破産手続きの開始と執行に対する債務者の保護

サービス

破産手続は破産法(以下、Pr。Up)で規制されています。一方、リストラおよびリハビリテーションの手続きは、リストラ法で規制されています。債権者から会社の資産を保護したい債務者は、破産、リストラ、または回復手続きを開始するための適切な申請書を提出することを検討することができます。

リストラまたは破産手続において破産裁判所が破産を宣言した場合、債務者の資産に担保を設けることにより、この資産を重大な枯渇から保護することができます。その後、破産した債務者の資産は破産不動産に含まれます。また、債権者との取り決めの規定を実施するために使用することもできます。破産またはリストラ手続きの規定により、保留中の執行を一時停止することができます。さらに、経済状況が許せば、債務者は企業の事業を継続することができます。以上が、お世話になっている企業の財務状況の改善に貢献する可能性があります。

債務者の破産を宣言する命令

破産申請を提出した結果として、裁判所は、要求に応じて、または職権で、債務者の資産を確保することに注意する価値があります。裁判所の決定は直ちに出されるべきです。したがって、債務者に対する強制手続を継続または開始する範囲は限られています。アートに準拠。 38Pr。上。裁判所は、臨時裁判所の監督者を任命することにより、債務者の資産を確保することができます。

2012年1月10日の最高行政裁判所の判決によると、ファイル参照。行為。 II FSK 1182/10 「破産の申立てを提出することは、債務者の債務を執行する可能性を妨げるものではありませんが、破産裁判所が一時的にそれらを一時停止することによって執行手続きの過程で干渉することを可能にします。破産申請の提出は、そのような申請の正当性と有効性を予断するものでもありません。アートの提供。 146§2Pr。上。破産不動産への譲渡義務は、破産宣言後の法律の施行によりその後停止され、執行債権者にまだ解放されていない執行手続で徴収された金額に関連することを意味すると理解されるべきである。執行額の発行への言及は、破産の宣言後に執行だけでなく、譲渡が行われた状況には適用されない場合があります。. 破産命令の日付は破産の日付です。第二審裁判所により判決が取り消された結果、事件が再審理された後に破産命令が出された場合、最初の破産命令の日付は最初の破産命令の日付である(第52条Pr。 。 上)。 アートに準拠。 144Pr。上。破産の宣言後、破産不動産に関連する裁判所、行政または裁判所行政手続は、受領者によって、または受領者に対してのみ開始および実施することができます。上記の規定は、人身傷害または健康障害または稼ぎ手の喪失に対する責任、および生命年金の権利の内容によってカバーされる権利の転換に関する破産による維持および年金の場合の手続には適用されません。生命年金に。さらに、受取人は、破産した債務者のために、彼自身に代わって手続きを行います。したがって、債務者は、受領者に対して会社の資産を独立して管理する権利を失います。

したがって、債権者は、破産日より前に支払われるべき請求は、その日以降に追求することはできませんが、破産手続きに参加することによって回復することができることを覚えておく必要があります。執行手続の結果、破産した債務者に支払うべき金額を回収することは不可能ですが、破産した日以降は不可能です。ただし、裁判所が破産手続の中止を決定した場合、執行手続の一環として、一般的な条件で債務および請求を行うことができます。 破産命令は、破産した債務者をさらなる財産の損失から保護します。

破産手続きの開始と執行に対する債務者の保護。

アートに準拠。 146Pr。上。破産日より前に開始された破産不動産に含まれる資産に対する執行手続は、破産日に法律の施行により停止されるものとします。これらの手続きは、破産の宣言が確定した後、法律の施行により中止されます。破産宣言日以降、破産不動産の一部を構成する資産に強制力を行使し、破産者の財産の担保を確保または命令することは、維持請求および補償請求を確保することを除いて、容認できません。病気、働けないこと、障害または死亡。そして、生命年金の権利の対象となる資格を生命年金に変換すること。 破産した債務者の資産に対して向けられたすべての執行手続は、破産が宣言された日に中断され、破産の宣言は最終となり、執行手続は中止されます。 執行手続の停止は、執行手続においてそれ以上の措置を講じることを許可しないが、完了したものは効力を維持していることは注目に値する。執行手続が中止されると、実施された執行活動は取り消されます。

上記を考慮して、実施されたすべての執行活動の取消しの結果として、債権者は、執行の結果として徴収された金額に振り替えることはできません。したがって、債権者に解放されていない執行手続で得られた資金は、破産を宣言する最終決定後の破産不動産に含まれます。執行吏は、破産命令が出されるまで、以前に執行された金額を債権者に送金することを含め、いかなる措置も講じることができないことに注意する価値があります。

上記の原則の執行当局による違反および執行手続の一時停止の結果として得られた金額の移転の場合、請求者は、アートに従ってこれらの金額の払い戻しを請求する権利を有します。民法第405条(すなわち、法的根拠なしに、他の人を犠牲にして重要な利益を得た人は、現物で利益を与える義務があり、それが不可能な場合は、その価値を返す義務があります)。 ビジネス破産についてもっと読む:
会社の破産-いつ、どのように発表するのか?
衛生と破産-違いは何ですか?
破産手続きと債務免除 2010年4月20日のワルシャワの控訴裁判所の判決によると、ファイル参照。 Act I ACa 39/10 「アートに基づく法律の施行により停止された後、執行された金額の返還を請求し、執行当局によって債権者に分配された。 146段落。 1Pr。上。執行手続において、原告は請求を受ける権利を有するが、これらの金額を受け取った債権者に対して、破産手続においてその債権が満たされるべきである(Pr。upの第146条(2))」。

したがって、執行吏は、特に、破産手続が係属中の債務者の状況を調査し、その各段階を管理する必要があります。 2020年12月1日から、債務状況を管理する機能を持つ国家債務者登録に関する2019年12月6日の法律の規定が施行されることを思い出してください。登記簿には、破産およびリストラ手続、事業活動の禁止に関する最終決定、債務者を特定するデータ、破産申請が却下された営利企業のパートナー、債務者によるリストラ申請書の提出、破産申請および申請書の審査に関する手続の最終的な却下または中止。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

取り決めの承認と執行手続きの実施の可能性のためのリストラ手続きの開始

リストラ手続の開始に関連してすべての執行手続を一時停止するという原則の例外は、取り決め手続です。このような場合、債権者は、取り決めの承認手続きの期間中、債務者の財産を執行する権利を有します。取り決めの承認手続きは、裁判所が取り決めを承認することを決定する間、取り決めの監督者と一緒に債務者によって行われます。

要約すると、破産手続の開始は破産した債務者の資産の安全性に影響を与えることを強調する必要があります。裁判所による破産決定の発行は、破産手続の過程で開始された執行手続を中止します。債権者が債務を回収したい場合は、破産手続きに参加することで回収できます。債務者の破産の判決が確定した日をもって、すべての執行手続は中止されます。執行手続きを一時停止する可能性があるため、破産手続き中に執行された請求を破産不動産に含めることができますが、資産を枯渇から保護することができます。