入札公債の課税-いつ行われるべきですか?

サービス税

入札による注文は、ますます一般的な商慣習となっています。入札による販売の場合、敷金が一般的な保証金です。その支払いの必要性は、それに本当に興味を持っている起業家だけが入札に参加することを意味します。一方、主催者は、入札の勝者が気が変わった場合に備えて、彼の利益を保護します。入札公債課税は義務付けられていますか?

サービスまたは商品の支払いとVAT

アートを分析するとき。付加価値税法の5(1)(1)では、商品またはサービスの供給がVATの対象であることを認識するために、絶対条件は特定の活動に対する支払いであると述べておく必要があります。支払いとは、報酬のための活動(商品の供給とサービスの提供)の実行を意味します。口語的に言えば、報酬は仕事に対する支払い、支払い、そして報酬、報酬です。一方、有料とは、支払い、払い戻し、支払いが必要なものです。

上記の分析は、報酬の本質的な特徴は、商品またはサービスの供給と受け取った支払いとの間に直接的な関係が存在することであるという結論につながります。したがって、活動は、検討のために実行された場合にのみ課税されます。商品またはサービスの供給者の側に直接かつ明確に個人化された利益がある場合、それはそのように見なすことができます。

私たちが報酬を扱っているかどうかを決定する別の要因は、そのような報酬が与えられた利益のために支払われるべきであったかどうかを決定することです。上記を考慮すると、課税対象となる活動は、当事者間の契約で指定された法的関係の存在に関連してのみ発生します。したがって、事業体間の大陸法関係に基づいて、実施された活動と受け取った報酬の額との間には直接かつ必要な関係がなければならず、同時に報酬は金銭で表される場合があります。

要約すると、活動は義務契約に基づいて実行された場合にのみ課税され、取引の当事者の1人がこの活動の直接の受益者と見なされる場合があります。同時に、受け取った支払いと支払い当事者への利益との関係は、このサービスの見返りに支払いが行われたと言えるように、直接的かつ明確でなければなりません。

したがって、商品の配達に対する支払いまたはサービスの提供に対する支払いの概念は、商品を配達する、または商品の購入者、サービスの受信者、または3番目の人から要求するサービスを提供するエンティティの権利として理解されるべきです。価格または同等の金額の当事者による支払い(例:対価の形で)。

上記の結果として、消費者がいるサービス、すなわち少なくとも潜在的な利益をもたらす利益の受領者のみが、商品およびサービスに対する課税の対象となることを述べておく必要があります。特定のサービスに関連する特定の金銭的利益を引き出す、または引き出す必要のある事業体がない限り、そのサービスは商品およびサービスに対する課税の対象となる活動ではありません。

入札保証金-前払いではありません

アートによると。民法第704条第1項では、オークションまたは入札の条件において、オークションまたは入札に参加する人は、それらを認めないという苦痛の下で、主催者に指定された金額を支払うか、または適切なセキュリティを確立する必要があると規定される場合があります。その支払い(預金)。したがって、デポジットは、支払い時の商品またはサービスの支払いを構成するものではありません。参加者は入札保証を主催者に支払い、主催者は入札が解決されるまで入札を維持します。

例1。

コミューンは未開発の土地を売却する予定です。上記の区画は、公開入札の形で販売されます。入札者は10%の入札保証を提供する必要があります。入札まで主催者が保管します。

したがって、ここでは前払いは扱っていません。保証金はそれを構成しません。

前払いの納税義務

アートの提供に従います。 19a段落。付加価値税法の第8条では、国内取引で課税対象の取引を行う前に事実上すべての支払いを採用することは、その規模に関係なく、法律で明示的に示されている場合を除き、納税義務を生じさせます。納税者によるそのような請求の受領と課税対象の活動(商品の供給またはサービスの履行)との間には直接的な関連がなければならないことは間違いありません。売掛金の一部は、それが支払われるべき活動の遂行に関連する報酬を構成することです。別のケースでは、支払いが行われる将来の課税活動とは関係のない送金自体は、VATに関して中立のままです(課税対象の前払い、前払い、分割払いなどを構成するものではありません)。

例2。

納税者は、申し出によって区画を売却することを決定しました。最高のオファーを提示する起業家は、7日以内に将来の販売のために前払いをしなければなりません。

この場合、納税者が支払いを行うと、VATの納税義務が発生します。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

価格の保持された入札債券

入札に勝った起業家は、入札保証金の場合は返還されません。

例3。

コミューンは未開発の土地を売却する予定です。プロットは無制限の口頭入札の形で販売されます。その参加者は10%の保証金を提供する必要があります。落札者が金銭で支払う入札保証は、物件の購入価格に含まれています。入札に参加することにより、参加者は、勝った場合、入札保証が価格にカウントされることに同意します。この場合、入札保証は前払いになりますか?

上記の例からわかるように、受け入れられたバイヤーの現金預金は、入札に入る前に選択されたバイヤーが同意する購入価格に対して入力されます。このような状況では、間違いなく、保証金が入金されると、入札の対象となる商品の配送価格の一部が支払われます。購入価格に対する入札保証を盛り込んだ結果、頭金や前払いのように既存の機能を失うことはありません。入札債券の担保機能は、アートで指定された預金の方法で規制されていたことを考慮に入れる必要があります。民法の394。勝者が契約の締結を回避した場合、主催者はその金額を担保として請求するか、担保の支払いについて担保の対象から満足を主張することができるという事実で表現されています。

したがって、入札における購入者の選択は、主題と目的の観点から商品の配達の明確な定義を構成します。購入価格に対する保証金の入金を伴う状況では、アートに準拠した商品の配送またはサービスの提供の前に価格の一部を支払うことを意味します。 19a段落。 VAT法の8は、この点で納税義務を生じさせます(2019年5月28日の個別の税務判決、番号0111-KDIB3-1.4012.188.2019.1.KOを参照)。

上記は、2012年3月20日の最高行政裁判所の判決でも確認されています。 IFSK 834/11は、「したがって、入札仕様書に、成功した入札者の入札保証が、選択された請負業者が入札を入力することによって同意する購入価格に対して入力されることを規定している場合、間違いなくこの時点で、入札対象商品の引渡し代金の一部をお支払いいただきます。購入価格に入札保証金を含めることで、頭金や前払いのように既存の機能を失うことはありません。

要約すると、未開発の土地の売却の入札の下で、支払われた保証金のために、アートに基づく価格に対する入札の授与および入札債券の貸方に課税義務が発生します。 19a段落。 VAT法の8。