な違反の場合、§1で指定された違反の実行者は、税務違反の罰金を科されるものとします。

例6。

VAT納税者は、VAT法の付属書15に含まれていない商品に対して総額15,000ズウォティの請求書を発行しました。請求書には、「分割支払いメカニズム」という注釈が含まれています。購入者は、分割支払いメカニズムを使用して支払いを行いました。それが正しいか?

SPM条件を満たさない請求書には、分割支払いメカニズムのマークを付けないでください。請求書にこの情報を記載するのは間違いです。一方、請求書がSPMの条件を満たしていない場合でも、SPMによる支払いは正しくありません。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

例7。

売り手は、VAT法の付属書15にあるサービスの請求書を発行しました。請求額は総額10,000ズウォティです。請求書には「分割支払いメカニズム」とは記載されていません。売り手はそれを着るべきですか?

いいえ、VAT法の付属書15に含まれているサービスにもかかわらず、請求額は総額15,000PLNを超えないためです。売り手は、MPPマークを付けてこの取引を表示しないでください。

例8。

VAT納税者は、総額15,000PLNを超える金額の請求書を発行しました。請求書には、付加価値税法の付属書15の商品が10,000ズウォティ(VAT 1869.92)で含まれています。納税者は、請求書に「分割支払いメカニズム」という注釈を付けていませんでした。刑事制裁を課すことはできますか?

売り手は、添付ファイル内の商品にVATの30%のペナルティ、つまりPLN 560.98(1869.92 * 30%)を請求される場合があります。

JPK_V7でのMPP指定-wFirma.plシステムでそれを取得する方法は?

wFirma.plシステムでは、発行された請求書に新しいJPK_V7のMPP記号を付けることができます。これは、次のパッケージで入手できます。

  • セールスマネージャー(販売管理+倉庫);
  • オンライン会計;
  • オンライン会計+大規模な倉庫。

wFirma.plでSPMを使用して請求書を発行する

SPMのマークが付いた請求書を発行するには、[収益]»[販売]»[展示会]»[請求書]タブに移動します。開いたウィンドウで、基本データを入力する必要があります。次に、[ACCOUNTING]サブタブに移動し、[ACCOUNTINGSCHEME]フィールドまたは[CONSTRUCTIONSERVICES-SPECIALCASE]で[SPLITPAYMENT]を選択します。

予約された請求書は、販売VATレジスタ、列7のKPiR、「商品とサービスの販売」または収益レジスタ(一括払いの場合)、およびSPMマークが付いた新しいJPK_V7(総額の場合)に入力されます。値がPLN15,000を超えています)。請求書のプリントアウトには、「分割支払い方法」という注釈も含まれます。

SPMからの購入請求書をwFirma.plに転記する

SPMのマークが付いた請求書を転記するには、[経費]»[会計]»[追加]»[付加価値税の請求書]タブに移動します。開いたウィンドウで、基本データを入力する必要があります。次に、[海外からの輸入]および[その他の高度な]サブタブに移動し、[支払いの分割]オプションを選択します。

予約された請求書は、購入のVATレジスタ、KPiR、およびMPPマーク付きのJPK_V7に入力されます。 システムは、PLN15,000の値を自動的に制御します。この金額を下回ると、予約時にオプションを選択しても、請求書にはSPMのマークが付けられません。