ひとり親-割引を受ける資格があるのは誰ですか?

サービス税

年次確定申告書を提出する時期には、最適な所得決済の形態を探す必要があります。ひとり親は、配偶者と同様に、例外的に優先的な条件で税務当局との決算を行うことができます。特定の条件下では、税金は2回計算できますが、収入の半分に基づいて計算されます。所得の半分に基づく納税は、高所得者(税スケールの2番目のしきい値を回避)と比較的低所得者(より高い減税額を適用する可能性)の両方にとって有益です。

ひとり親の法定定義はありません

個人所得税法(第6条)には、ひとり親が上記のアルゴリズムに従って所得を決済するために満たす必要のあるいくつかの条件が含まれています。つまり、所得の半分の2倍の税額を計算します。これらの条件には、とりわけ次のものが含まれます。

  1. 未成年の子供または年齢に関係なく、個別の規則に従って介護手当(補足)または社会年金を受け取った子供、または25歳までの教育を受けた子供(課税対象)の単一の親の育成年は、減税額と税率の比率よりも高い収入を受け取りません。
  2. もう一つの重要な問題は、親と子(ren)が芸術の規定の対象となる収入を得ることができないことです。造船業および補完産業の活性化に関するPIT法(19%フラットタックス)、一時所得税法、とん税法または2016年7月6日の法律の30c。
  3. 年次確定申告でひとり親として所得決済の申請書を提出する(2019年1月1日からの文言のPIT法に従い、申請書は4月30日以降、つまり年次確定申告書の提出期限後に提出することもできます。 -以前はそのような可能性はありませんでした)。

規則には、ひとり親と見なされる人々のカテゴリーも記載されています。これらには、未婚の女性、独身者、未亡人、寡婦、離婚者、離婚者、または別の規制の下で離婚した人、または配偶者が親権を奪われているか奉仕している場合は結婚している人である両親または法定保護者が含まれます投獄の自由の文。

上記の問題は非常に明確に見えるかもしれませんが、ルールは事実上、シングルペアレントの意味を示していません。 立法者は、特定の人がひとり親として子供を育てているかどうかを判断することを可能にする基準を策定しませんでした。 したがって、「ひとり親」の概念は、その内容が納税者にとって不利であることがしばしば判明している法学を参照して検討されるべきである。

ひとり親子-税務署の解釈

法律にひとり親の定義がないため、この概念の解釈の範囲は非常に広くなっています。最新の個別の解釈の1つに基づく例を以下に示します。この手順の目的は、問題の問題に対する税務署のアプローチを示すことです-私たちはそれを評価するために読者に任せます。

例1。

アンナ夫人は離婚しています。裁判所の判決によると、両親は2人の未成年の子供に対して親の責任を委ねられていますが、子供たちの登録場所は母親にあります(アンナ夫人の居住地では、子供たちは自分の持ち物がある自分の部屋を持っています位置した)。

子供たちが実際にアンナ夫人と一緒に住んでいるという事実は別として、彼女は広い意味で日常的に子供たちの世話をしています。彼は子供たちと一緒に宿題をし、子供たちと一緒に食事を準備して食べ、子供たちが興味を育て、運転し、学校から迎えに行くのを助け、そして子供たちのすべての物質的なニーズを彼ら自身の資源から提供します。医療訪問など

それぞれの親は、他の親の参加なしに、指定された時間に独立して子供たちの世話をしますが、アンナの役割は子供たちを育てる過程で重要です。したがって、彼女はひとり親として定住するための条件を満たしているとの意見です。

2019年3月13日に国税情報局長が発行した個別解釈における上記の事実と申請者の立場、ファイル参照。 0112-KDIL3-2.4011.70.2019.1.AKが無効であることが判明しました。通訳機関は特に次のことを発見しました。

したがって、裁判所の判決の結果は、申請者が子供たちの母親と父親として、お互いに同居していないにもかかわらず、共同の子供たちの育成に積極的に参加しているという事実です。”.

以上のことから、両親が子育てをしていると、同居しておらず、片方の親が教育に深く関わっているにもかかわらず、ひとり親として定住する権利が奪われていると結論付けることができる。平 "週末の子育て他の親の子供たちは、両方の子供たちから免税の恩恵を受ける権利を奪います。

このスレッドを締めくくるために、別の解釈の断片を引用することができます。これは、この問題における現在の法学を要約したものです。

申請者と元妻の2人が同じ子育てをしているという事実は、これらの人のいずれかが一人で子育てをしていると考える可能性を排除していることを述べておく必要があります。優遇所得税の権利は、アートで言及されている自分の子供または養子を持っているすべての未婚者が利用できるわけではありません。 6秒4、そしてこれらの子供たちを一人で育てる人だけ。したがって、申請者はアートに定められた条件を満たしていません。 6秒個人所得税法の4。これは、申請者がひとり親として優先的和解を利用する権利がないことを意味します"-2019年12月6日の個別の解釈。参照番号0114-KDIP3-3.4011.490.2019.1.JK3。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

議会の質問に対する答えは楽観的です

2018年4月4日の議会の質問に応えて、子供を持つひとり親に関連する問題も提起されました。 DD3.054.18.2018。

この文書は、ひとり親の問題をもう少し合理的な方法で解釈し、とりわけ、ひとり親を考慮すべき多くの議論を提供します。上記の例のアンナ夫人。税務当局のそのような制限的なアプローチは、誰の助けもなしに子供を育てている少数の納税者が実際に免税の恩恵を受けることができる状況につながります。この議会の質問に応えて、次のことが適切に指摘されました。

逆に、子供と2番目の親との接触を維持するという事実は、アートに定められた原則に従って、最初の親(子供が同居している)から所得に課税する権利を奪うものではありません。 6秒個人所得税法の4。なぜなら、教義と法学で強調されているように、»完全に一人で子供を育てることは不可能だからです。ひとり親は、子供を育てるために家族(パートナーではない)の助けに頼ることを控えることはできません。したがって、一人で子育てをしている人という概念は、自分の人生のパートナーと定義できる人と、一般家庭に属していない人として理解されるべきであるように思われます。 (A. Bartosiewicz:個人所得税法第6条の解説、第3版、Lex 2013を参照) "(2015年7月7日のグダニスクの地方行政裁判所の判決、ファイル参照番号I SA / Gd 711 / 15)«”.

概要
ひとり親の概念は、親または保護者が実際にひとり親であるかどうかを明確に判断できる法定基準がないため、税法の適用において問題のある問題です。

この問題の解釈から得られた上記の結論は、税務当局の意見では、両親の両方に親の権利を付与し、実際の(通常は不均一ではあるが)世話をすることにより、優遇税制を適用することが不可能になることを示唆しています。

ひとり親として所得税を検討する際には、この記事で説明されている問題と、それぞれの状況が異なり、解釈も異なる可能性があるという事実に留意することが重要です。合理的な解決策は、税務当局による和解に疑問を呈する可能性から身を守るために、あなた自身の場合に個別の解釈を申請することです。