課税形態の選択に関する宣言-議論のあるテンプレート

ダウンロード

事業活動を開始する起業家は、課税形態の選択に関する宣言を提出します。その後の年ごとに、納税の形式を変更することができます。以下の記事を読んで、課税の形式の選択と変更に関する最も重要な事実を学び、無料の申告テンプレートをダウンロードしてください。

PDFおよびDOCX形式の課税形式の選択に関する宣言の無料テンプレートをダウンロードしてください

ダウンロードする:

pdf
課税形態の選択に関する宣言-template.pdf説明:手動による記入 docx
課税形態の選択に関する宣言-template.docx説明:編集、印刷、保存

起業時の課税形態の選択

CEIDGに事業を登録するとき、すぐに課税の形式を示すことができます。次から選択できます。

  • 一般的なルール-規模に応じた課税(この形式の課税は起業家に自動的に付与されます)、

  • 個人所得税法(以下、updof)の第30c条に基づくフラットタックス、

  • 記録された収益の一括払い、

  • 税務カード。

CEIDG-1フォームに記載されている選択は、課税フォームの選択に関する宣言でもあります。税務カードの場合のみ、PIT-16フォームを追加で提出する必要があります。

累進課税(規模に応じた)による課税は、法律の運用により利用可能です。起業家がCEIDG-1フォームに課税フォームのいずれにもマークを付けていない場合、または税務署長に個別の申告書を提出しない場合、税は次のスケールに従って適用されます:17.75%および32%( 2019年のPLN85 528)の余剰については、2020年には17%と32%です。

CEIDG-1提出方法

課税形態の選択に関する宣言でもあるCEIDG-1申請書を提出する必要があります。

-電子フォーム(CEIDG Webサイトで入手可能)を介して、

-行政サービスの電子プラットフォームを介して、

-経済大臣の広報速報で、

-選択されたコミューンオフィスで(直接または書留郵便の形で)。

課税形態の選択に関する宣言-提出期限

事業活動を開始するときだけでなく、その実施中にも、規模に応じた税以外の課税形態の選択に関する宣言を提出する必要があります。

  • 課税年度の最初の所得が達成された月の翌月の20日まで、または課税年度の12月に最初の所得が達成された場合は課税年度の終わりまで。 (記録された収入に対してフラットタックスまたは一括払いを選択する場合)、

  • 事業開始前または課税年度の1月20日まで(税カードを選択する場合は、別のPIT-16フォームで)。

選択した課税形態が翌年も継続する場合は、税務署長への追加通知を作成する必要はありません。その後、事務所は納税者が翌年も所定の課税形態を継続すると想定します。