会社で使用される乗用車の販売に対する課税

サービス税

アクティビティで車両を使用する方法はたくさんあります。そのうちの1つは、自動車を会社の固定資産に適合させることです。多くの疑問は、会社の固定資産を構成する車両の販売によって提起されます。そこでは、それが混合された方法で使用され、起業家は50%のVAT控除を受ける権利がありました。事業で使用される乗用車の販売に対する課税がどのように見えるかを確認してください!

ビジネスで使用される自家用車

事業活動を目的とした自家用乗用車の使用に関連する費用は、税控除の対象となる費用として分類することができます。しかし、立法者は、この場合の費用制限は、管轄大臣によって発行された別の規則で指定された、車両の実際の走行距離のキロメートル数と1kmの速度の乗算から生じる金額であることに注意しました。

重要!

車両の種類とその容量に応じて、§2.1に記載されているさまざまな料金が適用されます。事業目的で雇用主が所有していない乗用車、バイク、モペットを使用する費用を決定し、返済するための条件に関する2002年3月25日のインフラ大臣の規則。

2017年には、次の値が採用されています:

  • 乗用車の1kmの走行距離の料金:
    • 最大900cm3のエンジン容量-PLN0.5214、
    • 900cm3以上のエンジン容量-PLN0.8358、
  • オートバイの1kmの車両走行距離の料金-PLN0.2302、
  • 原付の1kmの車両走行距離の料金-PLN0.1382。

車の実際の走行距離を決定するために、納税者は車両の走行距離の記録を保持する義務があります。キロメートル。

会社の固定資産としての自動車

起業家は会社の資産に譲渡するか、会社のニーズに合わせて車を購入することができます。これは固定資産を構成します。
資産を分類するときは、固定資産の法定定義を満たしているかどうかを確認する必要があります。

  • 納税者が所有または共同所有している、
  • 独自に購入または製造された、
  • 完全であり、使用が承認された日に使用するのに適しています
  • 1年以上の期待耐用年数
  • ビジネス目的で使用されるか、レンタル、リース、またはリース契約に基づいて使用されます。

このような状況では、会社の固定資産を構成する車両の価値が減価償却費に含まれ、資産自体が固定資産台帳に表示されます。

乗用車の販売に対する課税

自家用車の販売

事業で使用され、走行距離ベースで会計処理される自家用車の販売による収益は、事業収益ではありません。この立場の確認は、2015年6月2日にウッチの税務署長によって発行された参照番号IPTPB1 / 4511-116 / 15-4 / SJの個別の判決に記載されています。

「(...)したがって、申請書に記載されている将来の出来事を参照すると、申請者が事業活動の目的で使用した乗用車は、固定資産の登録簿に含まれていなかったため、無形資産、支払いに対する売却は、非農業経済活動からの収入を生み出します(個人所得税法の第10条(1)(3))。問題の乗用車の販売は、アートで定義されているように、支払いに対する他のものの販売からの収入源として分類されるべきです。 10秒1ポイント8点灯。 d)言及された行為の。(...) "

例1。

起業家は自分のビジネスで自家用車を使用し、マイレージに基づいてビジネスの一部としての使用に関連する費用を決済しました。トレーダーは新しい車を購入し、古い車を売りました。納税者の側では、事業で使用された自家用車の販売に関連して、車両の販売は事業の一部として課税されるべきかどうかという疑問が生じました。

いいえ、事業の一環として使用され、PIT目的で走行距離引当金に基づいて決済された自家用車の販売は、事業の一環としての報告および課税を必要としません。

重要!
購入日から6ヶ月以内に私有財産を売却すると、私的収入が生まれることを忘れてはなりません。

車は固定資産台帳に入力されます

当社の事業の固定資産である自動車を販売する場合、販売者がアクティブなVAT納税者である場合は、所得税とVATの決済を考慮する必要があります。

会社の固定資産である自動車を販売する場合、税法では所得税の免税は規定されていません。所得は絶対に課税されます。ただし、自動車が完全に減価償却されたかどうかは非常に重要です。車が完全に減価償却されていない場合、車の価値の減価償却されていない部分は税務上控除されます。

アート24秒PDOF法の2ポイント1:

事業目的で使用される資産の処分による収入(...)は、対価のための資産の処分による収入(...)であり、その他の場合、収入または損失は、対価のための処分による収入の差です。と:
1)第2項の対象となる固定資産および無形資産の記録に示される初期値は、第1条に記載の減価償却費の合計によって増加します。パラグラフ1の22時間。これらの資金と(...)の価値から作られた1ポイント1

売却がVAT納税者によって行われ、売却された資産が実施された課税活動に関連している場合、売却はVAT請求書で文書化する必要があります。新車の販売には23%の税金がかかります。

例2。

Janusz氏は事業を営んでおり、アクティブなVAT納税者であり、会社の固定資産である車両を販売しました。 Janusz氏の側では、そのような販売を実施された活動の一部として示すべきかどうかという質問がありました。

会社の固定資産の売却は、所得税とVATの両方に基づいて、事業活動の一部として表示および課税される必要があります。会社の固定資産である車両の販売には、23%の付加価値税が課せられます。

重要!

業種や社用車販売時の付加価値税の控除方法によっては、控除された付加価値税の修正が必要になる場合があります。詳細については、記事をご覧ください。車を販売するときは、VAT補正システムを使用する必要があります。

オンライン会計システムの固定資産である自動車の販売-wFirma.pl

システムでの固定資産の売却を文書化した請求書は、[レコード]»[資産]»[固定資産ファイル]タブで作成されます。ここで、売却する固定資産を選択し、トップメニューから[売却]を選択する必要があります。

生成されたウィンドウで必要なデータを入力します。

固定資産の売却時には、減価償却されていない部分が税金費用になります。固定資産の減価償却されていない部分が自動的に計算され、請求書発行日に原価に転記されます。