海外からの相続に対する課税および相続と寄付に関する法律

サービス税

相続の取得は、ポーランドの相続および寄付税の対象となる活動です。ただし、海外からの相続の場合は、不動産の所在国にも税金がかかる可能性があります。したがって、相続の取得に対するそのような外国税は、ポーランドの納税義務の下で解決できるかどうかという疑問が生じます。海外からの相続税にお答えします!

相続税による課税範囲

最初に、ポーランド国外にある相続の取得が相続税と寄付税の対象となるかどうかという質問に答える必要があります。この点で、アートの内容を参照する必要があります。相続および寄付税に関する法律の2。これは、相続を開始した時点で購入者がポーランド市民であったか、ポーランド共和国の領土。

ご覧のとおり、ポーランドの市民権またはポーランド共和国の領土での永住権は、課税の問題にとって非常に重要です。これらの条件の少なくとも1つが満たされた場合、外国の相続の取得は、相続と寄付に対するポーランドの税の対象となります。

この時点で、不動産が所在する国でも相続の取得に課税することが可能であることに注意する必要があります。納税者は、二重課税の回避に関してポーランドが締結した協定は、所得税(PITおよびCIT)のみに関係し、固定資産税は対象外であることを覚えておく必要があります。相続税と寄付税。

上記は、2017年7月18日の判決で最高行政裁判所によって確認されました。IIFSK1682/ 15:

「1つ目は、国会議員が本籍の原則を主要なものとして採用していることです。これによれば、海外で財産や財産権を取得する場合でも、ポーランドに居住する人に課税義務が課せられます。 2番目の原則は市民権の原則であり、取得者であるポーランド市民は、たとえポーランド共和国の領土外に永久にいる場合でも、課税義務が課せられます。同様に、二重課税の回避に関する合意には原則として相続税またはそれに相当するものが含まれていないという事実を考慮すると、この買収はポーランド共和国の領土および海外の両方で二重課税の対象となります。」 。

ポーランドは、オーストリア、チェコ共和国、ハンガリーとのみ、相続の取得の一環として二重課税の回避に関する協定に署名していることに注意する必要があります。これらの協定は第二次世界大戦前に締結されました。 ポーランド共和国外での相続の取得は、相続が行われている国とポーランドの両方で二重課税の対象となる可能性があります。

海外からの相続の課税-ポーランドの責任から外国税を差し引く可能性

前述の二重課税が発生する状況では、海外で支払われる税金によってポーランドの税金を削減する可能性について疑問が生じます。

アートによると。 7秒SD法第1条では、課税基準は、債務と負担を差し引いた後の取得した商品と財産権の価値(純粋な価値)であり、購入日の状況と財産権および市場価格に基づいて決定されます。納税義務の日付。税務査定が行われる前に不可抗力により物的損失が生じた場合は、査定日の状況を考慮して価値を決定し、保険に基づく損失の補償が基礎に含まれます。評価の。

外国税は相続の負担ですか?この質問に答えるには、アートを参照する必要があります。 7秒SD法の3。この規定は、債務と負担には、遺言者の最後の病気の間の治療とケアの費用も含まれると述べています。遺言者の生涯と財産の間にカバーされなかった場合、これらの費用が対応する範囲で、遺言者の葬儀の費用(墓石を含む)特定のコミュニティで採用された慣習に対して、遺言人の財産、葬儀手当、またはその他の方法で払い戻されていない場合、相続手続きの費用、遺言執行者の報酬、遺言執行者の報酬、およびに含まれるエントリと注文を実行する義務遺言、留保部分の支払い、および相続に関する民法の規定に起因するその他の義務。

残念ながら、上記の問題は法学において一律に考慮されていません。一部の税務当局は、相続の負担はポーランドの法律に起因する費用のみである可能性があると考えています。したがって、「相続に関する民法の規定から生じるその他の義務」の概念には、外国の納税義務は含まれていません。

相続手続の費用は、民事訴訟における訴訟費用に関する法律で指定されている費用であり、次のものが含まれます。

  1. 相続取得の確認;
  2. 継承を確保する。
  3. 在庫を作成する。
  4. 継承の承認または拒否の宣言を収集します。

行政裁判所の判決の分析は、行政裁判所が納税者に対する税務当局の否定的な立場を確認しているように見えることを示しています。たとえば、2015年5月7日の判決におけるシュチェチンの地方行政裁判所、I SA / Sz 284/15は、次のように述べています。

「相続の取得による相続人の納税義務は、当技術分野で言及されている相続税および寄付税による課税基準の決定に影響を与えない可能性があります。 7秒1および3u.p.s.d.外国に居住する遺言人から、そこに所在する相続財産と相続権を直接取得し、P。の境界外、例えばN.に負担をかけない納税義務がある場合相続が開かれた後に作成されたため、相続は彼の人だけに関係します。

したがって、アート違反の申し立てに関する申立人の主張。 7秒1-3 u.p.s.d.誤った解釈と、海外での税務サービスの費用および相続の負担として支払われた外国税を考慮に入れていないことを表明する。ただし、相続人は開業後に生じた相続の債務ではないため、これらの義務は申立人に適用されます。

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

一方で、納税者に有利な立場を示す解釈もあります。たとえば、2011年8月26日のビドゴシュチュの税務署長の書簡、No。ITPB2/ 436-92 / 11 / TJで、当局は次のように述べています。

「芸術の構築。 7秒相続・寄付税法第1条は、いずれの場合も、相続・寄付税の課税基準は課税対象の純粋な価値であることを示しています。この記事のその後の規定は、相続人が負担した、または支払う義務があるような債務を負担および債務に含める可能性を確認するだけです。ただし、行われた計算は閉じられておらず、たとえば他の国で支払われた相続税を考慮に入れるなど、控除の可能性を大幅に制限するものではありません。

したがって、上記に従い、オランダで施行されている規則に従って申請者が支払った税金、および相続財産の取得に関連して発生するその他の義務的な料金は、取得した相続財産の負担となります。これは、ポーランドの相続税と寄付税の課税基準を決定する際に考慮に入れる必要があります。 ポーランドの相続税を外国税で減税する可能性の問題は、多くの論争を引き起こしている。一方で、相続の取得に関連して海外で支払われる税金は、芸術の意味における債務または負担ではないことが示されています。 7秒SD法の3。この税金は大陸法によるものではなく、相続を取得するために支払う必要はありません。一方で、納税者にポーランドの確定申告で外国税を決済する権利を与える解釈もあります。 これまでの考察を要約すると、相続税の下で外国税を相続の負担として認識する可能性に関する税法の解釈は、依然として州当局によって一律に考慮されていないことを強調する必要があります。これらの状況では、最善の解決策は、特定の場合に個別の解釈を申請することであるように思われます。