現金ボーナスの課税-それはどのように見えますか?

サービス税

起業家と消費者の両方が、さまざまな種類の製品を非常に幅広く選択しています。競争力を高めるために、多くのベンダーは、契約条件を満たすときに支払われる現金ボーナスを請負業者に与えることを選択します。現金ボーナスの課税は必須ですか?請負業者から受け取った追加の現金をどのように文書化する必要がありますか?

「現金ボーナス」という用語はどのように理解されるべきですか?

税法は、現金ボーナスが何であるかを規制していません。したがって、この用語の意味を判断するには、辞書の定義と税務当局および行政裁判所の判例法を参照する必要があります。 「ポーランド語辞典」PWNによると、現金ボーナスは「何かに対する報酬、何かをしたことに対する追加の報酬」です。

現金ボーナスの課税-文書化する方法は?

購入会社が商品を販売する会社から受け取った金銭的ボーナス。その後、購入会社は商品の再販に従事します。高い売上高または適時の負債の支払いの場合、通常、税務当局は追加サービス(請負業者間で締結された契約で指定された特別な種類の活動)の報酬として扱われ、請求書に基づいて文書化する必要があります。
アート8秒VAT法の1:
アートで言及されているサービスを提供することによって。 5秒1ポイント1は、自然人、法人、または法的な人格のない組織単位に提供されるサービスとして理解され、芸術の意味での商品の供給を構成するものではありません。 7、含む:
1)法的取引が行われた形式に関係なく、無形資産に対する権利の譲渡。
2)行動の実行を差し控える、または行動や状況を容認する義務。
3)公的機関またはその代理として行動する団体の命令、または法律から生じる命令に従ったサービスの提供。

現在の慣行によれば、現金ボーナスが特定の配達に関連し、売り手のための追加の活動を伴わない場合、それは割引として扱われるべきです、すなわち、与えられた製品の合意された価格のパーセンテージまたは金額としてマークされた割引。請求書が発行される前に割引が付与される場合は、販売を文書化した請求書に含める必要があります。後で割引が認められた場合、起業家は割引を考慮して修正請求書を発行する義務があります。

現金ボーナスに関連する税の解釈は明白ではありません-このタイプの収入はVATの対象ではないという立場をとる税務当局のさまざまな法学と会うこともできます。

受け取った現金ボーナスがサービスの値下げなのか報酬なのか、付加価値税で課税すべきかどうかの判断に問題がある場合、最も安全な解決策は、個別の税の解釈を申請することです。このおかげで、キャッシュボーナスの会計と文書化の方法が正しいことを確信できます。

現金ボーナス-個別の解釈

  • 2009年2月16日のワルシャワの税務署長の税務判決、IPPP3-443-178 / 08-4 / MPe

この解釈は、自動車の販売代理店である会社、および自動車のスペアパーツとアクセサリーに適用されます。商品は、ゼネコンである一般輸入業者との間で締結された正規の流通契約に基づいて会社に配送されます。ディストリビューターボーナス規則に従い、会社は、一定期間の販売目標(車両用の特定の数の車両の販売、またはスペアパーツ、アクセサリー、メンテナンスサービスの特定の売上高)を達成するために、請負業者から現金ボーナスを取得する場合があります。 。提示されたイベントによると、カウンターパーティによって設定されたボーナス目標は、会社がボーナス目標とその種類を達成するために何らかの行動を取るという事実とは完全に独立しています。会社は、何の行動も起こさずに現金ボーナスを受け取る可能性があると述べています-その受け取りは、会社の制御が及ばない客観的な基準の達成に大きく依存します(たとえば、会社の手の届く範囲内の請負業者の製品の潜在的な購入者の数と富) )。

申請者、すなわち会社の立場によれば、VAT納税者としての会社の活動とは関係なく、定期的な販売目標の達成に対して彼が受け取るボーナスは、美術。 29秒VAT法の1。

ワルシャワの税務署長は、申請者の立場が間違っていることを発見し、次のように述べています。

申請者の立場の説明は、販売業者にボーナスを与える規則には、スペアパーツ、アクセサリー、およびディストリビューターが販売を行う地域でのメンテナンスサービス。したがって、支払われる保険料は、特定の配達または特定の商品とは関係ありません。支払われる満足度は特定の行動に依存します。つまり、申請者とサプライヤーの間には義務関係があり(カウンターパフォーマンスがあります)、ボーナスを受け取る当事者によるサービスの提供として扱われる必要があります。申請者は特定の種類のサービスをサプライヤーに提供し、サプライヤーはその費用を支払う義務があります。したがって、このような既存の関係では、ボーナスは給与です。したがって、当局は、ボーナスの支払いは会社とは独立した客観的基準の履行に依存するという申請者の見解に同意することはできません。”.

紐を付けずに30日間の無料試用期間を開始してください!

  • 2018年2月12日の国税情報局長の個別の決定、ファイル参照。 0114-KDIP4.4012.33.2018.1.MP

この解釈は、特に冷凍ベーカリー製品の生産の分野で事業を営む起業家に適用され、直接の受取人に販売します。次に、直接の受信者は、申請者から購入した製品を間接の受信者に販売します。

申請者は、直接の受取人を無視して、間接の受取人に現金ボーナスを支払います。現金ボーナス(アフターセールスリベート)の支払いは、間接の受信者が特定の請求期間内に(直接の受信者を介して)申請者の製品の特定のレベルの購入に到達するかどうかによって異なります。購入費用を削減する現金保険料の金額は、申請者から直接間接受領者に支払われます。

したがって、申請者は、間接受領者に支払った現金ボーナスが割引を構成するかどうかを尋ねました。割引を付与すると、申請者はVAT課税ベースと直接受領者への販売にかかる税金を減らすことができます。

記載されている場合、間接受領者が購入した製品の価格の一部を申請者から直接返金した場合、これらの受領者はこれらの商品の価格が実際に引き下げられます。この状況では、売却にかかる税額を減額する権利を有する事業体は、間接受領者から全額を受け取る直接受領者ではなく、最終的に割引価格で販売する申請者、すなわち、割引。したがって、申請者は課税ベースが減額されます。
したがって、申請者は課税基準とVATを修正する権利を使用することができます。本件の状況では、付与された間接的なリベートは割引になります。これは、アートで言及されている割引(リベート)です。 29a段落。法の10”.

[...]

サプライチェーンの開始時に納税者が最終受領者にリベートを付与した場合、間接取引のエンティティまたはこれらのエンティティではなく、これらのエンティティは修正請求書を発行または受け入れることができません。価格は変わりません。また、最初のベンダーとこの荷受人の間に配達がなかったため、最初のベンダーがその荷受人に請求書を発行しなかったため、最終荷受人への請求書を修正することもできません。
国内規則は、リベートを付与する納税者がリベートを文書化するための基礎となる文書を指定していません。請求書の訂正はこの文書ではありませんが、たとえば、会計(クレジット)ノートにできないことを示すものではありません。結果として、発行されたメモは、法規制に照らして、割引を文書化することを可能にする書面の文書になります”.

要約すると、引用された解釈に基づいて見られるように、現金ボーナスの課税は必ずしも簡単に決定できるとは限りません。ほとんどの場合、サプライヤーから受け取った現金プレミアムは、追加サービスの報酬として扱われ、付加価値税で課税されますが、疑わしい場合は、各起業家が個別の税の解釈を申請できることを覚えておく価値があります。