サービスおよび住宅のVAT課税、つまり8%のVAT率

サービス税

住宅の建設および改修は、特定の条件に従い、8%の付加価値税が優遇される場合があります。住宅または商業目的のみを目的とした建物に割引料金を適用することはそれほど問題ではありませんが、混合用途の建物、つまり住宅とサービスの建物への課税は困難をもたらす可能性があります。この記事の後半では、サービスおよび住宅のVAT課税。彼らの改修の面で。また、納税者が利用できる新しいツールにも注目します。発生した問題の解決に役立つ可能性のあるバインディングレート情報。

住宅建設のVAT率の引き下げ-基本情報

アートに準拠した優先8%のVAT率。 41秒VAT法の12は、以下に適用されます。

  1. 社会住宅プログラムの対象となる建設業界に含まれる建物またはその一部に関連する配送、建設、改修、近代化、熱近代化、再建または保守作業。
  2. 住宅用建物またはその一部に関連するメンテナンス作業。ただし、セクション12のポーランドの建設対象物の分類に分類されている非住宅用建物の商業用建物および住宅用建物を除きます。ポイント1の基礎。

引用された法的規制の次のセクションで、立法者は社会住宅プログラムによってカバーされる建設の概念を説明しました。これは次のように理解する必要があります。
「住宅用建物またはその一部。ただし、商業施設、セクション12のポーランド建築物分類に分類される非住宅用建物の住宅用建物、およびクラスex1264のポーランド建築物分類に分類される施設-ヘルスケアの建物のみ。特に高齢者や障害者向けの医療および介護からの宿泊サービスを提供する機関、およびアートで言及されているマイクロインスタレーション。再生可能エネルギー源に関する2015年2月20日の法律の2ポイント19(Journal of Laws of 2018、項目2389、修正済み)、それらに機能的に関連している」。

したがって、VAT率の引き下げの適用は、基本的に問題の物件の分類に依存します。

ただし、優遇料金を適用するためには、上記の対象物は、住宅の場合は150 m2、一戸建ての場合は300m2を超えてはなりません。面積の大きい建物や住宅については、優遇税率が上記の面積の上限をカバーする場合があり、余剰分は基本VAT税率23%で課税されます。

この時点で、VAT法は、住宅およびサービスビルのコンテキストで上記のカテゴリの作業にどのように課税するかを直接示していないことに注意してください。これは、特にいわゆるの面で問題になります共通部品。 付加価値税法では、サービスおよび住宅の場合の適切な税率の適用に関するガイドラインはありません。

重要なのは、特定の建物を正しく分類することです

8%のVAT率の適用は、特定の建物グループに提供されます。 VAT法は、社会住宅プログラムの対象となる建設用語を使用し、この概念の定義を提供します。一言で言えば、建物がそのように分類される可能性があると信じる理由がある場合は、優遇VAT率を適用することが可能になります。

建物の分類は、アートのVAT法の規定の範囲外です。 2ポイント12は、住宅用建物は、セクション11のポーランドの建築物分類に分類される永住権のある住宅用建物として理解されるべきであるとのみ述べています。この状況では、ポーランドの分類に関する1999年12月30日の大臣評議会の規則を参照してください。建設オブジェクト(PKOB)の。それが住宅であるか非住宅であるかを決定する基本的な基準は、建物の面積です。上記の規制に従って:
「[B]住宅は、総使用可能面積の少なくとも半分が生活目的で使用されている建物です。総有用床面積の半分未満が住宅目的で使用されている場合、そのような建物は、その使用目的に応じて非住宅として分類されます。 建物の特徴を評価するための基本的な基準は、その面積です。建物の半分以上が住宅用に使用されている場合、その建物は住宅用建物と見なすことができます。 上記の基本的な基準を検討することにより、PKOBのセクション11に分類される住宅に接触しているかどうかを判断できます。ここには、一戸建て住宅、2つのアパートと複数のアパートからなる建物、および集合住宅があります。 PKOBのセクション12に分類されている非住宅用建物があります。ホテルや観光宿泊施設の建物。

上記は、特に2019年8月5日の国税情報局長が発行した個別の解釈で確認されています。 0113-kdipt1-3.4012.322.2019.1.mk、特に次のことが指摘されています:
「[M]事件の説明と引用された法的規定を考慮に入れると、申請者が示したように、記載された建設工事は、分類された建物の改修の一環として申請者によって行われることを述べておく必要がありますセクション1130PKOB(集合住宅)のポーランドの建設対象物の分類(社会住宅プログラムの対象となる建設業界に含まれる建物を構成する)によると、これらの工事(サービス)には8%の税率が適用されます。 。

重要なことに、現在の法的状況では、税務署は申請者によって提示された実際の状態に関連しているため、議論された問題の個々の解釈は比較的効果のないツールです。これは、申請者が、たとえば、PKOBのセクション11に分類される建物の改修サービスを提供すると述べた場合、解釈機関はこの情報に拘束されるため、実際の状態を調査しないことを意味します。 2019年11月1日から申請できる拘束力のある料金情報(WIS)によって、納税者にはまったく異なるオプションが提供されます。

サービスおよび住宅のWISおよびVAT課税

2019年11月から、拘束力のある税率情報(WIS)が税務情報ディレクターによって発行されます。この機関を導入する目的は、市場参加者が国税情報局長の決定により、商品の分類(複合命名法-CNによる)またはサービスに関する情報を入手できるツールを作成することです。 (ポーランドの製品およびサービスの分類-PKWiUによる)。納税者は、ポーランドの建設オブジェクト分類-PKOBに従って分類に関する決定を取得することもできます。商品またはサービスの説明と関連する上記の分類を含む決定は、正しいVAT率を決定することを目的としています。 拘束力のある料金情報は納税者に役立ちます。ポーランドの建築物分類による分類の観点から、納税者はPKOBによるグループ化の分野で法的保護の可能性を獲得し、したがって正しいVAT率を使用することができます。 PKOBの分野でWISを取得すると、納税者は特定の建物の分類に関する疑問を回避できるため、サービスおよび住宅用建物の正しいVAT率を決定できます。

サービスおよび住宅のVAT課税と契約の内容

サービスおよび住宅に関連する建設工事に8%のVAT率を適用するための重要な側面の1つは、当事者間で締結された契約の条項である可能性があります。

契約がサービス部分と住宅部分の作業範囲を明確に区別している場合、8%の税率での契約全体の課税が問われるリスクがあります。逆に、主に住宅を目的とした建物と接触した場合、その建設または改修について包括的な契約を締結するのが最も合理的です。サービス部品と住宅部品の作業範囲が分離されていないため、原則として、注文全体に対して優遇料金を使用できるようになります。これは、とりわけ、 2017年6月27日に国税情報局長が発行した個別の判決で。参照番号0114-kdip1-1.4012.116.2017.2。当局は特に次のことを発見しました。
「正しい税率の適用は、建設工事契約の規定にも依存します。契約の対象が住宅(PKOB 11)全体の建設工事である場合、支払われるべき率は8%になります。ただし、建設工事が建物の個々の部分、つまり住宅地と個別の非住宅地に関係することが契約で示されている場合、住宅地で提供されるサービスと非住宅地で提供されるサービスには8%の税率が適用されます。 -住宅部分-23%の税率」。 紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!
事実を提示する際に、申請者は、契約において住宅およびサービス部品の建設段階をそれぞれ区別することなく、サービスおよび住宅用建物の建設に関する包括的契約を締結したことを示した。そのような分離の欠如は、8%のVAT率のみの適用について税務署の承認を得ることが可能になりました。当局は、同じ解釈で、これらの考慮事項を次のように要約しました。
「上記の法的規定を本件に移管する場合、申請の対象は、グループ11のPKOBに分類される建物全体の建設からなるサービスであるため、8の減税率を記載する必要があります。 %はこのアクティビティに適用されます。さらに、サービスが提供される申請者と投資家は、アクティブなVAT納税者です。したがって、住宅およびサービスビルの建設からなる、申請書に提示されたサービスについては、アートに従って、8%のVAT率を適用する必要があります。 41秒アートに関連して2と12。付加価値税法の146aポイント2。したがって、申請者の立場は正しいと見なされるべきである」。